東芝、3社に分割を正式発表 経営失敗で「総合電機メーカー」解体へ

会員記事

村上晃一
[PR]

 経営再建中の東芝は12日、会社を主な事業ごとに三つの企業に分割し、それぞれ独立させる方針を正式に発表した。140年以上の歴史があり家電から原子力発電まで手がけた「総合電機メーカー」は事実上の解体に向かう。

 東芝はこの日公表した新しい中期経営計画に3分割案を盛り込んだ。午後4時から綱川智社長らが会見して説明した。

 計画によると、原発などの発電設備や交通システムなどを手がけるインフラサービス社とハードディスクドライブや半導体製造装置などのデバイス社を、それぞれ独立させる。2023年度後半をめどに株式の上場手続きを終えるという。

 いまの東芝は、半導体事業を分社化したキオクシアホールディングスと、電子機器東芝テックの株式を保有し存続する。

 来年1~3月に開く臨時株主総会に分割計画を提案する。いまの東芝の株主には、新たに上場する企業の株式を割り当てるという。

 主な事業ごとに分かれて効率…

この記事は会員記事です。残り459文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。