慢性腎臓病(CKD)セミナー

<< トップページへ

第1部 講演 1

尿検査と血液検査を受けて早期発見を! 安藤 亮一 先生 ( 武蔵野赤十字病院 副院長/腎臓内科部長 )

「慢性腎臓病(CKD)を良く知って、腎臓を守りましょう」

 腎臓は尿をつくっています。それ以外にも、血圧や赤血球の量を調節する、体を弱アルカリ性に保つ、骨の健康を維持するといった働きがあり、腎臓が悪くなると、体内の老廃物や余分な水分が除去できず、むくみや心不全、また高血圧、貧血、骨粗しょう症などが起こります。
 腎臓は50%以上の機能が失われても症状が表れないことから、CKDの早期発見のためには尿検査(検尿)と血液検査が必要です。尿検査では尿蛋白や尿潜血など、血液検査ではクレアチニンが調べられます。腎臓機能が低下すると血中クレアチニン濃度が若干高くなります。
 腎臓機能の指標となる糸球体ろ過量(GFR)は糸球体で1分間にろ過される量のことで、90㎖/分/1・73㎡以上が 正常です。一般にはクレアチニン値と年齢、性別から算出される推算腎糸球体ろ過量(eGFR)が使われます。
 CKDは尿の異常(たん白尿や尿)などの腎障害、もしくは糸球体ろ過量(GFR)が60㎖/分/1・73㎡未満のいずれかが3ヶ月以上持続する場合をいいます。CKDを放置しておくと、透析になるだけでなく、脳卒中や心筋梗塞の発症率も高くなることが知られています。

CKDの危険因子は心臓病・脳卒中の危険因子と重なる

 CKDの原因には高血圧、糖尿病、メタボリック症候群などがあり、これらは心臓病・脳卒中の危険因子とも重なります(図参照)。透析導入の原疾患は、1位糖尿病性腎症、2位慢性糸球体腎炎、3位腎硬化症、4位多発性嚢胞腎です。(2018年)
 CKDの治療には、糖尿病や高血圧など元の病気の治療、生活習慣の改善、食事療法、薬物療法、腎不全による貧 血などの症状に対する治療があります。糖尿病の方はCKDのリスクが高いので、血糖、血圧の管理をしっかりしましょう。慢性糸球体腎炎、腎硬化症、多発性嚢胞腎は早めに見つかれば治療可能です。
 CKDが進行して末期腎不全になると、腎代替療法(透析や腎移植)が必要になります。治療法は複数ありますので、自分に合った治療を選択するために、シェアード・ディシジョン・メイキング(SDM・協働意思決定)※をぜひ行ってください。
※腎臓病SDM 推進協議会ホームページ:https://www.ckdsdm.jp/patient/patient.html

過去のCKDセミナーの模様はこちらからご覧になれます。
  • 2013年 CKDセミナー in 東京
  • 2014年 CKDセミナー in 東京
  • 2014年 CKDセミナー in 名古屋
  • 2015年 CKDセミナー in 和歌山
  • 2015年 CKDセミナー in 東京
  • 2016年 CKDセミナー in 東京
  • 2017年 CKDセミナー in 東京
  • 2017年 CKDセミナー in 大阪
  • 2018年 CKDセミナー in 東京
  • 2019年 CKDセミナー in 神戸
  • 2019年 CKDセミナー in 東京