朝日新聞
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局

弘前大学 地域に学び育てられる課題全てが研究対象 弘前市の名勝、藤田記念庭園を訪れた郡千寿子理事・副学長。岩木山を望む。「弘前に来て『思索する』時間が増えました」 弘前大学 地域に学び育てられる課題全てが研究対象

弘前市の名勝、藤田記念庭園を訪れた郡千寿子理事・副学長。岩木山を望む。「弘前に来て『思索する』時間が増えました」

弘前市の名勝、藤田記念庭園を訪れた郡千寿子理事・副学長。岩木山を望む。「弘前に来て『思索する』時間が増えました」

豊かな地域資源から新たな価値を創造する × Hirosaki University

歴史ある学都・弘前は学びの宝庫

「自然と都会、新と旧が調和した街。学問と教育を大事にする土壌があります」

弘前大学の郡千寿子研究担当理事・副学長は、青森県弘前市の魅力をこう語る。

郊外は雄大な岩木山と、麓(ふもと)に一面のりんご畑が広がり、街の中心部は、かつて津軽藩の城下町として栄えた歴史と文化の薫りが漂う。明治以降に建てられた洋館も点在し、その街並みは「レトロモダン」と形容される。

1920年に前身の旧制弘前高等学校が設立されて以来、弘前大は弘前市の「知の拠点」としての役割を担ってきた。現在は総合大学として、人文系から理工系まで、5学部7研究科を擁する。

青森の新しい価値を社会に発信

共同研究でカシスの成分に健康作用があることを証明

弘前大がいま特に力を入れるのが、〝社会にアウトプットするまで責任を持つ〟研究だ。なかでも地域の課題を克服し、かつ青森の新しい価値を生み出す研究に注目が集まる。

保健学領域の研究チームはこの5月、更年期症状の軽減効果を有するカシスの有効成分に関する特許を出願した。飲み物やお菓子の材料によく使われるカシスだが、青森県での生産量は全国一を誇る。2015年には農林水産省が定める「地理的表示保護制度」の第一号に「あおもりカシス」が選ばれている。これはその土地特有の産品の名称を知的財産として登録しようという制度だ。

大学では農学生命科学部、保健学研究科、地域戦略研究所がタッグを組み、16年から共同研究に取り組んできた。カシスの機能性の研究から商品としての提供まで担おうという試みだ。機能性の研究では、カシスのアントシアニンなどに更年期症状の軽減など、新しい健康機能が見いだされた。今後は調理法や食べ方をさらに追究し、「健康とおいしさ」を備えるカシスをより市場に広めたい考えだ。

こうした研究には分野の垣根を越えた連携が不可欠だ。

「本学は横のつながりをもつのにちょうどいい規模と距離。異分野の研究者が集まって気軽に議論する雰囲気があります」

地元企業も自動採血ロボット開発に協力

と郡理事は話す。特に伝統ある医学と工学の連携は弘前大が得意とする領域だ。理工学部機械科学科には医療産業に焦点を当てた医用システムコースがある。また、理工学研究科に「医用システム創造フロンティア」を設置。他学部や地元企業と連携しながら、医用システムに関する研究が進む。最近では、地元の精密企業と協力し、「自動採血ロボット」を開発中だ。地域医療では看護師の不足が課題だが、医療者の業務負担軽減の一助となることが期待される。

理工系の研究だけでなく、人文系の学問でも連携が進む。弘前市は第二次世界大戦の戦禍を免れたこともあり、貴重な文献が豊富に残されている。そこで17年度からスタートしたのが「津軽デジタル風土記の構築」プロジェクト。国文学研究資料館(東京都)他との共同事業で、津軽地域に残る歴史資料をデジタル化して公開し、地域資源、観光資源としての活用につなげようとしている。おもに教育学部と人文社会科学部の研究者が連携し、貴重な資料を調査。大学だけでなく、市の教育委員会や市民からのバックアップもある。デジタル化する資料は200点ほどになる予定だ。

人間力が大事な時代 大学の真の価値とは

高照神社蔵「源氏物語之詞」もデジタル化の対象

郡理事はこうした研究成果の社会への還元も、「基礎研究を大事にしてこそ」と強調する。自身も日本語の語彙(ごい)の歴史を専門とする研究者として、「基盤がしっかりしているからこそ、応用につながる」という確信がある。

