朝日新聞
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局

小樽商科大学 理論と実践を繰り返すビジネス教育 緑あふれるキャンパス。
この秋に図書館がリニューアル
小樽商科大学 理論と実践を繰り返すビジネス教育

緑あふれるキャンパス。この秋に図書館がリニューアル

緑あふれるキャンパス。この秋に図書館がリニューアル

「グローカル」に学び、北海道から世界へ。 × Otaru University of Commerce

実学とグローバル教育地域から世界を視野に

「ええんちゃう」のゲストハウスの名前は「順風満帆」。ゼミ生27人で運営。接客や掃除もシフトを組んで全員で担当する

国公立大学で随一の規模を誇る商学系の単科大学として、ビジネス教育を強みとしてきた小樽商科大学。学科の講義やゼミなど理論を学ぶ場と、ビジネスを実践する場を設け、それらを往復し、繰り返すことで実力がつく教育制度を整える。

「学生が理論と実践のギャップを知り、それを埋めるために次に学ぶべきことを発見することが大事だと考えています」

小樽商大の江頭進理事・副学長は教育の意図をこう話す。

国際教育にもこの理念を取り入れる。1年次に全員が履修できる「事情科目」では、食費程度で参加できる3週間の海外語学研修プログラムを用意。2019年度からは入学試験合格後、大学で学ぶまでの猶予期間「ギャップイヤー」を本格導入した。グローカルマネジメント副専攻プログラムでは留学生も一緒に英語で学ぶ経済・ビジネスの授業もある。

「これからのビジネスには語学力と国際理解力が必須。早い時期に留学し、自身の力の足りなさを知って、2年次以降の長期留学につなげます。何度も行き、その度に課題を見つける仕組みです」(江頭理事・副学長)

専門の基礎力や教養、そして国際コミュニケーション力──こうした実践のための土台を築いた学生たちは、実際にビジネスの「現場」に身を置く。ユニークなのが、正課科目の「商大生が小樽の活性化について本気で考えるプロジェクト」(通称マジプロ)だ。官公庁や企業、地域の人たちとかかわりながら、チームで街の課題解決プロジェクトに取り組む。その成果をまとめ、プレゼンテーションすることで次の学びに生かされる。

ゼミでも、商品企画や販売先の開拓など、企業の実務をそのまま実践する実学主義を重んじる。さらに、ゼミが発展して起業に至るケースも多い。大学も企業活動ができる起業サポートルームを作るなど積極的に支援。現在は、学生ベンチャー企業7社が立ち上がっている。

その1社が猪口純路教授のマーケティングゼミに所属する学生たちが起業した合同会社「ええんちゃう」だ。主な事業は小樽市内の空き家を改修したゲストハウスの運営。社名は学生たちのやりたいことを「ええんちゃう」と否定しない猪口教授の口ぐせから取った。

19年3月に開業するまで、事業の立案、資金調達、工務店とのやり取り、市役所への書類の提出など、すべて学生たちがやり遂げた。宿のコンセプトは「小樽の生活文化を楽しみ、地域と交流できる場」。駅から離れた住宅街にある立地条件も理由だが、何より「観光だけではない小樽の魅力が売りになる」と考えたからだ。

専門の理論を生かすビジネスの実体験

打ち合わせも定期的に。左から中野さん、北市さん、天満さん

合同会社の代表社員を務める商学科3年の北市圭人さんは、「輪読などで叩き込んだマーケティングの理論を生かすための実践の場となりました」と、開業までの日々を振り返る。

資金調達にはインターネットを通して資金を募るクラウドファンディングを利用しながら、小樽商大の同窓会、北海道内外の経営者など、賛同してくれそうな人にも会いに行った。相手はビジネスで百戦錬磨の強者ばかり。「どうやって黒字にするのか」「10年後のビジョンは」など厳しい質問を浴びた。経済学科3年の天満康美さんも資金集めを担当した。

「小樽の学生の手で小樽を活性化させたい、という思いが強くありました」

そうした学生たちの信念は周りも巻き込んだ。そのうちの1人、空き家を提供し改修を行った阿部建設株式会社の中野諭さんは、こう話す。

「小樽のために頑張る学生たちに協力したいと思いました」

情緒あふれる和室も楽しめるゲストハウス

猪口教授は今回のプロジェクトを「究極のアクティブラーニング」と表現する。北市さんは、「正解のないことばかりでしたが、みんなで議論して進めることが大事だと実感しました」と話す。天満さんは「お金の大切さ、人を動かすことの難しさを痛感しました。今後は大学院に進んで経営の勉強がしたい」と、将来の目標を掲げる。

身をもって実践の難しさを体験し、それがまた、次の学びへと生かされていく。

From Students

1 大阪から小樽へ。小樽だからこそできる学びが充実しています

商学部経済学科4年
赤松 誉生 さん

大阪府箕面市の出身です。父が小樽商科大学を勧めてくれました。小樽に初めて来たとき、海がすぐそこに見えて、関西とは全く違う世界にワクワクしたのを覚えています。「マジプロ」というプロジェクトベースの授業では、小樽市のレンタルサイクル店と協力し、お客さんの了承を得て自転車にGPSを付け、どういう場所に行っているかを調査。それを元に、地元民だからこそ知っているお勧めスポットを載せたサイクリングマップを作りました。所属している江頭進教授のゼミでも小樽経済の活性化がテーマの一つです。スキーや海のスポーツなど自然の中での遊びも満喫しました。都市圏ではできない学びや体験ができます。

2 ギャップイヤーのおかげで大学でしっかり学ぼうという意識が高まりました

商学部商学科2年
片倉 玄太 さん

2019年度から入学を1年猶予し、大学入学前に長期の海外留学ができるギャップイヤー制度が始まりました。私はこの制度の試行プログラムを利用し、1年次の8~12月、海外留学に挑戦。留学先では、さまざまな国の友人と刺激し合い、英語力が飛躍的に伸びたとともに、帰国後は世界そして地元についてもっと学びたいという思いを抱きました。通常、3年次に交換留学する場合が多いですが、それでは帰国後すぐに就職活動をする必要に迫られます。しかし、このプログラムを使えば大学生活は帰国後、まるまる4年あり、留学での学びを生かすには十分な時間です。この制度で多くの人に早い段階での海外留学に挑戦してほしいです。

President's Message
学長メッセージ

「グローカル」教育を力強く推し進める新コースが誕生

和田 健夫 学長

商学部の下に四つの学科(経済学科、商学科、企業法学科、社会情報学科)を有する小樽商科大学は、ビジネスを学ぶ単科大学として、道内外に多くの経済人を輩出してきた。

「開学以来、教育のモットーを『実学・語学・品格』としてきました。専門分野の知識と幅広い教養を養い、その上で体験によって実践的スキルを磨くことを実学教育と考えています」

和田健夫学長は教育の理念をこう話す。この実学教育を発展させ、現在は国際教育と地域活性化を同時に学ぶ「グローカル」教育を推進している。

「グローバル時代の地域マネジメントの拠点として、北海道経済の発展に貢献することを改めて決意しました」

4学科の主専攻に加え、学科横断型の「グローカルマネジメント副専攻プログラム」がある。2021年度には、主専攻プログラムとして「グローカルコース」をスタートさせる予定だ。グローバルに活躍できるビジネスの基礎知識と応用力はもちろん、異文化理解能力、卓越した言語コミュニケーション力を養うカリキュラムを用意する。英語で行う基礎ゼミや経済・商学科目の授業も開講し、なかには留学生と一緒に学ぶクラスもある。すでに始まっているギャップイヤーを活用、充実させ、海外留学を必修化する方針だ。

学生が主体となる地域の課題解決プロジェクトには、これまでも取り組んできた。また、ゼミが発展して起業に至り、学生たちが経営者として活動していることもめずらしくない。

和田学長は思いをこう話す。

「今後、革新的に変わっていく社会に対応するには常に学ぶことが大事。学生には大学でいろいろな体験をし、学び続ける姿勢を養ってほしいと思います。また、本学はマーケティング、マネジメント、アカウンティングを始めとして、ビジネスの世界で活躍したい人に必要な教育が充実していますので、ぜひめざしてほしいですね」

過去の掲載大学

プロフェッサー・ビジット
参加高校募集中

特集記事