朝日新聞デジタル
広告特集 企画・制作 朝日新聞社メディアビジネス局
配給:東宝

映画『マスカレード・ホテル』公開記念 新春スペシャル対談

原作 東野圭吾 ✕ 主演 木村拓哉

向き合う視線と、それぞれの仮面。

俳優・木村拓哉。小説家・東野圭吾。
それぞれの分野で
トップを走り続ける2人が、
初めてタッグを組んだ。
東野原作の映画『マスカレード・ホテル』に
木村が主演。
ともに持てるものを出しきったという
映画への手応えと、
互いへのリスペクトを語り合った。

主人公のイメージは初めから木村さん

──まず、お互いに対する印象を聞かせてください。

東野 撮影現場にうかがった時と映画の打ち上げの席、そして今日とお会いするのは3度目ですが、じっくり話をするのは初めてです。もともと仕事に対してすごく真面目な方という印象を持っていましたが、こうしてお会いするようになって、その思いがさらに強くなっています。
木村 さっき写真撮影の合間に、今取り組んでおられる新作の話を聞いたんですが、この人の中から一体どれだけ出てくんだ、という驚きですよね(笑)。ひねり出そうとしなくても、語るべき物語やキャラクターが自然に湧き上がってくるのだろうという印象を持ちました。

──東野さんが『マスカレード・ホテル』を書いた時点で、主人公の新田浩介は木村さんのイメージだったそうですね。

東野 具体的な人を思い浮かべて書くことは普段あまりしませんが、今回は確かに木村さんが頭にありました。もしも木村さんがこんなことをしたら、こんなセリフを言ってくれたらかっこいいんじゃないか。大雑把にいえば、そんなイメージで新田という男を頭の中で動かしながら形にしていきました。
木村 自分がそれを聞いたのは打ち上げの時で、撮影中はひたすらプレッシャーと戦う日々でした。脚本にも東野さんが深くかかわり、決定稿になるまで制作サイドと相当やりとりをしたという話は耳に入っていたので。わが子の嫁ぎ先を見定めるような熱意で(笑)、取り組んでおられる原作者の目に自分がどう見えるのか。それを意識しないわけにはいきませんでしたから。
東野 たしか、お会いした時に「自分でいいんですか?」と聞かれたので、「いいんです、もともとこれは木村さんのイメージなんですから」という話をしたんですよね。
木村 そうですね。原作ファンから「この役はお前じゃない」と言われるようなことは俳優にとっては常ですが、これほど揺るぎない存在感の原作もなかなかないので、その重さはずっと感じていました。ただ、それだけどっしりした原作があったおかげで、これは覚悟を決めるしかないと思えたのも事実です。

──何度も脚本を直したのは、なるべく原作に忠実にということだったのですか。

東野 いえ、脚色するのはいいんです。小説にはなくても、映画映えのするシーンを加えるというならそれもいい。でも、この場面、この状況で新田ならこんなふうに言わないよ、こうするほうが彼らしいじゃないかと。そこは徹底してこだわらせてもらいました。
木村 人に嫌われたり、汚れ役を演じたりすることも多い刑事という仕事について、新田が「ゴミ掃除と同じで、誰かがやらなきゃきれいになんないんだよ」というセリフがありますが、個人的にすごく好きなシーンです。そのひと言で彼という人間が理解できたし、迷いなく演じることができたと思います。
東野 あれは映画の為に書いたセリフで、僕もかなり凝ったんです。いくらか脚本料をもらってもいいぐらいですよ(笑)。

