「新幹線はあって当たり前」 促進団体が高校生に講演

福家司
[PR]

 四国4県や経済団体などでつくる四国新幹線整備促進期成会の代表事務局を務める石原俊輔さんが15日、香川県立高松高で講演し、四国の地域振興にとって新幹線は必要で、実現可能だと強調した。

 石原さんは科目「総合的な探究の時間」で2年生74人を前に講演した。高松市と人口、経済規模が似ている金沢市では2015年に北陸新幹線が開通した後、観光客が激増したことを紹介し、「高松は完全に金沢に負けている」と指摘。

 「四国新幹線が完成すれば、高松から東京へ約2時間半で行けるようになる。新幹線はあって当たり前のインフラで、ぜいたくなものではない」と訴えた。

 一方、講演を聴いた森多聞さん(16)は「便利になるとは思うが、本当に期成会の試算通りに便益が費用を上回るのか」と疑問を呈した。鎌田幸村さん(16)も「地域活性化につながるのなら、できればいいと思った。ただ四国は島で、本州の金沢とは地理的条件が異なるのではないか」と指摘していた。(福家司)