「大学だからできる研究があります。理事として、改めて大学の役割を問い直しています」

と言う郡理事はこう続ける。

「やはり最も大切なのは、人を育てること。来るAI(人工知能)の時代は、基礎力がこれまで以上に重要で、人間だからこそもつ共感力や対話力、創造力の育成が欠かせないと考えています。弘前には長い時間をかけて醸成された文化があり、感性や情緒を育むのに最適な場所です。さらに、地域の課題を新しい価値創造のチャンスと捉えれば、弘前大学だからこそできる学び、研究は山のようにあるのです」

From Alumni

1 大学時代は何でも挑戦。故郷・東北の活性化を願いりんごプロジェクトに邁進(まいしん)

一般社団法人 Next Commons Lab弘前 
弘前シードル工房kimori
永井 温子 さん
人文学部現代社会課程 2014年卒業

地域活性に取り組む一般社団法人の一員として、4月からシードルを作るkimoriに赴任。りんご栽培の勉強などをしながら、りんごに関する新商品の企画を練ったり、後継者不足や離農で悩む農家の相談に乗ったりしています。私は福島の出身。大学1年のときに起きた東日本大震災をきっかけに、地域活性の仕事を目標に掲げました。大学在学中は国際関係ゼミでの研究、フランス留学、打楽器であるスティールパン部での活動、市内のイベントの企画などに打ち込みました。弘前はやりたいことを応援してくれる町。kimoriでの3年の任期中にりんご産業の担い手を増やす仕組みを作り、他地域にも広めていきたいです。

2 微生物からキノコに“転向”、日本新産種のキノコも発見「感動を覚えるほど親身に指導」

ホクト株式会社開発研究本部
斎藤 輝明 さん
大学院農学生命科学研究科
農学生命科学専攻 2015年修了

日本のキノコ研究は動植物研究に比べ遅れており、未知の部分が多く夢があります。私はキノコの生産・販売を行う企業の研究部門で、品種を特定するDNA鑑定の技術開発に携わっています。世界自然遺産の白神山地にあこがれ、微生物の研究を志し弘前大学に入学しました。その後尊敬する教授から、キノコの研究をすすめられ興味がわき、現在につながっています。大学院では白神山地で日本新産種のキノコ(オソムキタケ)を発見し、論文を発表できました。弘前大の先生方は研究熱心で、感動を覚えるくらい親身に指導してくれました。オソムキタケの発見も、教授や地域の方との交流があったからこそです。

Vice President's Message
副学長メッセージ

2020年度、新しい学科と研究科がスタート (設置許可申請中)

吉澤 篤 理事・副学長

弘前大学は2020年度、国家資格である公認心理師の養成を目的とする心理支援科学科を、医学部に新設する予定だ。吉澤篤理事・副学長は「現代社会は心の問題を抱える人が多く、病院、学校、会社などの場で、心理の専門家が必要とされています」と、その意図を話す。今後の需要増大が見込まれるにもかかわらず、現在、青森には公認心理師の養成機関がない。弘前大では医学部に設置することで、高度な心理学はもとより、医学および保健医療の知識を身につけた心理支援職の養成が可能となる。初年度の学生が学部を卒業するまでに、大学院の研究科を立ち上げる予定だ。

大学院には地域共創科学研究科の新設を予定している。弘前大は16年度からの国立大学第3期中期計画において、「地域活性化の中核的拠点」となることを目標に定めた。以来、青森ブランドの価値を創造する地域人材の育成(COC)や、青森の産業や雇用を創出し就職率をあげるプロジェクト(COC+)に取り組んできた。

「ただこれらのプロジェクトには期限があります。そこで後に続く学び、研究の場として新しい研究科を設置することにしました。地域の専門家や地元企業などと協力しながら、地域の課題解決の考え方や実践力を身につけます。ケーススタディは青森の課題が中心ですが、培われた方法論は世界で通用します」

コースは「地域リノベーション専攻」と「産業創成科学専攻」の二つを用意し、定員はそれぞれ15人を予定する。

弘前大は自治体や地元企業と培ってきた研究の強みや特色を三つの分野、アグリ(農業)・ライフ(健康)・グリーン(再生可能エネルギー)に分け、学内、地域連携でさらに強固なものにしようと努めている。

「心理支援科学科は人々の健康に、地域共創科学研究科は総合的な地域発展に貢献するものと確信しています」

過去の掲載大学

プロフェッサー・ビジット
参加高校募集中

特集記事