“人生100年時代”の投資のススメ

「今投資をするなら○○」! 株式投資のポイント、プロに聞いてみた

インベストメントブリッジ

「人生100年時代」「老後2000万円問題」。近年、新たな社会課題が次々と取りあげられています。そんな中、将来のために投資を始めたいけど、株式投資ってなんだか怖い、どの企業(銘柄)を買えばいいのかわからない……そんな悩みを抱えている人がたくさんいます。

どうすれば自分が納得できる投資スタイルを選ぶことができるのでしょうか。個人投資家向けセミナーを開くインベストメントブリッジ代表取締役会長・保阪薫さんにアドバイスしていただきました。

「人生100年時代」の到来。投資は不可欠?

学君

最近は、人生100年時代と言われる中で「お金」に関する話題が多いですよね。老後2000万円問題やNISAの話題などを新聞でもよく見かけます。

保阪会長

そうですね。年金制度がどうなっていくかわからない状況で、将来を不安に思う方は増えていると思います。銀行の預金金利も0.001%と超低水準ということもあり、政府自らが「貯蓄から投資へ」と国民に呼びかけるようになりました。その一環がNISAと呼ばれる制度なんです。

学君

なるほど。やっぱり人生100年時代では投資が不可欠になるのでしょうか? 保阪会長は個人投資家向けにいろいろな取り組みをされている、とおうかがいしましたが…

保阪会長

はい。ズバリ、投資は不可欠です。実際、当社が個人の投資家向けに開いているセミナーでも、参加者は年々増えてきています。特に20~30代の参加率が伸びていますね。

トイレで株価を見て一喜一憂! それってどうなの……?

学君

確かに、僕の同僚でも投資を始める人が増えています。でも中には、しょっちゅうトイレに行って株価を確認している人もいるんですよ。やっぱり投資は自分の時間が取られてしまうイメージや、リスクが高いイメージがあります。

保阪会長

株式投資と聞くと、「短期間で売買して儲ける」というイメージが強いですよね。ですが、私たちが対象とする投資家は中長期投資がメインなので、それとは真逆です。長いスパンで資産形成をしなければならない「人生100年時代」では、トイレで株価を確認して一喜一憂するような投資家は損してしまうかもしれません(笑)。

学君

なるほど。中長期投資なら仕事や家事で忙しい人でもできそうですね! でも、中長期でずーっと投資したままだと逆にリスクが高そうにも思うのですが……

保阪会長

そんなことはないですよ! 反対に、中長期で投資することでさまざまな株式に投資できたり、時間分散ができたりと、リスクは抑えられるんです。30銘柄ぐらい持っているとリスク分散ができるのですが、まずは10銘柄、200万円程度で始めてみてもいいかもしれませんね。

株式投資の際におさえるべき、意外なポイント

学君

なるほど、中長期投資がいいのですね! ……とは言っても、株式投資ってどの企業(銘柄)を買えばいいか分からないんですよね……証券アナリストとして企業分析のプロでもある保阪会長は、どんな企業に注目していますか?

保阪会長

日本の上場企業は3700社超あるので、どこに投資しようか悩みますよね。私は、中長期投資に適している「中小型株」に注目しています。

学君

中小型株? 有名な大企業の株ではなく……? それは意外です。

保阪会長

そうですね。中小型株の特徴は、なんといっても企業の成長ポテンシャルの高さです。基本的には株価は企業の成長に応じて上昇するので、株価の値上がり率も高くなります。
例えば、世界的に有名な日本のあるアパレル企業ですが、90年代前半の上場当時は中小型株に分類される規模の時価総額でした。ですが平成が終わるまでの約20年間で大きく成長し、その株価は100倍以上になったんですよ。中小型株は地味なイメージを持つ人もいますが、実は成長株ともいえるんです。

成長する中小型株を見つける「二つの方法」

学君

100倍……! すごいですね。中小型株は成長のポテンシャルが高いので、中長期で投資するとその恩恵が受けられるのですね。……とはいえ、そもそも成長する中小型株って見つけるのに苦労しそうに思います。僕の知らない会社も多そうですし……

保阪会長

私としては、
①世の中の動きから、成長する中小型株を先読みする
②IRセミナーを活用する
この二つの方法をおすすめします。

学君

「世の中の動きから、成長する中小型株を先読みする」……? どういう意味でしょうか?