真逆のようでいて実はよく似た2人

──木村さんにとっては初めての刑事役でありながら、ホテルに潜入捜査中なので普段は刑事に見えてはいけない。かなり戸惑う設定だったのではないですか。

木村 新田と山岸さん(長澤まさみ)がいつも立っているホテルのロビーは、どこでロケをしたのかといろんな人に聞かれましたが、実はすべてセットなんです。現場に立った瞬間、美術をはじめとするスタッフの覚悟と、それだけの環境を用意してくださった監督の覚悟をひしひしと感じました。目の前では同僚の刑事たちが行き交う人に目を光らせていて、すぐそばには凜としたホテルマンの山岸さんがいる。その空気の中では、迷いは全然なかったですね。刑事とホテルマンのどちらにも、自然と気持ちが入っていける現場でした。
東野 見た目はホテルマンだけど、刑事の目で鋭く周りの人を見ている。こんなにお客さんをにらむホテルマンはいないよという(笑)、そのイメージは絶対に欲しかったものなので、木村さんはうまく演じてくれたと思います。

──人間的にも職業的にも初めは水と油に思える新田と山岸が、徐々に互いを理解し合っていく過程が見どころのひとつですね。

木村 背中合わせというか、立ち位置は同じで見ている方向が真逆の2人、という気がしました。他人を疑うことが仕事の刑事と、信じることが前提のホテルマン。人と人との絆って、普通は互いに向き合うところから始まるものだと思うから、なかなか目線が合わないこの2人の関係は面白いなと。『マスカレード・ホテル』というタイトルのセクシーでミステリアスなイメージともリンクするし、原作を読んだ時、すごく納得したことを覚えています。
東野 どんな事件が起こるのか、なぜ潜入捜査をしなければならないか、彼女は彼にどう協力していくのか。それを一つひとつ考えていた時に、2人は本質的に同じことをしていると気付いたんです。まず目の前の人を観察する。そして「客」という仮面の下にある素顔を見抜く。見抜いたうえで、それを暴こうとするのが刑事、見逃してくれるのがホテルマン。最初から意図したわけではないですが、2人のプロフェッショナルを描いているうちに、むしろ一見真逆の2人の共通点が見えてきた。それは自分にとっても発見でした。
木村 なんか秘伝のタレのレシピを聞いてる気分なんですけど(笑)。東野さんの秘伝をこんなにだだ漏れさせて大丈夫ですか?(笑)。
東野 いいんです、他にもタレはありますから(笑)。

──では最後に、新しい年に向けた抱負を聞かせてください。

東野 ここ数年、自分にとって大きめの作品が1本と、それよりもう少し小ぶりなもの、というペースが続いていたので、今年はなんとか大作・力作レベルの作品を2本以上書きたい。そして『マスカレード』の新作についてもある程度構想をまとめるところまでいけたらと思います。
木村 世の中も自分自身もいつ何が起こるかわからないので、その時できることを精一杯やる。自分が求められる現場があるなら、そこに行って全力を尽くす。今年もそれだけですね。できることは他にないので。ペース配分とか、正直よくわからないんです(笑)。

Keigo Higashino

ひがしの・けいご/1958年、大阪府生まれ。85年第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。ガリレオシリーズや加賀恭一郎シリーズのほか、『マスカレード・ホテル』『マスカレード・イブ』『マスカレード・ナイト』のマスカレードシリーズなど著書多数。

Takuya Kimura

きむら・たくや/1972年11月13日生まれ。東京都出身。【近年の映画出演作】『武士の一分』(2006)、『HERO』(07)、『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』(09)、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(10)、『HERO』(15)、『無限の住人』(17)、『検察側の罪人』(18)

SHARE ON

facebookにシェア twitterにシェア

Story

都内で起こった3件の連続殺人。現場に残された不可解な数字を解読した警視庁捜査一課の新田浩介(木村拓哉)は、次の犯行場所がホテル・コルテシア東京であることを突き止める。警察はホテルへの潜入捜査を決定、新田もフロントクラークに扮するが、彼の教育係を務める山岸尚美(長澤まさみ)は「お客様の安全が第一優先」がポリシー。「犯人逮捕が第一優先」の新田とは、ことあるごとに衝突する。そんな中、事件は急展開を迎える。追い込まれていく警察とホテル。果たして、仮面(マスカレード)を被った犯人の正体とは……。

OFFICIAL WEB SITE マスカレード・ホテル