広告特集 企画・制作 朝日新聞社メディアビジネス局

TOKYO SAKE PROJECT Tokyo Tokyo

酒は縁を醸す 
酒蔵を人々が集う場に

豊島屋酒造

日本酒といえば自然豊かな田舎で造られるイメージですが、実は東京にも酒蔵が。そんな「東京の日本酒」のこだわりを探るべく、9つの蔵や卸売店を回りました。今回訪れたのは、「金婚」などの銘柄を造っている豊島屋酒造株式会社さんです。

素晴らしい出会いは、新しい道を開く。東村山市の豊島屋酒造の蔵元に生まれ、現在は営業部長を務める田中孝治さんの話に、そう感じずにはいられない。

豊島屋酒造の歴史は江戸開幕前の神田鎌倉河岸から始まる。ここで豊島屋十右衛門という酒屋を営む男が、店の一角で一杯飲み屋を始め、大いににぎわった。これが「角打ち」の起源ともされ、その後、十右衛門は酒造りも手がけた。そして1935(昭和10)年、酒屋と醸造元を分ける形で豊島屋酒造が設立された。創業以来続く銘柄は「金婚」。東京の地酒として、地元をはじめ都内に流通してきた酒だ。

豊島屋酒造の敷地にあるタンク

「東京の酒を発信したい」
熱き思いが山を動かす

跡を継ぐつもりがなく別の仕事についていた田中さんだったが、祖父の体調が思わしくなくなり家業に戻ることに。「酒造りどころか、日本酒の味もよくわかっていませんでした」。父の勧めで、広島県にある酒類総合研究所で3カ月の研修を受ける。ちんぷんかんぷんだった田中さんに、同室だった宮城県で「日高見」を造る「平孝酒造」の平井孝宏さんが講義の内容をかみ砕くように教えてくれたという。

東京に戻り、いつもの仲間との飲み会で愛知県の酒「醸し人九平次」を口にし、衝撃を受ける。「うちの蔵でもこんな酒を造ってみたい。そう考えるようになりました」。すぐに杜氏(とうじ)に掛け合うが、簡単に受け入れてはもらえなかった。田中さんは、石巻まで平井さんを訪ね「現状を打破して前に進みたい」と相談。さまざまなアドバイスをしてくれた上で、ある店を訪ねるように言われる。東京・聖蹟桜ケ丘にある小山商店。地酒の扱いでは全国屈指の酒屋だ。

石巻からその足で向かったため、蔵の酒も持たずいきなりの飛び込み営業。幸運なことに社長に会うことができ、田中さんは勇気を振り絞ってこう訴えた。

「東京から全国に向けて発信する酒を造りたい。うまくできたら売ってほしい」

最初は戸惑っていた小山さんだったが、熱心に聞いてくれた。そこに平井さんから連絡が入ったことで、「その泥舟、乗ろうじゃないか」と背中を押してくれた。

扱ってくれる酒屋が見つかったことを告げると、杜氏も「やろう!」と賛同してくれた。「それまでの酒造りの経験と知見は生かしながらも、コンセプトも仕込みもまったくゼロから構築して挑みました。新しい酒は、僕ら営業と製造部が一緒に造る『作品』なんだという思いでした」。こだわったのは「生まれたままの味をそのまま味わえる酒」。手間暇かけて仕込んだ酒は、濾過(ろか)せず加水もせず、もろみを搾ったらそのまま瓶詰めする。

出来上がった渾身の酒を飲んだ小山社長は、ひとこと「粗削りだな。でも、光るものはある」。初めてとしては及第点として全てを引き受けてくれた。そして売るにあたり名前をつけることに。当初、創業当時からある銘柄「金婚」でと思ったが、小山さんが首を縦に振らなかった。「良くも悪くも昔からある『金婚』のイメージに引きずられる。なぜこの酒を世に出したいと思ったのか。それを新しいブランドに込めなければダメだ」

考え抜いた田中さんがつけたブランド名、それが「屋守(おくのかみ)」だ。この蔵を守り、この酒を大切にしてくれる人やお店の繁栄を守りたい――。その思いを託した。信頼が置ける特約店のみで販売。利益は売ってくれる店にと蔵元でも販売しない。年々評価が上がり、今では蔵の顔とも言える看板商品に育っている。

「屋守」

蔵見学、角打ち、イベント
蔵を「縁をつなぐ場」に

酒は縁を醸す。そのことを痛感した田中さんは、酒が生まれる酒蔵を縁をつなぐ場所にしたいと、積極的に開放することに。7年前、「夜の酒蔵見学」をスタート。仕込み蔵などを見学した上で、最後に試飲を楽しめる。定員15名のところ、毎回その5倍もの申し込みが殺到するほどの人気イベントに。さらに、十右衛門のエピソードにあやかり、週末には「角打ち」をオープン。「おかみさんやパートさん、ときには杜氏が酒の肴(さかな)を振る舞い、蔵の酒を楽しんでいただいています」と田中さん。

今や年間30余りものイベントを行うほどに。毎年11月には最大の「豊島屋フェスタ」を開催。倉庫ではDJが音楽を流しクラブイベントに、加工場ではシネマを流し、野外ステージではさまざまなパフォーマンスを上演。地元の飲食店がブースを出し、なんと1500人もの人が蔵を訪れ日がな一日楽しんでいるという。酒が目当てでなくても蔵に足を運び、初めて日本酒の魅力に触れる人もいる。「私たちの思いを飲み手の方々に直接届ける場になれば」と田中さん。そして、こう続ける。

豊島屋フェスタにて倉庫で行われたクラブイベントの様子

「だからこそ、酒の味、品質には徹底的にこだわらなければならない。ますます努力を重ね、磨き続けていきます」

(文:中津海麻子)

北山公園 西武新宿線「東村山駅」から徒歩約20分で到着。新東京百景に選ばれた北山公園菖蒲苑には、毎年6月上旬から中旬にかけて約10万本の花菖蒲が開花します。敷地一面に咲く花菖蒲をぜひお楽しみください。
Distant Shores Brewing(ディスタント ショアーズ ブルーイング) Distant Shores Brewing では、元システムエンジニアの芦川マイケルさんが独自で開発した温度管理システムを導入しビールを醸造しています。毎週日曜日にテイスティングルームを開放しており、クラフトビールが楽しめます。

営業時間:日曜日(13:00~18:00)
https://distantshoresbrewing.com/
豊島屋酒造株式会社

西武新宿線東村山駅から徒歩15分
〒189-0003 東京都東村山市久米川町3-14-10
TEL 042-391-0601
蔵見学/可・要予約 1日2回(10:00、14:00)
見学定休日/土・日・祝

金婚

SHARE

facebookでシェア
twitterでシェア
PAGETOP