朝日新聞
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局

神戸市外国語大学 語学力の先にある行動する国際人を育成 JUEMUN2019大会の開会式 神戸市外国語大学 語学力の先にある行動する国際人を育成

JUEMUN2019大会の開会式

JUEMUN2019大会の開会式

AD ALTIORA SEMPER × Kobe City University of Foreign Studies

日本の学生が世界を学ぶ意義

ローリーゼネック西出准教授 担当の模擬国連の授業

2019年6月21~23日の3日間にわたり、JUEMUN2019大会(Japan Uni-versity English ModelUnited Nations=日本大学英語模擬国連)が神戸市外国語大学で開催された。23大学から178人が集まったこの大会は、ドイツ、米国、中国、マレーシアなど、海外からの参加も多く、参加者の約3分の1が外国籍の学生たちとなった。

「模擬国連は世界中で行われている教育活動です。語学力だけでなく、リサーチ力、コミュニケーション能力、リーダーシップ、異文化理解など多くのことを学べます」と話すのは、ローリーゼネック西出准教授。この大会は西出准教授が中心となり、2010年に立ち上げたものだ。

模擬国連とはその言葉の通り、国連を模した会議を行うもの。学生は、経済や社会全般についての議決や勧告を行う国 連経済社会理事会の理事国(54カ国)それぞれの外交官役となり、与えられたテーマについて自国の考え・政策を主張。他国と交渉・折衝を重ね、委員会としての提言をまとめる。これらはすべて英語で行われる。テーマは国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)のなかから選択される。同大会もこれに準じて行われる。

実際の国連と異なる点は、学生が自国ではない理事国の外交官の役割を担うこと。そのため、担当国の現状や法律、諸外国との利害関係など、幅広いリサーチが必要となる。文献を調べるのも英語が基本となる。

「模擬国連には日本の学生が英語を学ぶ意義のすべてが含まれていると考えています。この大学で教え始めた2007年から授業の一環で始めましたが、学内のみでは、緊張感が足りない。並行して年に2回開催される模擬国連世界大会にも参加しているのですが、開催地が海外のため、参加人数が限られてしまいます」(西出准教授)

より多くの学生に模擬国連を経験してもらうために生まれたのがJUEMUNだった。

模擬国連は課題を見つけ、克服する場

事務総長の松田華織さん

高校生にJUEMUNの内容を説明する地福春香さん

「今回のテーマは『雇用の促進と人々の保護』です。このテーマに基づいて『児童労働の完全撤廃』『機会と待遇における平等の実現』『労働権利保護と安全かつ安定した労働環境の推進』という三つの委員会を設置しました」

事務総長の松田華織さん(国際関係学科4年)は、今大会についてこう説明する。ホストである神戸市外大は、大会の運営も担当するが、これらも学生が中心となる。参加者の委員会や担当国の振り分けから、外交団がリサーチするにあたり基礎となる議題概説書の編集まで、業務は多岐にわたる。

「私は昨年の同大会に外交官役で参加しました。手探り状態で始めましたが、学ぶにつれ、知る楽しさも感じていきました。外交官役は主張をまとめ、1分間のスピーチをするのですが、そのためには表面的な情報では足りません。大使館に協力してもらうこともあります」

リサーチに加え、実際の会議では、初めて会う多数の外交官役の学生たちと交渉しなければならない。この経験が自信につながったという。

「私自身、昨年は経験者であるメンターなどに丁寧にサポートしてもらいました。今回はその恩返しの思いもあるんです」

事務総長補佐の地福春香さん(国際関係学科3年)は、1年生でJUEMUNを経験し、模擬国連世界大会にも2度(2017年カナダ、2019年米・ニューヨーク)参加した。

「私は模擬国連を自分の課題を見つけ、克服する場だと思っています。最初のJUEMUNでは自分のプレゼンテーション能力の低さにがっかりしました。カナダの世界大会では、理解は深まった手応えはありましたが、ネイティブスピーカーの学生たちの勢いに押され、自分の主張がなかなか通じませんでした。次の米国大会では、マネジメントやリーダーシップを意識できるようになりました」

