[PR]

 政府は9日の閣議で、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題をめぐり、同学園理事で内閣官房参与に就いていた木曽功氏が昨年4~9月、当時の前川喜平・文部科学事務次官と面会し、獣医学部新設について話した事実は「確認できない」とする政府答弁書を決定した。木曽、前川両氏はいずれも朝日新聞の取材に面会と会話の事実を認めていた。

 民進党の宮崎岳志衆院議員の質問主意書に答えた。木曽氏はこれまで朝日新聞の取材に対し、前川氏と面会し、獣医学部新設について話したと説明。前川氏は、木曽氏が昨年8月に事務次官室を訪れた際、「獣医学部の件でよろしくと言われた」と証言していた。

 一方、獣医学部新設の判断に関わる3人の閣僚と学園の加計孝太郎理事長らとの面会について、国会での大臣の答弁内容をなぞる答弁書も決定した。

 特区を担当する山本幸三地方創生相は昨年9月と今年2月、山本有二農林水産相は昨年8月と今年2月、それぞれ加計氏と大臣室で面会し、獣医学部新設が話題になった。松野博一文部科学相は昨年9月に加計氏と大臣室で面会したが、獣医学部新設に関する話はしなかった、とした。

 山本地方創生相と山本農水相は面会時点で加計氏が安倍晋三首相の友人だと承知しており、松野文科相は承知していなかったという。