端末問わずスマホ決済できる「コード決済」ってなに?

  • #キャッシュレス基礎知識

シンプルなスマートフォンでも「スマホ決済」を実現することができる「コード」を使った決済。どのような特徴や選択肢があるのでしょうか。

<主なキャッシュレス決済の手段>

 今回くわしく解説する決済
手段→
タイミング↓
カード
(接触型)
かざす
(非接触型)
コード
後払い クレジットカード VISAタッチやiD、QUICPayがクレジットカードに紐付いている場合 PayPayなどをクレジットカードに紐付けて使う場合
即払い デビットカード VISAタッチやiD、QUICPayがデビットカードに紐付いている場合 OrigamiPayなどを銀行口座に紐付けて使う場合
前払い プリペイドカード Suicaやnanacoなど代表的な電子マネー等 LINE Payなどを銀行口座からチャージして使う場合

※同じ決済サービスが複数のカテゴリに入る決済方法を提供している場合もあります。

袋分け予算管理の代わりにコード決済の前払い設定を使う?

プラスチックカードなどを使っても十分キャッシュレス決済を行っているといえますが、鞄からお財布を出す行為自身をなくし、キャッシュレスどころか「お財布レス」まで実現しようとすると、スマートフォンによる支払いである「スマホ決済」が選択肢になってきます。

「スマホ決済」は、「かざす(非接触)」を使う方法と「コード」を使う方法に分けられます。「かざす」はiPhoneだと7以降、Androidだとおサイフケータイ機能が必要なため、比較的どのスマートフォン端末であっても幅広く使えるのが「コード」を使った「スマホ」決済となります。

ここまで、決済の種類を分類するには、「支払いのタイミング」と「手段」を確認することでわかりやすくなるとお伝えしてきました。「コード決済」は同じサービス名の決済でも設定方法で、「支払いタイミング」が異なる特徴が顕著です。

例えば、代表的なコード決済であるPayPayだと次のようになります。

  1. クレジットカードを登録してPayPayのコード決済として支払い → 後払い
  2. 銀行口座を登録してPayPayにチャージして支払い → 前払い

予算管理において、手堅い使い方となる支払いタイミングである「前払い」を希望するなら、2.の方法が、第一の選択肢になります。

これまで袋分けによる予算管理をしていた人が、月初やお給料日に今月分の予算をあらかじめPayPayにチャージして、1ヶ月間、その予算内で金額を確認しながら利用する、といった使い方も、事前のチャージによる利用であれば、実践できます。

2つの視点「手段」とは、見た目のこと

PayPayの支払い方法1.について、もう少し考えてみます。本当は、普段から愛用しているクレジットカードがあるものの、訪れた店舗がPayPayのコード決済にしか対応しておらず、現金かコード決済かどちらかしか選べないシーンがあったとします。
こうした時に、いつも使っているクレジットカードをPayPayとして払い出しができるように設定しておくケースが1.に該当します。つまり、結局は普段愛用しているクレジットカードを使っているのですが、「最終的な払い出しの見た目がPayPayになっているだけ」ということになります。

決済方法を分類する2つの視点のうち「手段」は、「最終的な払い出しの見た目」を指しています。決済サービスの名前だと思って考えると難しく見えますが、我が家のキャッシュレスを考えるときには、結局どのカードで、あるいは、どの口座で払い出しをしようとしているのか、ということに注目をすると、把握がしやすくなります。

コード決済の利点とは?

さて、正直なところ、同じスマホ決済を利用するなら、コードよりもかざす(非接触型)の方が操作性において優れているといえるでしょう。コードによる決済の場合、アプリを立ち上げバーコードかQRコードを読み込んだり読み込まれたりして、さらに消費者側が金額を入力して支払うなどのオペレーションが発生する場合も多いです。
鞄からお財布を探さなくて済むようになる点は便利ですが、かざす(非接触型)が選べるシーンならば、かざす(非接触型)で支払う方が楽でしょう。

しかし、かざす決済を実現しようとすると、店舗側は対応したリーダーを準備する必要がありますし、消費者側も「機能をもつ」スマホ端末を利用する必要があります。機能を問わなければスマホの普及率は約75%というデータもあり、一般消費者が決済に必要なスキャナ機能を搭載した端末を常日頃持ち歩いている環境があるといえます。
店舗はQRコードを印刷した紙などを準備するだけで、キャッシュレス決済に対応できるとしたら、自社で機械を導入するよりは手軽といえそうです。

消費者からみた時には、カード(接触型)やかざす(非接触型)の決済には対応していない店舗でも、唯一コードには対応してくれているということであれば、現金決済を選ばずにデータを残しながらお買い物をすることができる範囲が広がることにもなります。
コード決済は、とことん現金を使いたくない人が、カードも電子マネーも使えない時に検討する選択肢としても良いのかもしれません。

プロフィール

ファイナンシャルプランナー 風呂内亜矢さん
ふろうち・あや/1978年岡山出身。1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®認定者。システムエンジニアとして6年半勤務経験があり、システムやテクノロジーを使った家計効率化を得意とする。2013年、ファイナンシャルプランナーとして独立。

企画・制作

朝日新聞社メディアビジネス局