お金を呼ぶ教養塾

なぜお金持ちは「友人を選べ」と諭すのか?

経済評論家加谷 珪一

前回は、社会学者のマックス・ヴェーバーを例に、お金に淡泊なほど経済的に有利になるという、お金が持つ不思議な特質について解説しました。今回のテーマも社会学に関するものです。

ゲマインシャフトとゲゼルシャフト

よい人生を送るためには、適切な人物と友人になる必要があります。いくら自分がしっかりしていても、ダメな人ばかりに囲まれていては、その人たちから悪い影響を受けてしまいます。

この話はお金についてもまったく同じことが言えるでしょう。経済的に成功した人は、口を揃えて「成功したければ友人を選ぶべき」と述べているのですが、皆が言っているのであれば、これはかなり本質的なテーマと思ってよいはずです。
成功したければ、成功した人と付き合えというのは、感覚的にはよく分かると思いますが、なぜそうなのかと聞かれると少し困ってしまいます。

こうした仕組みについて理解するヒントを与えてくれるのが、ゲマインシャフトとゲゼルシャフトという社会学的な概念です。

ゲマインシャフトは、一般に共同体組織と呼ばれ、地縁血縁や人間関係によって自然に結びついた集団のことを指します。日本の、いわゆるムラ社会は典型的なゲマインシャフトといってよいでしょう。
一方、ゲゼルシャフトはこれとは正反対で、目的合理的に、そして人為的に作られた組織を指します。グローバル企業はまさにゲゼルシャフトの典型です。

ゲマインシャフトは、自然発生的なものですから、組織の意思決定もあまり合理的には行われません。情緒が優先されますから、場合によっては、全体としては不利益であっても、多数派の人が納得出来る形で物事が決まります。日本社会における「和の精神」はまさにゲマインシャフト的な意思決定方法です。

一方、ゲゼルシャフトにおける意思決定は全く異なります。

ゲゼルシャフトの集団では、契約関係や合理性が重視されます。組織の中で明確に役割分担が成立し、その役割に応じて、適切に対価が支払われます。ルールがしっかりと決められていますから、仮に不満を持つ人がいても、合理的に決断が下されます。

※写真はイメージです。

人との距離の取り方が重要

ゲゼルシャフトでは、ルールをベースに物事が動きますから、非合理的な動きは排除されます。人種や性別などに関係なく、有能な人物が登用されますから、組織が得られる利益も大きくなります。

一方、ゲマインシャフトはそうはいきません。濃密な人間関係がありますから、疎外感を味わうことはありませんが、価値観の多様性は認められません。結果として、変化を頑(かたく)なに拒んだり、時に暴力的な支配が行われたりします。

こうしたゲマインシャフトは、近代化によって消滅したと思われていますが、実はそうでもありません。日本のサラリーマン社会は多分にゲマインシャフト的な要素を残しており、これが最悪の形で顕在化したのが、いわゆるブラック企業ということになるでしょう。さらに今でも一部の地域では、都市部から移住した住民を徹底的に排除する、村八分のような事態が発生しています。

こうしたコミュニティーに入ってしまうと、いくら自分で自分を律して、合理的に行動しようとしても、周囲がそれを許容しません。結果として、自由な経済活動ができないという状況に陥ってしまいます。

少しドライで味気ないかもしれませんが、契約に基づいて、合理的に振る舞う人たちで構成されるコミュニティーに所属する方が圧倒的に有利なのは間違いありません。こうした状況を分かりやすい言葉で説明したのが、「友達を選びなさい」というアドバイスということになります。

もう少し具体的に言えば、他人との適切な距離間を保てる人を友人として選んだ方がよいでしょう。経済的に豊かになりたければ、プライベートに過度に干渉する人、お金の貸し借りにルーズな人、親切を押し売りする人(結局は見返りを求めている)、過剰に精神論を振りかざす人とは距離を置くことをお勧めします。

お金を呼ぶ教養塾

トイレットペーパーの買い占めとお金に対する感性

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

日本でタンス預金が増えている理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と仲良くなれる「歴史」の教養とは

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「お願い力」の高い人が経済的にうまくいく理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

本当のお金持ちは、お金を持っていることを他人には見せびらかさない?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

これからはお金が要らない時代がやってくる?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

不安は「知る」ことで解消される

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

正確に間違うよりも、漠然と正しい人でありたい

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

肉食系でないと豊かになれないの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と仲良くなるには固定観念から自由になる必要がある

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

富は人から奪うもの?それとも創造するもの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

物価の動きが分かれば、難しい理論など知らなくても経済を理解できる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

前を向くか、後ろを向くか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

子どもに対して積極的に投資教育をした方がよい?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「金」への投資にはどんな意味があるの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

人はいつ死ぬのか予想できない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

フェイスブックの仮想通貨から考える、そもそもお金って何?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

どの銘柄に投資すればよいのか分からないという悩みは実は存在しない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

今の支出を抑制すれば、自動的に老後の生活は安泰になる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

ITに詳しくなくてもIT的な考え方だけは身につけた方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

帰納法と演繹法を駆使するとお金が寄ってくる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

何でも無料で手に入る時代だからこそ、お金を持つことの意味を考えた方がよい

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に関する正反対の話をどう捉えればよいのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

人は変われるのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

女性芸能人と企業経営者の交際に対して世間が冷たい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

なぜお金持ちは「友人を選べ」と諭すのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

社会学を知れば、資産形成のヒントが得られる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

世の中に「オイシイ話」は転がっているのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

他人へのプレゼントにはお金をかけた方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

豊かになりたければ「怒り」を否定してはいけない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

会食にかかるお金についてどう考えるか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

決断が速いことはなぜ重要なのか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金のセンスをトレーニングするもっとも効率的な方法は?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と見た目の関係

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

割り勘よりおごりの方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

ありがとうと言える人はお金持ちになれるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

高いモノは良いモノか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

どんぶり勘定の方がお金持ちになりやすい?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金はお金のあるところに寄ってくるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金はまとまっていると意味がある

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

自分の一生と冷静に向き合ってみよう

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちになれる趣味の持ち方とは

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金は天下の回り物

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

物事の是非と損得勘定をしっかり切り分ける

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

相関関係と因果関係

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「そのうち」は永遠にやってこない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

率と絶対値の違いをマスターする

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「数字」はお金の教養そのもの

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

今現在、1年後、5年後、10年後を同時に考え、30年後は考えない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

金利の意味を知ればお金が寄ってくる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちはお金持ちになってお金持ちになる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

時間には値札が付いており、その値段は刻々と変わる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちほどお金を使わなくなる話のホント・ウソ

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

消費してよいお金とダメなお金の違い

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

学歴とお金は関係あるの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

理解と共感の違いを理解できると、自身の経済力は飛躍的に高まる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金を遠ざける思考回路、お教えします

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

経済的自由を得ることの意味

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金が貯まらないのは、承認欲求が強すぎるから

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

幸せはお金で買えるのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

年収1000万円では「お金持ちの生活」を送れない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に縁のある「教養人」は、徹底して資産額を重視する

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に縁のある人は、常に相手の目線で物事を考える人

経済評論家加谷 珪一
  • 投資

あなたにおススメの記事

pagetop