【わかる!暗号資産】ビットコインの種類

ビットコイン、イーサリアム…暗号資産ってどんなものがあるの?

編集者・ライター村田 智博

暗号資産、仮想通貨と言っても、ビットコイン以外にもいろんなものがあります。一節によれば、その数は世界に2000種類以上。もしかしたら、今日も世界のどこかで新たな暗号資産が誕生しているかもしれません。

ここでは、主な暗号資産をいくつか紹介します。今後の暗号資産投資の参考にしてみてください。

ビットコイン(BTC)

言わずとしれた暗号資産の代表格。ビットコイン(BTC)は、正体不明の人物(?)であるサトシ・ナカモトの論文をもとに2009年に運用が始まりました。ブロックチェーンの技術が使われており、管理が非中央集権的、記録の改ざんが非常に困難といった特徴があります。暗号資産の基軸通貨でもあります。

ビットコインを手に入れるには、暗号資産の取引所で交換するほか、マイニングの報酬として受け取る方法などもあります。マイニングとは、ブロックチェーンに新たなブロックを生成する行為です。

通常の通貨に比べて、送金の手間が少ないというのもビットコインを始めとした暗号資産の特徴。送金の手数料や送金の時間が大幅に短縮されます。

イーサリアム(ETH)

ビットコインに次いでよく知られているのがこのイーサリアム(ETH)かもしれません。厳密にいうとイーサリアムとはプラットフォームのことで、そこで利用される暗号資産はイーサ(ETH)と呼ばれています。2015年に登場しました。

イーサリアムはプラットフォームとして、非中央集権的な分散型アプリケーション(DApps<Decentralized Applications>)の開発に役立てられています。その特徴として挙げられるのが「スマート・コントラクト」という仕組み。ある一定の条件を満たせば、誰かの許可を得ずに自動的に契約内容を実行してくれるというもの。この仕組みはよく自動販売機に例えられます。自動販売機にコインを入れると商品が取り出せるようになりますが、それは「コインを入れる」という条件を満たすことで、自動的に「商品が出てくる」という契約が実行されるというものです。

イーサリアムクラシック(ETC)

2016年にイーサリアム上のサービスで起こったハッキング事件がきっかけに誕生したのがイーサリアムクラシック(ETC)です。イーサリアム(ETH)同様、スマート・コントラクトの機能を有しています。

イーサリアムとの違いは、IoT分野での開発にも力を入れているという点です。IoTとは「Internet of Things=モノのインターネット」のことで、身の回りのものがインターネットに接続される仕組みです。パソコンやスマートフォンだけでなく、家電や自動車、家具、工業機械など、あらゆるものがインターネットに接続することで、より便利になっていきます。そこにブロックチェーンの技術、スマート・コントラクトの仕組みを活用しようというのがイーサリアムクラシックの狙いですね。

リスク(LSK)

リスク(LSK)は2016年に登場した暗号資産です。イーサリアムやイーサリアム・クラシック同様、スマートコントラクトを持つ、アプリケーションプラットフォームです。

リスクの特徴は主にふたつあります。ひとつ目はサイドチェーンの存在です。ブロックチェーンの外側にもう1本のブロックチェーンがあり、それによって処理能力の向上が期待できます。もうひとつは、アプリケーションの開発言語としてJavaScriptが採用されている点。多くの開発者が使用する言語で、開発がしやすいという特徴があります。

リップル(XRP)

リップル(XRP)は米国のリップル社が運営する決済、送金システムのことであり、その中で使用される暗号資産のことです。リップルは、高速で安価な国際送金を実現することを目的に開発されました。現在では数多くの金融機関や決済業者などがリップル社と提携しています。

このシステムの大きな特徴は、リップル社という管理者がいて、かつブロックチェーンを使用していないことです。取引データは同社が認定するバリデーターと呼ばれる組織や人々の承認を得て記録されていきます。この作業はプルーフ・オブ・コンセンサス(PoC)と言います。

ネム(XEM)

