キャッシュレス決済はタイミングと手段で選ぶ

  • #キャッシュレス基礎知識

2019年10月より消費税率の引き上げと同時に、キャッシュレス決済によるポイント還元事業がスタートしました。乱立しているようにも見える支払い手段を、どのように選択するのがよいでしょうか。

キャッシュレス決済は大きく9カテゴリに分けられる

たくさんあるようにみえるキャッシュレス決済ですが、実は2つの視点で区別をすると選択がしやすくなります。
1つ目は「支払うタイミング」で、実際のお買い物に対して、お金をいつ支払うのかを考えて区別する視点です。クレジットカードに代表される支払いのタイミングが後から来るものは「後払い」、デビットカードに代表されるお買い物をした途端に残高が減るものは「即払い」、プリペイドカードに代表される先にチャージをして利用する決済手段は「前払い」に分類できます。

2つ目の視点は、後払い、即払い、前払いを実現するために利用される「手段」です。最も親しみがある方法がプラスチックなどの「カード(接触型)」による方法です。カードをスライドしたり差し込んだりして決済を行います。利便性に優れているのは「かざす(非接触型)」方法です。カードやスマートフォンをリーダーにかざして利用します。差し込んだりスライドしたりして、リーダーに接触させる必要がないため、非接触型とも呼ばれます。最近注目を集めているのは「コード」と呼ばれる手段です。バーコードやQRコードを読み取ったり読み取られたりすることで支払いを行います。

<主なキャッシュレス決済の手段>

手段→
タイミング↓
カード
(接触型)
かざす
(非接触型)
コード
後払い クレジットカード VISAタッチやiD、QUICPayがクレジットカードに紐付いている場合 PayPayなどをクレジットカードに紐付けて使う場合
即払い デビットカード VISAタッチやiD、QUICPayがデビットカードに紐付いている場合 OrigamiPayなどを銀行口座に紐付けて使う場合
前払い プリペイドカード Suicaやnanacoなど代表的な電子マネー等 LINE Payなどを銀行口座からチャージして使う場合

※同じ決済サービスが複数のカテゴリに入る決済方法を提供している場合もあります。

スマートフォンを使った「スマホ決済」を行おうと思うと、「かざす」か「コード」を選択することになります。

操作性においてはアプリを立ち上げたり、画像を読み込んだりしなくてもよいため「かざす」が優れています。しかし、かざすを実現するにはiPhoneだと7以降、Androidだとおサイフケータイ機能を搭載している機種を使う必要があるなど、比較的高性能な端末を利用する必要があります。
「コード」の場合、画像を表示したりカメラで読み取れたりといった、オーソドックスな機能で実現できるため、機能がシンプルなスマートフォンを使っている人でも「スマホ決済」を行うことができる利点があります。

はじめてさんは、デビットカードやプリペイドカードが吉?

では、2つの視点を自分に当てはめて考える場合、どのように判断すれば良いでしょうか。
まず、「支払うタイミング」については、後払いよりも即払いや前払いの方が、家計の健全性は保ちやすくなると考えられます。買い物を既にしているにも関わらず残高が減らない後払いだと「まだお金を使える」と感じやすく、実際に使ったお金が引き落とされるタイミングともずれるため管理もしづらくなります。
キャッシュレス決済を行うと、お金を使いすぎてしまうという恐怖心が強い人は、「即払い」や「前払い」の支払いタイミングになる決済手段を選ぶのが手堅いでしょう。

次に決済の「手段」ですが、スマホ決済を行おうとすると「かざす」ができる端末なのか、「コード」が使える店舗は我が家の周辺に多いのか、と考えることが多くなります。キャッシュレス決済の中でも、特にスマホ決済を選ぶメリットは、鞄の中から財布を探さなくても良いという点です。この利点に強く魅力を感じる場合は、使っているスマートフォンの機種に応じて、どちらが使えそうか、考えてみても良いかもしれません。

スマホの機種や、使えるお店のリサーチを難しく感じるは、VISAやJCBなどの国際ブランドがついたデビットカード(即払い×カード)やプリペイドカード(前払い×カード)が使いやすいのではないでしょうか。あまり注目を集めていませんが、実は初めての方におすすめしやすい選択なのではないかと私は考えています。

次回以降では具体的な決済サービスやカードの名称も挙げながら、皆さんのキャッシュレス決済選択のご参考になる情報を整理してみたいと思います。

プロフィール

ファイナンシャルプランナー 風呂内亜矢さん
ふろうち・あや/1978年岡山出身。1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®認定者。システムエンジニアとして6年半勤務経験があり、システムやテクノロジーを使った家計効率化を得意とする。2013年、ファイナンシャルプランナーとして独立。

企画・制作

朝日新聞社メディアビジネス局