広告特集 企画・制作
 朝日新聞社メディアビジネス局

風景や動植物、人間の営みなどをストレートに表現した作品を

募集締切:2019年3月29日(金)※必着

募集締切:2019年3月29日(金)※必着

photo : Toshiko Sasao

コンテストに応募すると、必ず「次の作品」につながる
「日本の自然」写真コンテスト最優秀賞受賞者が語る写真の魅力

36回目となる「日本の自然」写真コンテストが、1月4日から3月29日まで作品の応募を受付中だ。そこでコンテストを主催する全日本写真連盟の勝又ひろしさんが、第34回で最優秀賞を受賞した笹尾敏子さんにインタビューを行い、撮影秘話やコンテストの意義など、さまざまな話を伺った。

背後にあるストーリーを読むと
写真を見るのがさらにおもしろくなる


勝又 最優秀賞を受賞した「三兄弟」はご自宅に近い大磯町の貯水池で撮影されたんですよね。卵の頃から見守られていたのですか。

笹尾 もちろんです!卵が一日に一個ずつ孵るので明日かな、明後日かな、と毎日通っていました。鳥の世界も最初に生まれた子が強いようで、三番目になるとなかなかエサがもらえないんです。一番目の子が三番目の子を「こっち来るな」とばかりにつついたりするものですから、私も撮影しながら「いじめちゃだめ!」なんて叫んでいました(笑)。

勝又 写真って一瞬を切り取るものですが、当然背後にはそれぞれのストーリーがあるもの。「三兄弟」も笹尾さんの撮影話を聞いた後だと、成長を見守る視点が加わって写真の魅力がより深まります。

笹尾 私はもちろんですが、地元のカメラ仲間がみなさんとても受賞を喜んでくれました。

勝又 地元の方にとってはうれしいでしょうね。ただカメラでいうと、“地元”って写真を撮るうえで有利な半面、不利なところもあるように感じています。

笹尾 風景を撮るなら地元の人にはかないません。やはり毎日撮り続けられる人だからこそ出会える一瞬、というのがありますから。私がアオサギを撮れたのも距離が近かったというのが大きなポイントでした。ただ確かに地元の人ほど、風景に慣れ過ぎてしまうという面はあるかもしれません。どれだけきれいな風景でも見過ぎちゃうと感動しなくなりますから。

勝又 そう、せっかく素晴らしい風景なのに、地元の人にとっては珍しくないから盲点になってしまう。これはもったいないですよ。写真を通すといつもの風景が輝いて見えることがある。みなさんどんどんカメラを構えて「うちにはこんな場所がある!」と自慢してほしいと思います。

「三兄弟」

カメラのおかげで人生が健康的、
かつカラフルなものに

勝又 笹尾さんは何をきっかけにカメラをはじめられたのですか。

笹尾 専業主婦として家事に、子育てにと忙しくするなかで、趣味として和紙で絵を描くことを10年ほど続けていたのですが、ある時ふと、和紙絵画の構成を練るのに写真があるとやりやすいなと思ったんです。風景や花を撮りはじめたのですが、だんだん写真の方がおもしろくなっていって、気が付いたときには朝日カルチャーセンターでカメラを習っていました(笑)。

勝又 海外遠征などもされていますが、重くないですか?

笹尾 カメラになると不思議と平気になっちゃうみたい。友人からも「あなた昔は腰が痛いとか膝が痛いとか言っていたのに、カメラを始めてからはぜんぜん言わなくなったわね」って笑われました。きっとカメラのおかげで体が丈夫になったのだと思います。カメラは絶対に健康にいい!だって、まず家から出るきっかけになりますもの。先日、沼津の大瀬まつりを見に行ったのですが、出発がとても早くて「カメラをやってなければ行ってなかったかも」なんて思いました。でも行くと楽しいし、地方のおいしいものも食べられるし、仲間とも話せるし、いいことづくめ。カメラのおかげで人生が彩り豊かなものになっています。

勝又 実際、写真を撮る人って平均より5歳から10歳程度は若く見えます。笹尾さんはソニーの「α99」をご愛用ですが、カメラもレンズも、長く大切に使われていますよね。「α」の魅力はどのようなところにありますか。

笹尾 写真のキレが柔らかい感じになるのが気に入っています。女性的っていうのかな。カメラのモニターが大きく見やすい点もいいですね。以前、「α700」と「α900」2台をぶら下げて、厳冬のモンゴルに撮影にも行きましたが、本当に撮りやすくて。「α99」を購入してからも、レフレックスレンズやソフトレンズなどのこれまで使っていたレンズも使えますし、何より長年使い慣れているので、ずっとαシリーズを使い続けています。

勝又 笹尾さんは前回も受賞されており、動物を被写体にした撮影を得意とされていますね。

笹尾 日本の原風景の中に生活する野生動物の素早い、一瞬の豊かな表情を写したいと思って、撮影を続けています。それには、自分がこの瞬間だと感じたときにすぐ反応してくれる速さが求められます。「α」を使い続けているのは、自分が「撮りたいもの」を真剣に考えて、その被写体やスタイルにあったカメラを選択した結果です。これからも写真・カメラを大切な趣味にし続けたいと思っているので、やはりプロが使っても遜色のないレベルのものを使いたいですね。

第36回 いつまでも守り続けたい
「日本の自然」写真コンテスト

募集期間
201914日(金)~2019329日(金)※必着
(デジタル部門は23時59分まで)
プリント部門
  • 最優秀賞(1点):賞金100万円、賞牌
  • 審査委員賞(5点):賞金10万円、賞牌
  • 朝日新聞社賞、森林文化協会賞:賞金10万円、賞牌
  • 優秀賞(10点):賞金3万円、賞牌
  • 入選(25点):記念品、賞牌
  • 都道府県一賞 :記念品、賞牌※在住する都道府県内で撮影した作品を対象(若干名)
デジタル部門(年齢制限はありません)
  • 最優秀賞 ソニー4K賞(1点):賞牌、
    副賞(50万円相当クーポン)
  • ソニーネクストフォトグラファー賞(30歳以下の応募者を対象):賞牌、
    副賞(40万円相当クーポン)
  • 優秀賞(5点):賞牌、副賞(3万円クーポン、アサヒカメラ購読6ヶ月分)
  • 入選(25点):賞牌、副賞(図書カード3千円分)
  • ※クーポンはソニーストアでのみご利用いただけます。

主催 朝日新聞社 全日本写真連盟 森林文化協会 / 協賛 ソニーマーケティング株式会社