広告特集 企画・制作 朝日新聞社メディアビジネス局

いま知っておきたい
肺炎球菌ワクチン
ワクチンの接種って、
なぜ必要なんですか? Vol.1

ファイザー株式会社 取締役
執行役員 ワクチン部門長
藤本陽子
新型コロナウイルス感染症の拡大により、世界中の関心を集めている「ワクチン」。そもそもワクチンの働きとは何か。ワクチン接種の状況は国によってどう違うのか。そして、いまこそ考えておきたい「肺炎球菌」のワクチンとはどのようなものか。ファイザー株式会社 取締役 執行役員で医師の、藤本陽子さんに話を聞きました。

ワクチンは、敵との戦い方を覚えるための“練習試合”

──そもそも、なぜワクチンを接種する必要があるのか教えてください。

人の体には元々、ウイルスや細菌によって感染症にかかると、その病原体に対する抵抗力がつく仕組みが備わっています。病原体との戦い方を体が覚えることで、次に病原体に出合った時に戦える、すなわち、その感染症にかかりにくくなったり重症化しにくくなったりするのです。これが「免疫」の仕組みです。

この働きを利用したのが「ワクチン」です。ワクチンには、病原体の毒性を弱めたもの、不活化したもの、病原体の一部のタンパク質や、そのタンパク質の設計図を用いたものなど、いくつかの種類があります。これらのワクチンを接種することで、病原体との戦い方を体に覚えさせることができる、いわば、本当の病原体が侵入してきた時のための“練習試合”のようなものです。

例えば、いま猛威をふるっている新型コロナウイルスは、人類にとっておそらく初めての病原体です。この初めての病原体との戦い方を体に覚えさせて免疫をつけるために、ワクチンが必要とされています。

ワクチンは、接種した人自身の発症や重症化を予防し「個人を守る」ことはもちろん、周囲への感染を防ぎ流行を抑える、つまり「社会を守る」ことにもつながってきます。

──ワクチンで予防できる感染症には、どんなものがありますか。

成人では、インフルエンザや風疹など、乳幼児では、麻しんやおたふくかぜ、水ぼうそうなど、さらに、乳幼児も成人も予防できるものとして、肺炎球菌があります。

乳幼児の体は、外界にどんなウイルスや細菌がいるか知らないので、ワクチンによって免疫をつけて病原体から体を守ることが大切です。ジフテリアや破傷風といった疾患は、現代の日本ではほとんど馴染みがありませんが、ワクチンがその病原体から体をしっかり守り感染を防いでくれているから、というのがその理由になります。

日本と欧米、ワクチン接種の大きな違い

──ワクチン接種の捉え方や制度は、国・地域によって異なるのでしょうか。

10年ほど前まで、日本では深刻な「ワクチンギャップ」が指摘されてきました。つまり、諸外国で普及しているワクチンが日本では承認されていない、あるいは、諸外国では無料で接種できるワクチンが日本では有料になってしまうことがありました。

小児用肺炎球菌ワクチンは欧米に遅れること約10年、ヒブワクチンは約15年遅れて、日本で定期接種が始まりました。多くの専門家や行政の方々が根気強く取り組み、最近は利用できるワクチンは増えましたが、この間に、ワクチンを接種していれば防げた可能性のある感染症で亡くなった子どもたちがいたのです。このことを忘れず、日本は今後も真剣にワクチン接種の推進に取り組むべきだと考えます。

皆さんが抱えるワクチンに対する不安に寄り添いながら、ワクチンを適切に理解し接種をしていただくために、私たちファイザーは、副反応を含めた正確な情報を収集し提供することに注力していきたいと思います。

──ワクチンは乳幼児が対象のものが多く、成人にはあまり関係ないのでは?

ワクチンは乳幼児のものというイメージを持たれがちですが、ワクチンは大きな転換点を迎えています。いま世界では、Life Course Immunization(生涯を通じた予防接種)という言葉が叫ばれています。これは、小児だけではなく、思春期・青年期、子育て世代から高齢者まで、生涯を通じてワクチンの接種で感染症を予防していくというものです。ワクチンは、乳幼児期に接種して終わりではなく、生涯にわたって免疫を支えてくれるパートナーという位置付けになりつつあるのです。

なかでも気をつけていただきたいのが「高齢者」です。年齢を重ねると、免疫機能は低下します。健康と思っていても、感染症にかかりやすくなり、重症化のリスクも高くなります。そのため、いくつかの感染症については、年齢を重ねた後に、改めてワクチン接種をすることで病原体との戦い方を思い出させ、免疫を強化しておくことが大切になります。

また、年齢にかかわらず「基礎疾患」をお持ちの方も注意が必要です。疾患自体や治療により免疫機能が低下していることが多く、高齢者と同様に、感染症にかかりやすく重症化のリスクも高まるからです。かかりつけのお医者さんに、ワクチンについてぜひ一度ご相談いただければと思います。

肺炎球菌ワクチンで、肺炎リスクの軽減を

── いま感染リスクが指摘されている「肺炎球菌」とは、どのような細菌ですか。

肺炎球菌は、鼻の中や喉の奥につきやすい細菌で、健康な人にも棲みついているものです。通常であれば免疫が働くので感染症を引き起こすことはありませんが、体が弱っていたり何らかの理由で免疫機能が低下していたりすると、肺炎や菌血症、髄膜炎などを発症することがあります。つまり、どんな方でも罹患するリスクがあるといえます。

肺炎球菌による感染症の中でも、特に怖いのが「肺炎」です。肺炎は日本人の死因の上位にくる疾患であり、肺炎の原因菌はこの肺炎球菌が最も多いといわれています。これからの季節、インフルエンザが肺炎球菌による肺炎の発症の引き金になることも少なくありません。65歳以上の高齢者は特に注意が必要ですし、64歳以下の方でも基礎疾患のある方は、肺炎の罹患リスクが高まりますので十分に警戒していただきたいと思います。

──ファイザーは「肺炎球菌ワクチン」の啓発に熱心に取り組まれていますね。

肺炎球菌ワクチンはいま、ほぼ100%の乳幼児に接種されており、乳幼児の肺炎球菌による侵襲性感染症はかなり予防できるようになりました。

一方で注意していただきたいのは、感染すると重症化するリスクのある「基礎疾患をお持ちの方」と「高齢者」です。こういった方々の接種率は、低いのが実情です。リスクのある方の場合は特に、「インフルエンザ」に加えて「肺炎球菌」のワクチンによる感染症予防も考えていただければと思います。もちろん、マスクや手洗いといった予防も並行して行っていただくことが重要ですね。

ワクチンで守れたはずの健康や生命、日々の幸せな生活が、接種をしなかったゆえに損なわれてしまうとしたら、それは本当に残念なことです。そうならないよう、私たちは信頼して接種していただけるワクチンを供給するとともに、肺炎球菌ワクチンを皆様に知っていただくための活動に、これからも取り組んでいきたいと思っています。

ワクチンのリーディング企業としての使命感を胸に

── ワクチンの開発や提供に関して、ファイザーが実績をあげてきた要因は何でしょうか。

1849年にアメリカで創立されたファイザーは、いま「患者さんの生活を大きく変えるブレークスルーを生みだす」という企業目的を果たすべく、革新的な医療用医薬品やワクチンの研究・開発・製造・販売に取り組んでいます。

ワクチン開発の歴史は長く、ニューヨーク州パールリバーにある広大な施設には、世界中から一流の研究者が集いワクチンの研究を行っています。研究や開発製造、臨床試験に至るまで、長年ここで培われてきたワクチンの技術は、我々ファイザーの揺るぎない基盤となっています。また、最先端のサイエンスを有する世界中のパートナーとの連携も大きな強みです。

ファイザーの社員は、最先端のワクチンの研究と提供は自分たちの手にかかっているのだという強い使命感を持って仕事に取り組んでいます。これがワクチン研究・開発・製造・販売といった一連の活動の原動力になっています。ワクチンを世界に供給しなければという責任感を胸に、社員が献身的な努力を重ねています。

──ワクチンの開発や提供には、国や企業を超えた協力が不可欠なんですね。

より優れたワクチンを作って地球上の人々を感染症の脅威から守る、という目的に照らせば、国際的なパートナーシップは欠かせません。世界中の最先端の知見を結集しなければ優れたワクチンは作れません。ワクチンの製造についても、原材料の調達など10カ国以上の国々が協力して1種類のワクチンを製造していることもあります。数万人規模の臨床試験を迅速に行うためにも、国際的な協力は必須です。

さらに、ワクチンがその効果を本当に発揮するには、優れたワクチンを開発して供給するだけでは不十分です。ワクチンが必要な方に、高い品質が守られたワクチンが届き、適切に接種していただいて初めてワクチンの価値が発揮されます。そのために正確で透明性のある情報が行き届くことも大切です。これを実現するために、国や企業の垣根を超えた幅広い方々との連携・チームワークも大きな力となっています。

── 今後のビジョンをお聞かせください。

2023年、ファイザー日本法人は創業70周年を迎えます。今後も、少しでも多くの疾患から人々を守れるよう、新たなワクチン開発に積極的に取り組んでいきます。また、ワクチンに対する正しい知識を広めるために、医療従事者をはじめとする医療を支える方々、行政や自治体など多くの方々とのご理解とご協力のもと、引き続き尽力してまいります。

私たちファイザーは、ワクチンのリーディングカンパニーとしての使命感を胸に、製薬会社という枠を超えた「社会のパートナー」として、より健康でより幸せな生活を送ることのできる世界を、皆さんとともに作っていきたいと考えています。

ファイザー株式会社 取締役
執行役員 ワクチン部門長
藤本陽子
ふじもと・ようこ/ 東京医科歯科大学卒業。都立神経病院等で6年間臨床医として勤務した後、米国デューク大学にて基礎免疫学の研究に従事。帰国後の2002年、ファイザー株式会社入社。神経疾患領域開発部長として、アルツハイマー病研究の企業代表医師や循環器疾患、糖尿病、代謝疾患領域の開発部長を務める。メディカル・アフェアーズ統括部統括部長を経て、2019年に取締役 執行役員 ワクチン部門長に就任。
いま知っておきたい肺炎球菌ワクチン Vol.2 肺炎球菌ワクチン、
どんな人が接種すべきですか?