慢性腎臓病(CKD)セミナー

<< トップページへ

第2部 パネルディスカッション

CKD対策のポイントは? パネリスト 安藤 亮一 先生、安藤 和子 先生 コーディネーター 西沢 邦浩 氏 ( 日経BP日経BP総研
                            メディカル・ヘルスラボ客員研究員 )

お酒は適量、禁煙は厳守 適度な運動はお勧め

西沢 会場の皆さんから食事に関する質問が多く寄せられました。お酒はどの程度まで飲んでよいですか。またタバコはどうですか。
安藤 アルコール自体は腎臓に悪くはないのですが、適量は日本酒では1合以下、アルコールに弱いとされる女性はもう少し少なめが目安です。タバコは吸う本数が増えるほどCKDのリスクが高くなりますし、心血管病のリスクにもなりますからぜひ禁煙してください。
西沢 塩分制限についても質問が多くありました。
市川 最初に味の濃いものを食べず、味の濃いものは最後に少し食べるのが減塩のコツです。最近はパックの出汁が人気ですが、塩が入っているものがあります。食塩無添加の出汁やコンソメもあります。まず成分を見ることを心がけてください。
西沢 水分摂取についてはいかがでしょう。
安藤 腎臓にとって水分は非常に重要です。脱水になると腎臓機能が低下しますから、むくみがないようなら水分は十分にとってください。ただし、むくんでいる場合や心臓が悪くて心不全になりやすい方は水分制限が必要です。水分の取り方は患者さんの状態によって違いますから、主治医の先生に相談してください。
西沢 腎臓が悪いとなぜカリウムに気をつけないといけないのですか。
市川 カリウムが怖いのは、体内にたまると心臓突然死を起こすことがあるからです。腎臓が悪い方は果物を一度にたくさん食べたり、100%果汁ジュースを多量に飲んだりするとカリウムがたまってしまうので、注意が必要です。

西沢 糖尿病の治療では主にカロリー制限食が推奨されるのに、糖尿病性腎症になると蛋白質の制限が必要といわれる。その切り替えに戸惑う患者さんもいるようですが。
安藤 糖尿病の方がどこから腎臓病の治療に切り替えるかの判断は難しいのですが、GFRが 60 〜 45 以下になるとむしろ血糖コントロールはよくなるので、腎臓病の治療が主体になります。その辺で切り替わると考えればよいでしょう。
西沢 腎臓病の予防には運動も重要とのことですが、どんな運動をどの程度すればよいですか。
安藤 昔は腎臓が悪いときは運動してはいけないといわれていました。運動をすると一時的に腎臓機能が低下しますが、その後休めば戻ります。最近はフレイルやサルコペニア予防にも、腎臓機能を守るためにも運動が勧められています。お勧めはウォーキングなど、30分以上の軽い有酸素運動です。
西沢 疾病予防の原則は早期発見です。日常生活ではどのような症状に気をつければよいですか。
安藤 尿の泡立ちは腎臓病の1つのサインです。ほかの原因で尿が泡立つこともあるので必ずしも腎臓の異常につながりませんが、検査を受けるきっかけにはなります。ほかにも夜間尿や多尿、むくみも腎臓病のサインの1つです。こうした症状があるときはぜひ検査を受けてください。
西沢 痛み止め、サプリメントなどとの付き合い方は?
安藤 強い痛み止めほど腎臓によくないといわれています。ただし、短期間の使用はあまり影響ないと考えてよいでしょう。慢性的に長期間使うとリスクになります。
市川 最近は筋肉をつくりたいためにプロテインについて聞かれることが多いのですが、プロテインは蛋白質ですから腎臓が悪い方は注意が必要です。サプリメントは飲む前に相談してほしいとお願いしています。
西沢 本日はどうもありがとうございました。

過去のCKDセミナーの模様はこちらからご覧になれます。
  • 2013年 CKDセミナー in 東京
  • 2014年 CKDセミナー in 東京
  • 2014年 CKDセミナー in 名古屋
  • 2015年 CKDセミナー in 和歌山
  • 2015年 CKDセミナー in 東京
  • 2016年 CKDセミナー in 東京
  • 2017年 CKDセミナー in 東京
  • 2017年 CKDセミナー in 大阪
  • 2018年 CKDセミナー in 東京
  • 2019年 CKDセミナー in 神戸
  • 2019年 CKDセミナー in 東京