共催/シャボン玉石けん朝日新聞社北九州市(SDGs未来都市)後援/北九州市教育委員会 協力/ギラヴァンツ北九州©2009GVK 魚町銀天街振興組合

SDGs未来都市北九州市発わたしが地球と人にできること
〜身近なことから考えよう〜

第1回 私のSDGsコンテスト 作品募集

日々の生活での少しの気遣いが、今の世界や未来の地球を守ることにつながります。
あなたが毎日のくらしの中で、身近にできることを「川柳」「写真」で伝えてください。
下部の17あるSDGsの項目から1つを選び、自分が身近にできること、思うことを教えてください。

応募期間:
2019年10242020年15

大賞は、屋久島エコツアーご招待12名様+賞状 ※賞品の概要など、キャンペーンの詳細については応募フォーム内に記載しております

大賞について

屋久島は、1993年に白神山地とともに日本で初めて世界自然遺産に登録され、屋久杉やウミガメなどをはじめとする山と海の豊かな自然が残っています。また、屋久島は、50年以上前から自然エネルギーだけで電力をまかなっています。降水量が多く、水資源が豊富な屋久島では、この水資源を活かしてほぼすべての電力を水力で発電しています。100%自然エネルギーで電力をまかなうことを目指す企業や地域が増えている中、時代を先取りして実践しているのが「屋久島」なのです。
さらに、屋久島では「屋久島オープンウォータースイミング(OWS)」が毎年開催されており、天候や潮汐、生物など様々な外部の影響を受けやすい自然の中で行うレースを行うこのOWSは、自分たちを取り巻く環境の問題を意識するきっかけづくりとして注目されています。シャボン玉石けんは、「健康な体ときれいな水を守る」という企業理念のもと、人と自然にやさしい無添加石けんを作り続けており、大会の趣旨に賛同し、2012年のプレ大会から協賛しています。環境学習やビーチクリーン活動なども行っています。
大自然や自然エネルギー100%で電力をまかなうエコな島を体験し、自然や持続可能な社会について考える機会になれば、という想いから大賞を「屋久島エコツアーご招待」にさせていただきました。

SDGs エスディージーズ とは?

SDGsは、2015年に国連が決めた「持続可能な開発目標」のことで、世界を変えるための17の目標を、世界のみんなで実現していこうというものです。すでに世界中の国や地域、企業・団体が取り組み始めています。わたしたちも日々の生活の中で出来ることがあります。例えば、環境によい商品を使ったり、ゴミの分別をしたり、今まで触れることのなかった文化と触れあったり。こうした一人ひとりの行動が、より良い未来をつくるのです。毎日のちょっとしたことから、SDGsについて考えてみましょう。

賞品 ・大賞:【世界自然遺産】屋久島エコツアーご招待(1組2名様)+賞状
・シャボン玉石けん賞:シャボン玉石けん賞品セット+賞状
・朝日新聞賞:朝日新聞グッズ+賞状
・北九州市長賞:小倉織グッス+賞状
・ギラヴァンツ北九州賞:選手サイン入りユニフォーム+賞状
・魚町銀天街振興組合賞:魚町銀天街商品券1万円分+賞状
・小学生優秀賞(2名) : 1万円図書券+SDGsカードゲーム+賞状
・中学生優秀賞:1万円図書券+SDGsカードゲーム+賞状
・高校生優秀賞:1万円図書券+SDGsカードゲーム+賞状
※川柳部門・フォト部門それぞれに大賞・各賞がございます。
※上記の内容は予定のため、予告なく変更になる場合がございます。ご了承ください。

Page Top