朝日新聞
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局

公立諏訪東京理科大学 最先端のAI技術は八ケ岳の麓で生まれる キャンパスは八ケ岳の麓(ふもと)。空が広く空気が澄んでいる 公立諏訪東京理科大学 最先端のAI技術は八ケ岳の麓で生まれる

キャンパスは八ケ岳の麓(ふもと)。空が広く空気が澄んでいる

キャンパスは八ケ岳の麓(ふもと)。空が広く空気が澄んでいる

諏訪から世界へ × Suwa University of Science

公立大学として1年 情報通信技術に軸足

プラズマ工学が専門の小越澄雄学長。自身もエッジコンピューティングの研究をすすめる

2018年4月、公立大学として新たなスタートを切った公立諏訪東京理科大学。それまでの2学部4学科制を改め、工学部に情報応用工学科と機械電気工学科を置く1学部2学科4コースに再編した。

公立化したことで、学費は以前の約半分に。経済支援制度も充実させ、家庭の経済的負担は大幅に減った。また、全国から受験生が集まるようになったことで多様性が増し、大学の雰囲気もより活発になったという。

教育方針の柱は「ものづくり」「情報技術」「マネジメント」の三つだ。特に、人工知能(AI)の進化が目覚ましい昨今、AIを含めた情報通信技術に関する力をつけることに重点を置く。小越澄雄学長は言う。

「社会で活躍するためには、AIと実際に現場で使用されるエッジコンピューティングのシステム、そしてIoT(モノのインターネット)および通信技術の知識を身につけることが必要です。本学では、そのすべてを学べる環境が整っています」

大学の知識や技術で地域課題を解決する

来年度の新入生から、AIを学ぶカリキュラムを全学科・全コースに組み込む。そして、小越学長が力を入れるのは、今後主流となるであろう最先端の「エッジコンピューティング」だ。近年急速に発展した「クラウドコンピューティング」に対し、「端末の近くにサーバーを分散配置する」ネットワーク技法の一つである。

「エッジコンピューティングのシステムにはあまり費用がかからず、専門的で高度な知識もさほど必要としません。カスタマイズしやすいのでさまざまな分野で応用が可能です」

と小越学長はその利点を説明する。自身も、水耕栽培の管理にエッジコンピューティングを利用したシステムを研究中だ。

長野県諏訪地域は、精密・光学機器、情報、自動車部品など多種多様な企業が存在する、日本有数のものづくり産業の集積地だ。その多くの企業が今、AIやIoT技術を導入、あるいは導入しようとしている。こうした地域企業と連携することで、より実践的な教育・研究も可能になる。

それは、「地域連携研究開発機構」の設置に表れている。機構は「農業理工学」「人工知能・IoT」「医療介護・健康工学」「次世代輸送システム」「地域情報・マネジメント」「地域先進技術」そして「スワリカブランド創造事業」の6部門・1事業からなる。学科や研究室の枠を超え、地元企業などの要望に基づく研究開発や最先端の研究を実施するとともに、人材育成を行う。小越学長は言う。

「地域から寄せられる要望や課題は複合的。さまざまな部門が一緒に研究することで、ベストな答えが出せると思っています」

「大学のもつ知識や技術を使い新たな起業の仕組みを作ってほしい」という長野県茅野(ちの)市の依頼を受け、産学公連携で取り組むのが、地域再生計画「スワリカブランド」だ。「LPWA」(ローパワーワイドエリア=低消費電力広範囲の通信方式)を、地元企業のものづくり技術と融合させ、地域の課題を解決しながら新規の製品開発やそれによる起業をめざす。

LPWAの使用例(実証実験)

情報技術の発展ですべての人にチャンス

実証実験の第1弾は山を荒らす鳥獣被害対策(図参照)。センサーとLPWAを組み合わせ、鳥獣被害対策の効率化を図る。また、登山者の位置情報を把握し、遭難時の救助に役立てるシステムの実験も行っている。