来年11月、模擬国連世界大会が神戸市外大で開催される。

「世界大会には運営として関わるつもりです。円滑な会議運営に加え、これからも模擬国連大会の継続に尽力していきます」

Campus Topics

1 「国際性」は日本の大学で6位 数字から見る神戸市外国語大学の魅力

神戸市営地下鉄の学園都市駅から徒歩すぐに立地する緑豊かなキャンパス

イギリスのタイムズ・ハイヤー・エデュケーション社などが2019年3月に発表した「THE世界大学ランキング日本版2019」は、日本の大学の「教育力」を測るものとされ、今回で3回目となる。指標は「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」の4項目だが、神戸市外国語大学は「国際性」で6位を獲得した。この指標は外国人学生比率、外国人教員比率、日本人学生の留学比率、外国語で行われている授業比率で評価されるもの。全指標の合計である総合でも全国51位となった。このほか『大学ランキング2020』(朝日新聞出版)では、留学生派遣で54位、外国人教員の教員比率(学生数1000人以上3000人未満)で5位だった。

2 学生スタッフが活躍!ボランティア活動を通じて世界や地域とつながる

国際親善パーティーなどでのボランティア活動は学生自身の学びにも繋がっている

2006年に設立されたボランティアコーナーでは、学外から依頼されたものに加え、学生が企画・運営する活動の手助けを行う。「2018年度はおよそ700人の学生が参加しました。学生数が約2200人ですので、かなり高い割合だと思います」とは、ボランティアコーディネーターの木場佳壽子さん。神戸市は国際会議などが開催されることも多く、参加者のアテンドなどの依頼が多い。これは学生の学びにも繋がっているという。

イスパニア学科3年の阿部芹華さんは、地域の高齢者たちとの交流ボランティア「がくえん陽だまりサロン」のリーダーを務める。「学内の他クラブとの連携など、参加者により一層楽しんでもらえる新たな企画を考えたい」と抱負を語った。

President's Message
[学長メッセージ]

国際都市・神戸から好奇心あふれる人材を世界へ

指 昭博 学長

神戸市外国語大学は、1946年に設立された神戸市立外事専門学校が前身で、3年後に大学となり現在に至る。外国語学部のみだが、英米・ロシア・中国・イスパニア・国際関係・第2部英米の6学科がそろう。

「本学に入学する学生は、専攻する語学の実践的なコミュニケーションスキルを学びたいと考えていると思います。ですが、諸外国の人たちと相互理解を深めようとするならば、その地域の歴史や文化的背景を知らなければ」

指昭博学長はそう指摘する。そのため、神戸市外大では語学教育に加え、「専門教育」にも力を入れる。

「『語学文学』『法経商』『総合文化』『国際コミュニケーション』のコース選択に加え、ゼミにも属し、専門知識を習得します。高度な外国語運用能力と専門知識を備えた『行動する国際人』の育成をめざします」

公立大学の多くがグローバル化に対応しつつ「地域社会のリーダー育成」に主眼を置く中、国際都市・神戸で生まれた神戸市外大は異彩を放つ。

「本学は、神戸のみならず全国から学生が集まっています。大学時代、神戸という街で成長してもらい、その素晴らしさを全国へ、そして世界へ広めてもらう。これも地域貢献のひとつだと考えています」

「模擬国連」をはじめ、70年以上の歴史をもつ「語劇祭」(外国語劇)など、授業だけでなく、課外活動に力を入れる学生が多いことも特徴だ。

「学内外のボランティアにも積極的です。オープンキャンパスでは卒業したOB・OGも手弁当で駆けつけ、高校生や保護者の方に本学をアピールしてくれています。ありがたいことです」

外国語大学なので留学する学生は多いが、大学主導ではなく学生が自分で国や内容を決めて旅立っていくという。

「自分自身の好奇心に素直で、楽しみつつ道を切り開いていく。そんな学生たちを手厚く支援しています」

過去の掲載大学

プロフェッサー・ビジット
参加高校募集中

特集記事