メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

2018ワールドカップグループG 試合日程

グループG 組み合わせ・展望

欧州の2チームが有力だ。アザールなど前回8強入りした主力が残るベルギーが軸。欧州予選も9勝1分けと圧倒した。前回1次リーグで敗退したイングランドは復活なるか。ストライカー、ケインら新戦力が育ってきている。チュニジアは海外組の活躍が鍵を握る。情報の少ないパナマは不気味な存在だ。

  • 出場回数:ドイツは旧西ドイツ、ロシアは旧ソ連、セルビアは旧ユーゴスラビア時代などを含む

グループG順位表

順位 チーム 試合 得失 勝点
1 ベルギー ベルギー 3 3 0 0 7 9
2 イングランド イングランド 3 2 0 1 5 6
3 チュニジア チュニジア 3 1 0 2 -3 3
4 パナマ パナマ 3 0 0 3 -9 0

グループG試合日程

日時 対戦カード 会場

6月18日(18:00)

6月18日(24:00)

ベルギーベルギー

パナマパナマ

ソチ

6月18日(21:00)

6月18日(27:00)

チュニジアチュニジア

イングランドイングランド

ボルゴグラード

6月23日(15:00)

6月23日(21:00)

ベルギーベルギー

チュニジアチュニジア

モスクワ

6月24日(15:00)

6月24日(21:00)

イングランドイングランド

パナマパナマ

ニジニーノブゴロド

6月28日(21:00)

6月28日(27:00)

パナマパナマ

チュニジアチュニジア

サランスク

6月28日(20:00)

6月28日(27:00)

イングランドイングランド

ベルギーベルギー

カリーニングラード
  • 日本との時差:カリーニングラードは-7、サマラは-5、エカテリンブルクは-4、それ以外は-6時間

朝日フットボールプレス

朝日新聞サッカー担当twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