自然豊かな茅野市ならではの課題がある一方、その環境が大学の大きな魅力となっている。

「人が集中できるのはせいぜい数十分。美しい環境でひと休みする時間も必要です。その点、山野草や野鳥の声などを楽しめるこの大学は最適です」

ものづくりが情報技術の発展とともに大きく変化している今、「すべての人に夢を実現するチャンスがある」と、小越学長は言う。

「何かしたいと思ったら迷わずチャレンジしてください。仮に成功の確率が1%しかなくても、失敗から得るものが必ずあります。大学はそうした夢実現への第一歩であり、チャレンジの練習の場でもあるのです」

From Students

「公立化した大学を有名に」入学後にソフトボール部を立ち上げ、全日本大学選手権の出場を決める

工学部機械電気工学科2年
杉浦 弘崇 さん(左)、中島 龍希 さん(右)

「この大学へ入ってよかった」と口をそろえるのは、公立化によって進学を決めたという工学部機械電気工学科の2年生、中島龍希さん(兵庫県出身)と杉浦弘崇さん(愛知県出身)。2人は入学して1カ月で「新しい公立大学を全国で有名にしたい」と、男子ソフトボール部を立ち上げた。今年5月の北信越大会で準優勝し、9月の全日本大学選手権大会への出場が決まった。

授業では「教科書で習ってきた物理の原理や法則を、自分の手で実験をして理解できるのがすごく楽しい」と中島さん。3、4人のグループでの実験では、「仲間で話し合って課題を解決できるように指導してくれる。プレゼンテーションの指導もあり、人に伝える能力が上がっているという実感があります」(杉浦さん)。学習支援室もあり、疑問点は教授陣だけでなく、大学院生を含む先輩たちにも気軽に教えてもらえるという。長野県諏訪市内で一人暮らしをする2人は、「人が優しく住みやすい」と住環境も非常に気に入っているという。

LABORATORIES

世界的に注目される太陽光・電動航空機
長野の企業の技術を結集して挑む夢
工学部機械電気工学科 雷 忠 教授

「今後は空中の開発の競争になる。通信産業も大幅に変わるでしょう」と言う雷教授。現在は学生とともに7号機を試作中だ

雷研究室の主要研究の一つが「ソーラープレーン無人航空機」だ。太陽光エネルギーを蓄電し、長時間の連続飛行実験を重ねる。飛行体がほとんどない上空2万メートル以上を半永久的に飛行できる航空機をめざす。実用化すれば、例えば「空中通信プラットフォーム」への応用が可能だ。「今後、地上に携帯電話などの通信基地局を立てる場所がなくなる。上空の無人機なら1機で東京の主要地区をカバーできます。さらに、24時間監視が可能なので自然災害対策や、山や海難事故の救助救援、農業などにも応用が可能です」と雷忠教授は話す。

研究室では、エアタクシーのような「電動航空機」の研究も進める。空港はいらず、CO2の排出や騒音も抑えられ、環境にも優しい。長野県内外の実績のある企業と共同で開発中だ。

「機械と電気の知識を身につけた優秀な学生を、産業界に送り出したい」(雷教授)

VR技術と医療のコラボレーション
バーチャルリアリティで「体験をデザイン」する
工学部情報応用工学科 山口 武彦 講師

研究室ではフランスの留学生も学ぶ。MCIの研究は無症候性神経認知障害(ANI)の早期発見技術にも応用を進めている

山口研究室では、VR(バーチャルリアリティ=人工現実感)技術を用いて、認知症になる一歩手前の「MCI(軽度認知障害)」を発見しようという応用研究を5カ国の大学と共同で進めている。VR技術を使って実際の生活に近い環境をつくり、買い物へ行く、料理をするといった日常の動作で何ができて何ができなくなったかを評価するシステムだ。実際に見せてもらったのはタブレット上でのパン食の朝食作り。この動きで「マイクロエラー」と呼ばれる「動きのよどみ」を計測する。タブレット上での作業であっても実体験との相関があるため、MCIを発見できるという。山口武彦講師は言う。

「VRは体験のメディア。情報媒体が変わるとコミュニケーションスタイルや文化、価値観も変わる。世界観を体験として共有できる時代が来ます。ここでVRの理論体系を学んでもらい、体験を工学的にデザインする人をめざしてほしい」

過去の掲載大学

プロフェッサー・ビジット
参加高校募集中

特集記事