&Travel

海の見える駅 徒歩0分の絶景
連載をフォローする

初日の出が木造駅舎に映える 神奈川県・根府川駅

普段はひっそりとしているのに、元旦の早朝になると、ひときわにぎわう駅がある。神奈川県小田原市にある、根府川(ねぶかわ)駅。相模湾を望む高台のホームで、一様に海を向いて並ぶ人々が待ち望んでいるのは、初日の出だ。

連載「海の見える駅 徒歩0分の絶景」は、アマチュア写真家の村松拓さんが、海のそばにある駅で撮った写真を紹介しながら、そこで出会ったこと、感じたことをつづります。

東海道線で数少ない無人駅

根府川駅は、小田原駅の二つとなりにある、JR東海道線の駅。東京からでも普通列車で1時間30分ほどの距離にあり、列車も1時間に上下合わせて5~8本はとまる。数字だけ並べると、東京近郊の普通の駅に思えるが、実は、旅情を感じさせる要素が多分にある駅だ。

まずは、ホームが標高約45メートルの崖上にあるという立地。フェンス越しに、相模湾の大パノラマが広がる。海は東側にあるため、日の出を見るにはもってこいの場所だ。

初日の出が木造駅舎に映える 神奈川県・根府川駅
ホームからの眺望は、東海道線でも屈指(2012年4月撮影)

さらに、1924(大正13)年に建てられた木造駅舎が、今も現役で残っている。瀟洒(しょうしゃ)なシルエットに加え、赤い屋根とパステルカラーの壁面が、海に負けない存在感を放つ。

初日の出が木造駅舎に映える 神奈川県・根府川駅
桜と、海と、木造駅舎(2012年4月撮影)

ちなみに、根府川駅の1日あたりの平均乗車人員は639人(2008年度)。神奈川県内の東海道線の駅ではダントツで少ない。東海道線では数少ない無人駅の一つであることも、非日常感を助長してくれるのだ。

NEXT PAGE木造駅舎と初日の出を求めて

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら