「また同じ場所で活躍したい」
という思いを
応援する制度で
多様な働き方をサポート

── 眞鍋さんは2015年に結婚、出産を経験し、再び仕事に“リターン”してご活躍中です。その中で不安に感じていたことはありますか?

最初は自分が出産後にいつから、どのぐらいのボリュームで仕事ができるようになるのか見当もつかなくて、戸惑いもありました。「いつでも戻ってきてくださいね」と言っていただいた現場もあったのですが、復帰しても中途半端な形になってしまったらかえって迷惑をかけるのではないかと心配で。ただ私の場合は、出産の数カ月後からできる範囲で徐々に仕事を再開し、子育てと両立するペースをつかみながら復帰できたことが助けになったと思います。いきなり目いっぱいという感じではなく、段階を踏みながらできたので、心身ともに負担を抑えられました。

── 出産や子育てから仕事に復帰する制度には一般に産休・育休があり、利用が広がっています。

産休や育休の普及は素晴らしいことですし、それらを利用してまた第一線でバリバリ働きたいという人ももちろんいます。でもライフ・ワーク・バランスの考え方は一人ひとり違っていて、本格的な仕事の再開までには育休よりも長い期間がほしいと思う人もいるし、以前のような仕事中心の生活から子どもとの時間を大切にする暮らしにシフトしたいと望む人もいるはず。そんな思いと現実の間でズレがあると、自分の中でうまく処理できずに行き詰まってしまうケースもあるのではないでしょうか。それぞれの志向に合わせて、制度の方も多様化していくといいですよね。

── その点、ジョブリターン制度の導入は選択肢を一つ増やす有効な方法と言えそうです。

私の場合は家族の助けはもちろん、事務所の方の理解があってフレキシブルな働き方ができていますが、そうしたサポートの一つの形として、ジョブリターン制度はとても良いしくみですね。さまざまな事情で一度職を離れる人が、また同じ職場で働くための道が広がるわけですから。慣れたところに戻れれば、新しい環境で仕事を覚えていくよりも気持ちの面で楽ですし、何より今までの経験やスキルを生かせるのが一番のメリット。将来的に復帰できる制度があることで離職時の不安も小さくでき、育児や介護など目の前のことに集中してちゃんと向き合える点が大きいと思います。

企業の人材確保にとっても
大きなメリット
ジョブリターン制度で
新しい可能性が広がる

── 人手不足の解消や働き方の多様化への対応に取り組む企業も、ジョブリターン制度に注目しています。

「いい人材が育ってもやむを得ない事情で辞めてしまう」と困っている企業さん、経営者さんは多いですよね。新しい人を探すにしても、改めて採用活動をしてゼロから関係を築くのは簡単ではありません。それに、一緒に働く上で重要なのは結局「履歴書では測れない部分」だと思うんですよ。人となりだとか雰囲気、考え方のような。前に在籍していた人ならその辺りもわかっているし、もし戻ってきてくれるならきっとお互いうれしいはず。仕事を一から教える必要もなく、安心感があります。世の中全体で見ても、元々スキルや経験のある人材が埋もれてしまうのはすごくもったいない。もう一度活躍の場が与えられることは、社会の活力アップにもつながると思います。

── 多様な働き方・生き方を応援するジョブリターン制度の活用を考える方や企業に向けて、最後にメッセージをお願いします。

私は子育てと仕事を両立するときに、「人と比べないこと」を大切にしています。働き方にたった一つの正解があるわけではないですし、無理をして他の人と同じになる必要もない。「私はこの両立のバランスがいいんだ」って、自信を持って自分の働き方を決められればいいですよね。そのときに、既存の休暇や休職の形がマッチしにくかった人や企業にとって、ジョブリターン制度は新しい可能性になってくれるのではないでしょうか。ぜひ活用が進んでほしいと思います。

PROFILE
MANABE KAWORI まなべ・かをり/横浜国立大学卒業。大学在学中からタレント活動を始める。バラエティーへの出演や報道・情報番組のコメンテーター、執筆活動などマルチに活躍。2015年に結婚し第1子を出産した。