広告特集 企画・制作 朝日新聞社メディアビジネス局

TOKYO SAKE PROJECT Tokyo Tokyo

「桑都」の地酒を守り続ける

小澤酒造場

日本酒といえば自然豊かな田舎で造られるイメージですが、実は東京にも酒蔵が。そんな「東京の日本酒」のこだわりを探るべく、9つの蔵や卸売店を回りました。今回訪れたのは、「桑乃都」を造っている有限会社小澤酒造場さんです。

photo by Yoshihiro Shimizu

東京都八王子市。戦国時代、この地を治めていたのは、小田原に本拠を持ち、関東に強大な勢力をふるっていた北条氏だった。北条氏3代目当主・北条氏康の三男、氏照が八王子城を築城。このころから街並みが発展していった。やがて江戸時代を迎え、甲州街道の宿場町として栄えていった。

この八王子で1926(大正15)年に創業したのが、小澤酒造場だ。社長の小澤元巳さんはこう語る。

「八王子は東京大空襲で焼け野原になってしまった。先代の父は、バラックから再び酒造りに挑みました」

小澤酒造場の小澤元巳社長

その蔵の名からうかがえるように、青梅市にある小澤酒造とは親戚筋。小澤さんは、1958年に自分の蔵に入り、2代目社長として蔵を切り盛りした。

蔵を代表する銘柄は「桑乃都」。八王子は古くから養蚕や織物の産地として知られ、蚕のエサとなる桑畑が広がっていた。八王子城を築城した北条氏照も、「蚕かう桑の都の青あらし 市のかりやに騒ぐもろ人」と歌を残している。

「八王子の地酒であることから、この地の愛称である『桑乃都』と命名したのです」(小澤さん)

自分たちの手で再び酒造りを
未来へとつなぐ希望

30年ほど前には、地元産の米を使った純米酒「八王子城」も手がけた。しかし、交通の便のいい八王子はベッドタウンとして急速に都市化が進んでいった。小澤酒造場では地下水を汲み上げて仕込み水として使っていたが、その水質は都市化とともに劣化。色々と手を尽くしたが難しく、折しも日本酒の需要は落ち込む一方。小澤さんは自蔵での酒造りを諦めるという苦渋の決断を下す。

小澤酒造場

それでも「桑乃都」を残すため、深い縁のある小澤酒造に一部委託することに。どのような方向性の酒を造ってもらうか、先方に頼んで醸造してもらう。蔵のあった敷地の大部分は売却し、事務所兼店舗が残るのみだ。ここでラベルを手で貼ったり、お祝いの席の鏡開きなどに使う樽酒の菰(こも)巻きをしたりして出荷している。

1本ずつ丁寧にラベルを貼る
樽酒の菰(こも)巻き
photo by Yoshihiro Shimizu

酒造りを託してから15年余り。営業などを担当する次女が「もう一度、自分たちの手で酒を醸(かも)したい」と、復活への望みを口にしている。「なかなか難しいよ」と言う小澤さんだが、言葉とは裏腹に少しうれしそうな表情ものぞかせる。そして、ポツリポツリと語り始めた。

「麹の歩合を多くすると、よく発酵はするが、ボテッとしたやぼったい味になる。麹をちょうどいい塩梅にすれば、味わいはしっかりしながらスッキリとさわやかな後口に。そういう酒が理想だし、そういう酒を造りたいね」

「桑乃都」
photo by Yoshihiro Shimizu

小澤さんの話を聞きながら、「桑乃都」の吟醸をいただく。最初は辛口の印象ながら、味わい深く、バランスがいい。個性を売りにしようとする日本酒が増えている中で、古き良き「1本芯の通った酒」だ。

小澤さんが再び挑戦する酒なのか、次世代の娘さんが手掛けようとする酒なのか――。「桑乃都」が踏み出す未来への一歩に静かに期待しながら、盃を傾けよう。

(文:中津海麻子)

八王子芸者 八王子では、繊維業とともに芸者文化が栄えました。芸者を抱える置屋がいまでも数軒あります。
高尾山 新宿駅から電車で50分ほどの場所にありながら、登山が楽しめる自然スポット。春と秋には、599メートルの山頂目指し、多くのハイキング客でにぎわいます。
© (公財)東京観光財団
有限会社小澤酒造場

JR中央線西八王子駅から徒歩12分(旧甲州街道沿い)
〒192-0055 東京都八王子市八木町2-15
TEL 042-624-1201
蔵見学/不可

桑乃都

SHARE

facebookでシェア
twitterでシェア
PAGETOP