[PR]

 23日に迫った日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA〈ジーソミア〉)の失効を前に、米国が韓国に対し、破棄を再考するよう圧力を強めている。米政府高官や軍高官が相次いで韓国を訪問しており、15日もエスパー米国防長官がソウルで韓国の鄭景斗(チョンギョンドゥ)国防相に対し、維持するように要請した。ただ、韓国側は立場を変えていない。GSOMIAの失効は、米韓問題にも発展しつつある。(園田耕司=ワシントン、武田肇=ソウル、太田成美)

 「GSOMIAの失効と日韓の確執で利益を得るのは、中国と北朝鮮だけだ」。エスパー氏は15日、鄭氏との会談後の共同記者会見で懸念を示し、日韓両国の話し合いで問題点を克服するように求めた。

 日韓の防衛上の秘密情報を共有…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら