[PR]

 時はバブルの最終盤。こんなまっすぐな歌が、200万枚を超えるお化けヒットになったのは、何か意味があったのでしょうか。

   ♪  ♪

 アンケートからは、過剰な好景気を象徴する歌として、人々に記憶されていることがうかがえた。

 「未来は明るくて楽勝気分だった大学生の頃。哀愁や戸惑いがないこの歌のストレートさが、当時の空気感を体現していた」(埼玉、47歳女性)、「毎日残業続きで土日も仕事をしていた頃の歌。ラジオをかけるといつもこの歌が流れていた。『明日も頑張ろう』と背中を押される感じがした」(愛知、66歳男性)。

 一方、曲を作ったKANさん(53)本人は、必ずしも満足が行く出来ではなかった、とふり返る。

 「(ビリー・ジョエルのヒット…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも