ナスカの地上絵、一挙168点確認 山形大学の研究で見えてきた目的

2022/12/8

南米ペルー・ナスカの地上絵を研究している山形大学は8日、人や動物をかたどった168点の地上絵を新たに発見したと発表した。坂井正人教授(文化人類学)らの研究グループが、2019年6月~20年2月の現地調査などで確認した。東西2... [続きを読む]

ランキング

2月6日12時3分更新

新着

チャンネル