メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

サバイバル

関連キーワード

  • 野津町一家6人殺傷事件(2010年08月14日 朝刊)

    2000年8月14日未明、大分県旧野津町(現臼杵市)の15歳少年が近くの農業男性(65)方に侵入。離れ、母屋と移動しながら就寝中の6人をサバイバルナイフで執と刺した。男性の妻(66)、長女(41)、長女の長男(13)が死亡。男性と、長女の長女(16)、次男(11)が大けがを負った(年齢はいずれも当時)。刑事処分の可能年齢を16歳から14歳に引き下げた改正少年法成立(00年11月)前の事件で、15歳だった元少年は大分家裁の審判に付された。「重症の行為障害の状態」とした精神鑑定などを理由に、大分家裁は少年を医療少年院へ送致した。動機については「被害者の家などで繰り返していた下着盗が発覚するのを恐れ、口封じのために一家全員の殺害を思いついた」と認定したが、審判の内容は明らかにされなかった。

  • 洲本5人殺害事件(2017年02月22日 朝刊)

    起訴状によると、平野被告は2015年3月9日の未明から明け方にかけ、洲本市中川原町中川原で自宅近くの民家2軒を襲撃。当時50〜80代の男女5人を襲い、それぞれサバイバルナイフで多数回突き刺して殺害したとされる。現場近くで現行犯逮捕された。平野被告には精神障害による措置入院歴があり、神戸地検は精神鑑定を実施。刑事責任能力があったと判断して起訴した。

最新ニュース

写真・図版

(けいざい+)販売店サバイバル:下 まちの電器店だからこそ(2018/11/17)

 青い看板が掲げられた店の入り口に、「ナショナル坊や」が置かれている。 神戸市にあるパナソニックショップ「シヨーデン」の店主は、パナソニックの元社員、森野芳彰(53)だ。7坪ほどの店の棚には、「共存共…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】磨き残しをアプリで可視化する

    スマホ連動型スマート歯ブラシ

  • 写真

    【&TRAVEL】叡山電車でめぐる京の紅葉

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】ハリケーンランプの若き職人

    資料が残されていないピンチ

  • 写真

    【&w】安藤和津さんに聞く

    プラチナへの思い〈PR〉

  • 写真

    好書好日チャグムも食べた鳥飯弁当

    「精霊の守り人」の料理を作る

  • 写真

    WEBRONZAマインドフルネスってなに?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンデルタで上質なフライトを

    上空のぜいたくを堪能する旅

  • 写真

    T JAPAN復活した「フォアグラ」の魅力

    ギィ・マルタンシェフが語る

  • 写真

    GLOBE+静かに白人が動いた

    中間選挙に見えた変化の芽

  • 写真

    sippo猫の性格は毛柄で決まる?

    大学でまじめに調査

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