朝日新聞
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局

京都大学 国際的な視座をもち「大きな人」をめざす 京都大学には世界中からトップレベルの学生が集う 京都大学 国際的な視座をもち「大きな人」をめざす

京都大学には世界中からトップレベルの学生が集う

京都大学には世界中からトップレベルの学生が集う

人間はどう生きるべきか考える × Kyoto University

世界中に見られるビジネスグループ

トルコ・イズミル出身のアスリ・チョルパン教授。専門は経営戦略、企業統治、国際経営

京都大学は自然科学分野でのノーベル賞受賞者10人を誇る、基礎研究に強い大学として知られる。一方で社会に開かれた学びも重視し、近年は経済や経営など社会科学の研究者の活躍も顕著だ。トルコから約20年前に来日し、40歳の最年少で京大教授となったアスリ・チョルパン教授もその一人だ。

「まわりの人の噂話や流言ばかりを気にするのは『小さな人』。そうではなく、世の中の問題をどう解決したら良いかや、人はどう生きるべきかといった大きい問題について考える『大きな人』をめざしなさい」。そう尊敬する父親に言われて育ったチョルパン教授は、世界各国の「ビジネスグループ」を研究テーマとしてきた。ビジネスグループとは、例えば本体は自動車メーカーでありながら、化粧品や金融、食品などさまざまな業種の独立子会社をもつ巨大な企業組織のことを指す。日本でいえば、第二次世界大戦後にGHQにより解体された三井や三菱などの財閥企業がそれにあたる。

「韓国のサムスンやインドのタタなど、ビジネスグループは現在も世界各国で見られます。新興経済国のビジネスグループは血縁関係や政府との癒着が強く、外部のマーケットの力が働きにくいことから、経営学では国の発展にともない縮小していくと考えられてきました。しかし実際には、現在の欧米先進国でも形を変えたビジネスグループが力をもち、世界経済に大きな影響を与えています」

チョルパン教授の研究をまとめた書籍はハーバードビジネススクールに高く評価され、1年間同大学に留学して客員教授を務めた。「京大には研究者の自由な研究を支援する体制が整っており、京大に籍を置きながら憧れのハーバードでも学べました」。アジアや中東地域などでビジネスを展開したい日本企業から相談を受けることも少なくない。2015年には京都大学の教員で初めて上場企業の社外取締役に就任。近年は3社の日本企業の社外役員として経営についてアドバイスする。

勉強好きが来日につながった

尊敬する経営学の巨匠、アルフレッド・チャンドラー氏の著書(右)と、チョルパン教授の著書

「幼い頃から勉強が大好きで、なかでも数学や科学、物理学が得意でした。ロジカルに物事を考えるのが好きだったんです」

そんなチョルパン教授が大学で学んだのは理系の繊維工学だった。最初に来日したのは19歳のとき。自動編機のメーカーで和歌山に本社がある島精機製作所でインターンを経験した。

「電車がきっちり時間どおりに運行し、人々が社会のルールを守って暮らす日本社会は、完璧主義の私にとってすごく居心地の良い場所でした」

その後も英・リーズ大学の修士課程で工学の勉強を続けていたが、「もっと新しい分野を学んでみたい」と考えていたときに経営学に出合った。トルコの大きな銀行で役員をしていた父の影響で以前から企業経営に関心があり、すぐに経営学の虜になった。好きになった日本で勉強することを決意し、奨学金を得て京都工芸繊維大学の博士課程に進学。並行して京大の特別研究員になり、経営戦略の博士論文を書いた。

京大に籍を置いてからはビジネスグループの研究を続けながら、学生たちに現実の企業のケーススタディを指導する。

「取り上げるのはアップルやサムスングループ、グーグルの親会社であるアルファベットなど、学生もよく知るグローバル企業が中心です。学部生対象の授業はすべて英語で講義し、学生も英語で議論をします。将来グローバルに活躍したいと考える学生が、私の授業をとってくれています」

大きな目標があれば人生は拓(ひら)けていく

そんな学生たちにチョルパン教授は「大きな目標をもちなさい」と常に伝えているという。教授自身、父の教えで大きな目標をもつことで、人生を切り拓いてきたからだ。

「京大の学生たちは優秀ですが、人生の失敗経験が少ないだけにみんな就職をすごく心配します。しかし最初の就職先に失敗しても、腐らずに別の道にチャレンジすればいい。いい会社は世界中にたくさんあるし、留学してMBAを取ってもいいでしょう。人生で長い時間を費やす、愛せる仕事を見つけ出すことが大切です」

チョルパン教授のいまの目標は「自分の研究だけでなく、大学のあり方を考えたり、社会に影響を与えられる研究者になること」。これからも「大きな人」をめざし続ける。

From Students

1 学びを見つめる日々 人と違うことを恐れず友人と価値観をぶつけ合う

法学部4年
大沼 日向子 さん

両親も兄も獣医ですが、人と違う人生を歩みたくて法学部を選びました。京大は、「変わり者」と言われるのが好きな自分にぴったりだと思っていました。入学後は公認会計士の資格を取得するために勉強し、3年時に合格して監査法人でアルバイトをしています。個性的な教授が多く、入学直後に「授業を聞きに来る奴はロクでもない」と言われ驚きました。それは、机に座るより自分で勉強して自分で興味をもてというメッセージ。学ぶとはなにかを考えさせられる大学です。友人たちは人と違うことを恐れず、自分の意見にも理屈があります。私も、考えを掘り下げ、伝えたいことの本質を言葉にできるようになりました。価値観をぶつけ合い、視野を広げ、自分が成長していると感じます。

2 薬の効き方を学び副作用の少ない精神疾患の薬を開発したい

薬学部2年
荻堂 亮甫 さん

精神疾患の治療薬を開発したくて、薬学部を選びました。高校時代から薬がどう効くかという薬理学が専門の金子周司教授の研究に強く関心をもっていたので、特色入試の面接でその思いを具体的に伝えて合格しました。「早期専門研究体験」という京大薬学部の科目を受講し、2年生ですが研究室に出入りしています。薬剤師の免許も取得して知識を身につけ、将来は副作用の少ない薬を開発したいです。京大の自由な雰囲気に惹かれていましたが、いざ入学すると、自由だけれど放任ではなく教授のサポートがあって安心して学べます。また、周りの学生は、一見普通に見えるのによく話すとおもしろかったり、なにか一つが特別優れていたり、という人が多く、毎日刺激を受けています。

President's Message
学長メッセージ

情報化できない知を学び世界に貢献してほしい

山極 壽一 総長

グローバル化にともない、世界中の優秀な学生が国境を越えて大学を選ぶ時代となりつつある。その風潮に対し京都大学の山極総長は「どの大学に行けば将来の自己利益を最大化できるか、という考え方は本来の大学の存在理由からすると問題がある。大学とは社会や市民全体、広く世界のためにある『公共財』だからです」と語る。山中伸弥教授が発見したiPS細胞や、本庶佑特別教授のがん免疫療法など近年ノーベル賞に輝いた研究も、人類全体への貢献をめざす「公共精神」から生まれた。

「京大は『京大オリジナル』という会社をつくり学内ベンチャーを支援していますが、起業の成功にも公共精神は欠かせません。京都大学をめざす高校生の皆さんには、公共のために学ぶという姿勢をもってほしい」

あらゆる情報がインターネットで瞬時に得られるいま、大学に通う意味とはなにか。山極総長は「情報化できない知識や体験を得るため」だと考える。

「経済合理主義のなかで人間そのものが『情報』として扱われ、個々の『顔』が失われつつあるからこそ、生身の身体を教室やフィールドに置き、他者や自然とぶつかることでしか得られない学びを体験してほしい」。そのための機会として京大では、学生が独自の研究テーマで世界を舞台に武者修行するための奨学金「おもろチャレンジ」や、高校生への「出前授業」を用意する。

AIや生命科学が急速に発達する現在、人類は新たな倫理や社会のルールを構築する必要が出てきている。「そんな時代だからこそ、世界をどう解釈し、人間はどう生きるべきかを考える哲学が重要となる」と山極総長。

「西田幾多郎先生からの哲学の伝統をもつ京大は、自然科学とともに人文社会科学でも日本をリードしながら『地球社会の調和ある共存』を探っていきます。好奇心旺盛で活力に溢れた学生に、ぜひ京大の門を叩いてほしいです」

過去の掲載大学

プロフェッサー・ビジット
参加高校募集中

特集記事