当社は「ともに考え、ともにつくるメディアへ」を掲げ、2015年4月にパブリックエディター(Public Editor PE)制度を新設しました。“読者と新聞をつなぐ役目”として社外の多様な声に耳を傾け、朝日新聞の報道内容を点検し、ほぼ毎週開いている会議で編集部門に意見や要望を伝えています。
 2016年春には、特定のテーマを設けてPEと本社側が議論する「あすへの報道審議会」を発足させました。年に3回程度開き、本紙とこのページ、朝日新聞デジタルで報告しています。
 また、PEは交代でコラム「パブリックエディターから」を執筆し、原則として毎月掲載しています。



パブリックエディター プロフィール

高村薫
たかむら・かおる
作家。1953年生まれ。
「マークスの山」で直木賞、「太陽を曳く馬」で読売文学賞、「土の記」で野間文芸賞、大佛次郎賞を受賞
山本龍彦
やまもと・たつひこ
慶応大法科大学院教授。1976年生まれ。
専門は憲法学、情報法。
著書に「おそろしいビッグデータ」、「遺伝情報の法理論」
小松理虔
こまつ・りけん
地域活動家。1979年生まれ。
テレビ局記者を経て、地元福島を中心に地域づくりの活動。
著書「新復興論」で大佛次郎論壇賞
小沢香
おざわ・かおり
社員。1966年生まれ。89年朝日新聞社入社。生活部、地域報道部記者、千葉総局デスクなどを経て、「声」編集長、フォーラム編集長を経験