お笑い芸人もハマる ブラインドサッカーは要コミュ能力

有料会員記事

聞き手・神田大介
[PR]

朝日新聞ポッドキャスト 次長課長・河本さんがブラサカを語る①

 パラリンピック競技のブラインドサッカーの国際大会「Santen IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2021 in 品川」が30日、東京で開幕します。日本、タイ、スペインフランスアルゼンチンの5カ国が出場し、6月5日までの間、熱い戦いを繰り広げます。コロナ禍で無観客試合となりますが、全試合がユーチューブで配信されます。大会を前に、日本ブラインドサッカー協会普及部の小島雄登さんと、ブラインドサッカーにハマったお笑い芸人・次長課長河本準一さんに競技の魅力についてお話を聞きました。(この番組は2021年5月18日に収録しました)

Apple PodcastやSpotifyなどで配信しています。音声プレーヤーの右上にある「i」の右上にあるボタン(購読)でリンクが表示されます。

目の見えるキーパーと見えない選手が連係

Q:ブラインドサッカーについてご紹介ください。

小島:パラリンピックの種目で「視覚障害者5人制サッカー」という名前が正式名称です。視覚障害の方向けに行われるサッカースポーツです。日本国内では健常の方もアイマスクをしてプレーすることができ、視覚障害の方と健常の方が一緒にプレーができます。

 5人制サッカーのフットサルがもとで、横20メートル、縦40メートルのピッチの中でやっています。サイドライン、サッカーでいうスローインを投げる横のライン上に、腰ぐらいの高さの壁がずっと置いてあり、ボールや人が外へ出てい行かないような工夫がされています。

 目が見えない方はボールを目で見ることができないので、ボールの中に音の鳴る玉のようなものが入っていて、その音を聞いて選手たちはボールの位置を把握します。ゴールの場所も分からないので、ゴールの後ろ側に「ガイド」という「ゴール、こっちですよ!」と声をかけてくれる方がいます。ゴールキーパーは目の見える方が行い、目の見える方と目の見えない方が協力して行うサッカーです。

Q:河本さんがブラインドサッカーに興味を持たれたきっかけは。

河本:2018年にパラ駅伝というイベントに参加させていただきました。聴覚障害の方が走る時は拍手が聞こえないので、応援の際、両手を目の前にかざしてキラキラとお星さまみたいな感じですることを教えてもらい、「新しい言葉があるんだ」と感じ、そこから手話の勉強もしました。その流れでパラリンピックのスポーツにはどんなものがあるのか興味を持ち、ブラインドサッカーに衝撃を受けました。

「あれ」じゃ分からない 夫婦や企業でも同じ

 最初は「できるだろう」と思ってしまったんですよね。自身もサッカーをやっていたので。ピッチの中に入ったら、恐怖以外の何ものでもない。今まで僕がどれだけ目の情報だけで生きてきたのかというのがよく分かりました。怖くて動けない。「どうやったら、ブラインドサッカーが上手になるんだろうか」と選手の方々に相談しました。

 ブラインドサッカーはコミュニケーションが非常に重要で、「ガイド」がゴールの場所を教えてくれるんですが、自分から見て右でも選手から見た左になる。見るのが遮断され、自分の言葉で伝えなきゃいけない。いらない情報を削り、わずか1、2秒で的確に言うことが非常に難しい。

 ボールが止まったら鈴の音が止まるので、ボールの鈴が鳴る状態の時に早く進まないと、ボールがどこにあるか全く分かります。音が鳴っている間にいか早く、その場所にボールがあるよという情報を伝えなきゃいけないというゲームをやりましたが、これがすごく難しい。

 夫婦でもよくあるんですが…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。