広告特集 企画・制作 
朝日新聞社メディアビジネス局

朝日 音楽大学・音楽学部体験フェア2019
  • 体験フェア:武蔵野音楽大学の様子1
  • 体験フェア:武蔵野音楽大学の様子2
  • 体験フェア:武蔵野音楽大学の様子3

武蔵野音楽大学

音楽を学ぶための
理想的な環境
「音楽の街」
江古田キャンパス

 今年、創立90周年を迎えた武蔵野音楽大学。2年前には練馬区の江古田キャンパスを一新。優れた音響効果を誇る3つのコンサートホールに3つのリハーサルホール、朝6:30から利用できる120もの練習室など、音楽を学び深めるのにふさわしい学修環境が美しい映像とともに紹介された。
 主にクラシック音楽の演奏・解釈を学ぶ「演奏学科」では、日々の実技レッスンに加え、舞台経験も重視している。「定期演奏会のほか、演奏旅行も行っています。昨年12月には、日本の吹奏楽団を代表して、本学のウィンドアンサンブルが第72回ミッドウェスト・クリニック(米国・シカゴ)に出演。世界中の観客から、熱狂的な拍手とスタンディングオベーションを受けることができました」
 作曲・音楽学・音楽教育・アートマネジメントの4コースからなる「音楽総合学科」では、今後の音楽界を支えリードしていく人材の育成を目指す。「卒業後は、作曲家、音楽評論家やライブラリアン、音楽教員、コンサートの企画制作、ホールの管理運営など、多方面での活躍が期待できます」とのこと。
 「理想的な学びの環境を確かめに、オープンキャンパスなどにぜひ気軽にお越しください」と呼びかけ、プレゼンテーションを締めくくった。

SHARE

facebookでシェア
twitterでシェア

SHARE

facebookでシェア
twitterでシェア
TOP