現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

国会図書館の120万冊、震災で落下 復旧作戦が進行中

2011年3月19日9時18分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:国立国会図書館の蔵書約120万冊が書棚から落下した=国立国会図書館提供拡大国立国会図書館の蔵書約120万冊が書棚から落下した=国立国会図書館提供

 約900万冊の図書を所蔵する国立国会図書館(東京都千代田区)が東日本大震災で書架から落下した約120万冊の図書の後片付けに追われている。連休明けの22日から復旧作戦を本格化する予定。

 落下したのは、1988年から95年に受け入れた和書と68年以降の洋書。本館の5、6階の書架にあった。22日から8日間、職員80人が1冊1冊拾い上げ、いったん図書用の台車に並び替えた後、傷んでいないかを確認してから書架に戻す作業を繰り返す。

 一方、希少本は主に地下書庫に所蔵されており、制作年代が明確な世界最古の印刷物である「百万塔陀羅尼(だらに)」などに被害はなかった。落下した図書は復旧作業が終わるまでは閲覧できないという。

 同館は、計画停電の影響で23日まで開館時間は午前10時から午後5時までで、20、21日は休館。

検索フォーム

おすすめリンク

防災面で注目が集まるものの事業面では厳しい環境にあるラジオがこれから歩む道とは。

原発事故直後、自衛隊にある、表に出ない部隊に東電社員救出の命が下った。秘匿の作戦だった。

箱根山の群発地震は富士山噴火の予兆?過去2千年間の資料などから被害予測図を示す。

巨大災害を生き抜くために、地域自治体や住民は何をどう備えればよいのか。

日本の安全・保安院は米国から過去2回助言を受けていたが、なぜ対応しなかったのか。

一方的な賠償基準に抗議の声を上げない被災者は泣き寝入りするしかないのか。

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