Recipe
2017.05.16

三國清三
ローストポーク三國流 レシピ

ゴールデンウイークも終わり、忙しい日常に戻って一週間以上が過ぎ、少し疲れが溜(た)まっているかも。でも、今週末はわが家にうれしい来訪者が……そんなときでも簡単に作れるおもてなしのレシピです。

漬け汁に肉を漬けておく時間と焼く時間。一見、時間がかかるレシピに感じますが、ものは考えよう。 何かをしながら作れる“ながら料理”なんです。

(撮影:キッチンミノル/スタイリスト:茂木雅代/撮影協力:UTSUWA)

材料(4人分)

  • 豚肩ロースブロック…約700g
  • 塩…適量
  • 粗びき黒こしょう…適量
  • サラダ油…大さじ2
  • グラニュー糖…大さじ2 1/2
  • バター…80g

[漬け汁]

  • 玉ねぎ(薄切り)…20g
  • にんじん(薄切り)…20g
  • しょうが(薄切り)…17g
  • にんにく(薄切り)…8g(1片)
  • 赤ワイン(料理用でOK)…220g(1カップ強)
  • しょう油…100g(1/2カップ弱)
  • レモンの絞り汁…大さじ2
  • ローリエ… 1/2枚
  • ローズマリー…1枝(半分に折る)

[添え野菜]

  • サニーレタス、クレソン、エンダイブ、トレビス、ミニトマト…各適量(好みで変更OK)

作り方

  1. ボールに[漬け汁]の材料をすべて入れて混ぜ合わせる。
  2. 豚肩ロース肉に塩、粗びき黒こしょうを両面にし、1と一緒に保存用ポリ袋に入れて、冷蔵庫で約3時間漬け込む。(時間が無い時は1時間くらいでも可)
  3. 2を冷蔵庫から出して常温に20~30分置く。熱したフライパンにサラダ油を入れ、豚肩ロース肉の表面に焼き色をつける。漬け汁はとりおく。
  4. あらかじめ150℃に熱しておいたオーブン(オーブンレンジ)で、150℃で約40〜50分焼く。オーブンから取り出して、アルミホイルで包み、10分ほど置いて、肉の味をなじませる。
  5. 2でとり置いた漬け汁を濾(こ)してフライパンに入れて火にかけ、沸騰したらグラニュー糖を加え溶かし、バターを加え、とろみがつくまで数分煮詰めてソースを作る。
  6. 4を好みの厚さにスライスし器に盛り、仕上げに塩・粗びき黒こしょうをふって、サラダを添える。5をかけて(または、つけて)食べる。

ここがポイント

肉は、密封袋か容器に入れた漬け汁に約3時間ほどじっくり漬けておく。

編集部が作ってみたら

じっくり漬け込んだらあとはオーブンに入れるだけで本格的な味に仕上がりました。しょう油の風味も程よく出ているのでご飯にもパンにもよく合います。

(編集部S・T)

今月の“料理長”は三國清三さんです

みくに・きよみ
日本を代表するフレンチのシェフ。1985年、東京・四ツ谷に「オテル・ドゥ・ミクニ」開店、現在に至る。食育活動にも尽力。oui-mikuni.co.jp