保阪会長

例えば、最近の世の中の動きとして、よく取りあげられるテーマに「5G」や「IoT」などがあります。5G関連では半導体を始めとした電子部品メーカーや、自動運転に関わるシステム開発企業などが要注目です。また、5Gが実用化されることで、工場でのIoT化・省人化も中長期的に進んでいくでしょう。こういった世の中の動きを“裏方”として支える企業の株に目を向けるとおもしろいですよ。

学君

世の中の動きから、どこにニーズが生まれるか先読みする力が大切なんですね。とはいえ、自分一人では限界がありそうなんですが……

保阪会長

そこで活用してほしいのが「②IRセミナー」です。当社も「ブリッジサロン」というIRセミナーを開いています。

学君

IRセミナーって何をするんでしょうか? 投資関連のセミナーって正直…怪しいイメージがあります。教材とか買わされるんじゃないですか……?

保阪会長

いえいえ、そんなことしませんよ(笑)! IRセミナーは、経営者が自社のビジネスモデルや業績、ビジョンを語る場です。
ブリッジサロンでは基本的に3社の企業トップが登壇します。年間で20回以上、累計500回以上開催しているので、何回か通うとなじみの会社ができて、「あの社長いいな!」「この会社の事業おもしろいぞ!」と思えるようになるんです。逆に、実績が伴っていなければ厳しい目で注文をつけることもできます。

学君

へぇ! 面白そうですね! 経営者が登壇するのには意味があるのでしょうか?

保阪会長

実は、経営者が登壇することがポイントなんです。経営者というのは「会社の顔」です。経営者の話しかたや理念・行動を直接見聞きすることで「この企業は成長しそうか?」、ひいては「この企業に投資をして私は幸せになるか?」と自問自答することができます。

学君

確かにたとえ株価が10倍になっても、その企業のせいで困る人たちが増えるのならうれしくありませんよね。株価はもちろん上がって、かつ社会にも貢献できる企業を選びたいです。

保阪会長

その通りです。日経平均株価の推移と、2014年末のブリッジサロンに登壇した23社とを比べると、2019年10月末までの5年間で日経平均は31%の上昇だったのに対し、この23社は98%上昇したというデータもあります!
また、ブリッジサロンでは、投資することで企業と株主が一緒に明るい未来をつくり出す「応援投資」という理念も掲げています。社会に貢献しているか否かは、投資先を選ぶうえで欠かせない要素ですよね。

実際の「ブリッジサロン」に突撃!

学君も気になる投資サロン。どんな雰囲気なのか実際にのぞいてみました=東京都千代田区

~セミナー後~

学君

ありがとうございました! 週末なのに結構人が入っていましたね……!

保阪会長

今日は少ないくらいですよ。簡単にセミナーの流れをおさらいすると、まず「ワンポイント講演」を行います。ここでは投資に影響を与える世の中の動きについて毎回お話ししています。その後、各企業のプレゼンに移り、ビジネスモデルやビジョン、業績にかかわるトピックを語ってもらいます。

学君

今日はシステム開発、創薬ベンチャー、不動産と、ジャンルも各社違いましたが、よく理解できました。もう少し調べたうえで投資してみたい、と思える企業も見つかりました。

保阪会長

ありがとうございます。企業としては、さまざまな投資家に自社を知ってもらい、ゆくゆくは株主になってもらえればという目的で登壇されているので、そう言ってもらえるとイベント主催者側としてもうれしいですね。
不動産業の「ムゲンエステート」さんは今回で12回目の登壇なんですが、回数を重ねるうちに興味を持って株主になってくれた方がいると聞いていますよ。

学君

確かに、継続的に参加してみていろいろな企業のことを知りたいと思えました。Q&Aの時間にも鋭い質問が出ていましたね。

保阪会長

他の投資家の質問を聞いていると、投資のヒントになることも多いですよ。サロン後には企業との交流会も設けているので、気軽に質問や会話ができるのもブリッジサロンの特長です。

学君

意外と参加のハードルが低く、しかも参加無料なのでまた来てみたいと思いました! 今日はありがとうございました。

保阪会長

こちらこそ、ありがとうございました。人生100年時代に不可欠な投資、ぜひブリッジサロンを活用して「成長する中小型株」を見つけてくださいね。

人生100年時代の投資に役立つ四つのメニュー

※本記事における株価上昇率等のデータは過去の実績であり、将来をお約束するものではありません。

“人生100年時代”の投資のススメ

「今投資をするなら○○」! 株式投資のポイント、プロに聞いてみた

インベストメントブリッジ
  • PR
投資家と企業をもっと近くへ

個人投資家目線のセミナーで安心して株式を学ぼう!

インベストメントブリッジ
  • PR

あなたにおススメの記事

pagetop