【識者に聞く】グッドラックスリー 井上和久さん 後編

暗号通貨をつかったゲーム「くりぷ豚レーシングフレンズ」が目指す未来

編集者・ライター村田 智博

ブロックチェーンを活用した話題の暗号通貨ゲーム「くりぷ豚(とん)レーシングフレンズ(以下、くりぷ豚)」。

ユーザーは、豚のキャラクターをトレードしたり、育てたりする一方、交配して新たなキャラクターを誕生させることができ、時にはイベントレースに出場させて賞品などを得て楽しみます。トレードなどには暗号通貨(暗号資産)である「イーサリアム」が使われ、豚のキャラクターデータはブロックチェーン上で管理、安全かつスムーズに取引することができます。理論上生み出される豚のパターンはなんと3京6000兆通り!。世界で一頭しかいない固有で価値のある豚を所有できるのもこのゲームの魅力です。

本作の開発、運営元である「グッドラックスリー」(本社・福岡)の井上和久代表に話を聞きました。インタビュー後編では、ゲームの仕組みや特徴を聞きつつ、井上さんがその先に見据える未来について語ってもらいました。

「くりぷ豚」リリースから約1年半、誕生した豚の数は?

――そもそもこのゲームを開発したきっかけは何だったのでしょうか?

井上さん:まず、暗号通貨を使ったゲームを創ろうとしていました。その頃、「クリプトキティーズ」というブロックチェーン上で猫の交配やトレードをするゲームが海外で誕生していて、そのような動物が登場するブロックチェーンゲームをつくりたいよねと。犬やパンダやうさぎなど、いろいろな候補が挙がりましたが、あるときクリエイターが「くりぷ豚」という名称とメインビジュアルを出してきてくれたんです。その音の響きやビジュアルの良さ、さらには豚がレースをするのも面白いだろうということで「くりぷ豚」の開発が決まりました。

――豚のトレードや育成がゲームの特徴ですが、「イーサリアム」が使われるのは具体的にどの部分なのでしょうか?

井上さん:くりぷ豚を購入したり、産み出したり、ユーザー間でトレードしたりするところで使います。あとは、たまに開催しているイベントレースでは、イーサリアムをプレゼントしています。

――取引には手数料がかかりますか?

井上さん:トレードするときに、弊社が提供しているトレードの場所などを使う場合は、5%の手数料をもらっています。ただ、必ずしも弊社のトレードの場を使う必要はなく、外部の取引所でもできるし、直接ユーザー間でも可能です。

――ゲームを始めるにはやはりイーサリアムが必要なんですか?

井上さん:リリースした当初は、イーサリアムで豚を買ってもらうところからスタートしてもらっていました。

現在はイーサリアムを持たなくても遊び始められるようになっています。最初に無料で豚がもらえます。さらに無料で交配して、新たな豚を誕生させることも可能で、一通りこのサイクルを無料で遊べるようになりました。ただ、無料の豚は売れないので、そこから先は、実際にイーサリアムを使ってトレードするような流れになっています。

「くりぷ豚」リリースから約1年半、これまでとこれから

――2018年6月のリリースからおよそ1年半たちます。

井上さん:生み出された豚は1年ちょっとで7万頭に達しました。1日に100頭強のペースで増えています。

――豚が売買される額も上がってきているのでしょうか?

井上さん:価値の維持向上のようなところは、課題を感じており難しいところでもあります。ただ、見た目が珍しい豚は欲しくなるので、お見合いにだすと人気になります。

――「くりぷ豚」を通じて資産を増やしたいと考えている人も多い?

井上さん:うちの場合は、暗号資産を頻繁にトレードしていたという人よりも、ちょっと持っている程度なんだけど、それを使ってゲームできたら面白いよね、という感じのユーザーが多いと思います。どちらかというとゲーム好きの方が主で、これで資産を増やそうとしている人は少ないと思います。結局は、ゲームやその世界観に対する思い入れ次第かなと。人は思い入れがあるものや好きなものに対してはお金を払いますよね。「くりぷ豚」の世界とかキャラクターに思い入れがある人がそこにお金を使ってくれているのだと思います。

――生まれた豚は7万頭、それは想定よりも多いですか?少ないですか?

井上さん:うーん…、そこまで未来が予見できていたわけではないので、想定通りといえば想定通りだと思います。多すぎるとも少なすぎるとも思いません。ただ、これから頭数を増やすことを目標にするよりは、ユーザーにより愛着を持ってもらうことが大事かなと思っています。また、くりぷ豚100頭でリアルの豚肉1キロと交換できるとか、そういう仕組みをつくっていきたいですね。

今の時代、リアルとデジタルの境界は溶けてきていて、どこまでがリアルでどこまでがデジタルなのか、境界線を引きづらくなってきていると思います。

「くりぷ豚」内の取引などは、デジタルでバーチャルなことだけとは言い切れなくて、同時にリアルが存在しています。デジタル上でイーサリアムや豚肉をもらえたりするということは、実体経済とかなりリンクしてくるんですね。「栗」を餌にして育てた「くりぷ豚」というものも創ろうとしています。栗で育ったくりぷ豚って、甘くて美味しそうでしょう。もしかしたら、くりぷ豚のエコシステムをベースに生活する人も出てくるかもしれません。僕たちはブロックチェーンという機会を活かして人々の生き方とかコミュニケーション、経済、生活をさらに豊かにしているんじゃないかと思っています。

ブロックチェーンを理解するためにくりぷ豚で遊んでほしい

――これから「くりぷ豚」をはじめてみようと考えている人にメッセージをいただけますか?

井上さん:メディアの取材でこういうことを言うのも恐縮ですが、ビットコインの仕組みを解説する本やメディアの記事がよくありますが、その記事を100回読むよりも、ビットコインを1回持って使ってみたほうが理解は早い。セミナーや講演で話を聞くより、その時間を使って取引所の開設手続きをして、少額でいいのでビットコインを買ってみて、トレードしたり誰かに送ったり、決済に使ってみたりしたほうがブロックチェーンや暗号通貨について分かるし、どう使っていけばいいかの想像もできます。

そこはブロックチェーンゲームも同じ。まずは遊んでみてほしいですね。ブロックチェーンの社会実装で最先端をいっているのは実はこのゲーム分野だと思っています。ブロックチェーンや暗号資産やトークンなどを理解したかったら100本の記事を読むより、「くりぷ豚」をしっかり遊んでみた方が良いです(笑)。これからブロックチェーンを社会にどう実装していけばいいかのヒントもたくさんあると思いますよ。かつ、楽しいですし。

――ブロックチェーンや暗号通貨をつかったゲームには可能性がある?

井上さん:暗号資産やブロックチェーンは手段としてキラーの技術になりえると思っています。ブロックチェーンには、ホットで新しい価値をつくれる感覚があります。それと同時に面倒臭さやリスクが伴っている。面倒臭さでいうと、技術も現段階では面倒臭い部分もあるし、法律関係をクリアするのも、ブロックチェーンをユーザーに知ってもらうためのマーケティングも面倒くさい。そういう面倒くさいことは、一般の人はやりません。それゆえ、ブロックチェーンゲームって理屈上有望だけど参入しているプレイヤーは少ないんです。特に日本は少ない。

そのような状況もあって、ブロックチェーンゲームとしての最適なプロダクト、システムとは何かを誰も分かっているわけじゃありません。僕らが「くりぷ豚」を出して1年半ほど経ちますが、他社のプロダクトも含めて「これや!これがブロックチェーンゲームだ!」という決定的な作品はうまれていない。

スマホゲームなら最初にパズドラ(パズル&ドラゴンズ)が「これや!」でしたが、ブロックチェーンゲームでは、まだ登場していないんです。夜明け前ですね。いずれそんなプロダクトが出てくるでしょうが、それはみんなが自社や他社の試行錯誤を見ながらつくっていく中で形成される集合意識みたいなものが生み出す気がしています。つくった会社やプロダクトだけが偉いのではない。みんなで試行錯誤していく状況が重要なんだと思います。

今のスマホゲームだけでは満たせていないニーズ、満たせていないけれど本当はあるはずの新しい喜び……。確実にあるのは分かっているんですけど、現状はそこを提示できていない。それができるゲーム会社やゲームクリエイターでありたいと思っています。

「くりぷ豚」公式サイト

【識者に聞く】グッドラックスリー 井上和久さん 後編

暗号通貨をつかったゲーム「くりぷ豚レーシングフレンズ」が目指す未来

編集者・ライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
【識者に聞く】グッドラックスリー 井上和久さん 前編

スマホゲームと何が違う? 暗号資産で遊べるゲームの中身とは

編集者・ライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
【わかる!暗号資産】ビットコインの種類

ビットコイン、イーサリアム…暗号資産ってどんなものがあるの?

編集者・ライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
識者に聞く ジョナサン・アンダーウッドさんインタビュー

暗号資産を安全に管理するために大切なこと

編集者・ライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
【わかる!暗号資産③】ブロックチェーン基礎編

ブロックチェーンって何に使われているの?

編集者・ライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
暗号資産の夢

経験者が語る あの「ビットコインバブル」

編集者・ライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
【わかる!暗号資産②】

ビットコインのマイニングとは?初心者向け解説

編集者・ライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
【わかる!暗号資産①】

ブロックチェーンって何?その仕組みをシンプルに解説

編集者・ライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
識者に聞く 暗号資産の今

【後編】ビットコイン投資で気をつけるべきこと マネックス大槻さんに聞く

フリーランスライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
識者に聞く 暗号資産の今

【前編】ビットコインは今どうなっているの? マネックス大槻さんに聞く

フリーランスライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
識者に聞く 暗号資産の今

【Ginco森川さんに聞く 後編】ブロックチェーンはどんなことに使われるんですか?

フリーランスライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン
識者に聞く 暗号資産の今

【Ginco森川さんに聞く 前編】ブロックチェーンって何がすごいんですか?

フリーランスライター村田 智博
  • よくわかるブロックチェーン

あなたにおススメの記事

pagetop