ネム(XEM)は2015年に登場した新しい暗号資産です。新たな通貨のシステムをつくることを目的としています。

特徴は、取引の検証、承認作業にProof of Importance(PoI)という仕組みを導入している点です。ビットコインの場合はマイニング作業に対して報酬が支払われるProof of Work (PoW)を採用しています。これを成功させるためには、大規模な設備と電力を必要です。つまり、そういった環境を整えられる資金を持つ一部のマイナーに報酬が偏ることを意味します。

一方のProof of Importance(PoI)はネムの保有量や保有期間など、ネムのネットワークへの貢献度をスコア化し、それに応じて報酬を得ることができるようになります。報酬を得ることを「ハーヴェスト(収穫)」と呼びます。「マイニング(採掘)」とは少し意味合いが異なることが表されていますね。

ライトコイン(LTC)

ライトコイン(LTC)は、ビットコインをもとに開発された暗号資産です。ブロックチェーンの活用、ブロックを生成する際のマイニング等はビットコインと変わりませんが、いくつかの部分でビットコインの弱点を改良しています。

その主なものはブロックの生成スピードがビットコインよりも短い点。ビットコインが約10分なのに対して、ライトコインは約2.5分と約4倍のスピードです。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコイン(BTC)は利用するユーザー、取引量が増えて、取引自体に時間がかかったり、取引手数料が高くなったりするという問題がありました。それを解決するため、ビットコインキャッシュ(BCH)は2017年にビットコインのブロックチェーンから分岐して誕生しました。

その後、ビットコインキャッシュはさらにビットコインABCとビットコインSVに分岐しています。

モナコイン(MONA)

モナコイン(MONA)は2013年に日本で誕生した暗号資産です。インターネット掲示板の「2ちゃんねる」でそのアイデアが提示され、開発が進められました。

ライトコインをもとにつくられており、取引のスピードが早いのが特徴です。また、2ちゃんねる発ということもあり、コミュニティの動きが活発で、いろいろな場面でモナコインを利用する動きが出ています。実店舗や通販サイトでの買い物やクリエイターへの投げ銭、さらには神社の建立にも活用されたことがあります。

さて、ここでは9つの暗号資産を紹介しました。一口に暗号資産といっても、ちょっとした特徴の違いがあるものですね。まだまだたくさんの暗号資産が世界では取り引きされています。機会があれば、またご紹介したいと思います。

※本記事の情報、予想及び判断は仮想通貨などの投資活動を推奨し、勧誘するものではありません。過去の実績や予想・意見は将来の結果を保証するものではありません。

【識者に聞く】グッドラックスリー 井上和久さん 後編

暗号通貨をつかったゲーム「くりぷ豚レーシングフレンズ」が目指す未来

編集者・ライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
【識者に聞く】グッドラックスリー 井上和久さん 前編

スマホゲームと何が違う? 暗号資産で遊べるゲームの中身とは

編集者・ライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
【わかる!暗号資産】ビットコインの種類

ビットコイン、イーサリアム…暗号資産ってどんなものがあるの?

編集者・ライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
識者に聞く ジョナサン・アンダーウッドさんインタビュー

暗号資産を安全に管理するために大切なこと

編集者・ライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
【わかる!暗号資産③】ブロックチェーン基礎編

ブロックチェーンって何に使われているの?

編集者・ライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
暗号資産の夢

経験者が語る あの「ビットコインバブル」

編集者・ライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
【わかる!暗号資産②】

ビットコインのマイニングとは?初心者向け解説

編集者・ライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
【わかる!暗号資産①】

ブロックチェーンって何?その仕組みをシンプルに解説

編集者・ライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
識者に聞く 暗号資産の今

【後編】ビットコイン投資で気をつけるべきこと マネックス大槻さんに聞く

フリーランスライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
識者に聞く 暗号資産の今

【前編】ビットコインは今どうなっているの? マネックス大槻さんに聞く

フリーランスライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
識者に聞く 暗号資産の今

【Ginco森川さんに聞く 後編】ブロックチェーンはどんなことに使われるんですか?

フリーランスライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
識者に聞く 暗号資産の今

【Ginco森川さんに聞く 前編】ブロックチェーンって何がすごいんですか?

フリーランスライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン

あなたにおススメの記事

pagetop