広告特集 企画・制作 
朝日新聞社メディアビジネス局

朝日 音楽大学・音楽学部体験フェア2019
  • 体験フェア:国立音楽大学の様子1
  • 体験フェア:国立音楽大学の様子2
  • 体験フェア:国立音楽大学の様子3

国立音楽大学

一人ひとりを伸ばし、
個性を融合させる
「アンサンブルのくにたち」

 フルート専修の1年生によるカルテット、声楽専修の学生による二重唱を披露した国立音楽大学。個々の高い技量を存分に生かしながらもそれらを見事に融合させた、“アンサンブルのくにたち”の名にふさわしいパフォーマンスに、会場からは大きな拍手が送られた。
 「入学後はまず徹底して基礎を学び、一人ひとりの実力を確実に伸ばします。同時に、豊富なアンサンブル教育を通して、音によるコミュニケーションの力も育んでいきます」と演奏・創作学科長の黒田博教授。
 演奏家のほか、音楽教員や音楽療法士、ジャーナリズム、音楽学の研究など、多様な音楽文化を支える人材の養成も行っている。「音楽を学ぶとは、自己表現の手段を身につけるということ。音楽関連はもちろん、それ以外の職業に就いても、自分を表現する力は今後の人生で必ず大きな武器になると思います」
 また、玉川上水に位置するキャンパスについて「実に自然豊かでのどかな環境です。時にはタヌキの親子連れに遭遇することも」とニッコリ。「そんなのんびりした環境で、皆さんも音楽をじっくり学んでみませんか?」。あたたかな校風が伝わるプレゼンテーションとなった。

SHARE

facebookでシェア
twitterでシェア

SHARE

facebookでシェア
twitterでシェア
TOP