2006年04月01日11時16分のアサヒ・コム
検索使い方
キーワード入力

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > ドイツ年特集 > 誘われてW杯のトップ

第4回 ハンブルク 「スシ・ボンバー」高原人気

2005年10月19日

写真

ハンブルク港の遊覧船から。造船所や魚市場がホテルやロフトにリニューアルされつつある

写真

ハンブルクの顔。市庁舎。ネオ・ルネッサンス様式の建物で19世紀末に完成。部屋数が647室あるという

写真

勝利後、サポーターのエールを受けるハンブルガーの選手たち

写真

ハンブルク港のそばの高台にある聖ミヒャエル教会から市内を遠望。左奧に見えるのがアルスター湖

◆「SUSHI−BOMBER」タカハラ人気でJAPAN大歓迎

 ブンデス・リーガで現在、唯一、活躍している日本人選手はハンブルガーSVの高原直泰選手。ホーム・スタジアム「AOLシュタディオン」でも、レーパーバーンにあるスポーツ・バーでも、日本人と見れば、ハンブルガーのサポーターたちが「タカハラ!」とか「スシ・ボンバー」と気軽に声をかけてくる。高原選手がゴールを挙げた試合のあと、何人ものサポーターたちからビールを何杯もごちそうになった。

 「タカハラは器用じゃないけどね。一生懸命、ゴールに向かって走っているから大好きだよ」と、高原選手はハンブルガー・サポから愛されている。ジーコ・ジャパンをいちばん熱心にサポートしてくれるドイツのサッカー・ファンがハンブルガーたちであるのは間違いないだろう。

 ヨーロッパ最大の歓楽街レーパーバーンは外国人旅行者にはちょっと危なっかしい街だが、日本サポのブルーのユニホームにハンブルガーのタオルを首に巻いていれば、まあ安全かな。

◆水の町ハンブルクは船で

 ハンブルクは人口170万人。ベルリンに次ぐドイツ第二の大都市である。

 北海に注ぎ出すエルベ川の河口から100kmほど上流に発達した港湾都市で、荷物扱い量はロッテルダムに次いでヨーロッパで2番目。フィッシュ・マーケットのそばの船着き場から港巡りの観光船が出ており、ウォーター・フロントの再開発地帯を案内してくれる。昔の造船所がアート・フォーラムやホテルに改造されていたり、10万トンを超える巨大コンテナ船が何十隻と出入りしたりする風景はハンブルクならでは。

 ハンブルクに日曜日に滞在しているなら、午前中にフィッシュ・マーケットに出かけてみよう。旧魚市場ではコンサートが行われ、港沿いの広場には、食品、植木、骨董品、立ち食い屋台などのフリーマーケットが立つ。

◆アルスター湖沿いでアイスクリーム

 ドイツ人が一度は住んでみたい都市はハンブルクだそうだ。港町ならではの自由で開放的な雰囲気が「ハンザ同盟」時代からの自由自治都市の伝統として残っている。英語を話すドイツ人がもっとも多いのもハンブルク。

 ハンブルクの旧市街側アルスター湖を遊覧船や通船で一巡りするのも楽しい。アルスター湖の畔には、ドイツだけでなく、ヨーロッパ中からやって来たお金持ちの邸宅やビラが建ち並んでいる。アルスター・パークの向かい側、通船の終点にあるイタリア人姉弟がやっているケーキ屋さんのアイスクリームが絶品だった。

◆ハンブルクへのアクセス

フランクフルトから空路1時間、ミュンヘンから空路1時間15分。

フランクフルトからICEで3時間35分、ベルリンから2時間10分、ハノーバーから1時間10分。    

◆スタジアムへのアクセス

ハンブルク中央駅から市電S3番か21番でステリンゲン駅下車。

◆ハンブルクでの開催試合 5試合

6月10日 Match5:C1−C2

6月15日 Match18:A4−A2

6月19日 Match32:H4−H2

6月22日 Match41:E4−E1

6月30日 Match58:準々決勝C 5−7


プロフィールプロフィール

プロフィール

石川保昌(いしかわ・やすまさ)

筆者・石川保昌さんの顔写真

 サッカーファンには、asahi.com「スポバカ」 の連載でおなじみ。フリー・ジャーナリスト。1953年愛媛県生まれ。早大卒。ゼネコン駐在員として北アフリカに勤務後、フリーランスの編集ライター業に。専門は現代史とスポーツ。五輪、W杯、MLBなどの取材で培った独自のネットワークを駆使して、「スポーツと社会」をテーマに健筆をふるっている。編著書『W杯放浪−ボーダーレスフランス戦記』(白水社)『従軍カメラマンの戦争』(新潮社)『現代殺人事件史』(河出書房新社)など。

この記事の関連情報

ここからドイツ年主要イベント一覧ですドイツ年主要イベント
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.