お金を呼ぶ教養塾

お金に関する正反対の話をどう捉えればよいのか?

経済評論家加谷 珪一

お金に対してケチケチしていては、お金持ちになれないという話をよく耳にします。一方で、お金を貯めようと思ったら、ドケチにならないとダメだという話もあります。どちらが本当でどちらがウソなのでしょうか。

お金の話という点では共通だが・・・

最初に答えを言ってしまうと、どちらの話も本当です。厳密に言うと2つの話はお金という部分では共通していますが、別々のテーマに関係したものであり、実は、違う話をしているのです。

お金をたくさん稼ぐためには、どうしても先行投資が必要となります。株式や不動産、会社といったリアルな投資先はもちろんのこと、自身のスキルアップや、人脈作りなど、あらゆることに対してお金が必要です。

スキルアップへの支出について躊躇(ちゅうちょ)していては学べるものも学べませんし、ビジネスを立ち上げるなら思い切った投資が必要です。他人とのコミュニケーションという意味でも、人脈を広げようと思った場合には、それなりの出費を覚悟する必要があるでしょう。

つまりケチケチしていてはお金持ちになれないという話は、貯金するといった話ではなく、人生において成功するためには、という話に置き換えれば分かりやすいでしょう。多少のお金を先行投資したとしても、その後に、より大きなリターンを得るという考え方です。

一方、ドケチにならないとお金が貯まらないというのは、文字通りそのままの意味で、貯金するためにはケチになる必要があるという話です。お金を貯められない人は、月にいくら貯金すると決めていても、何かの理由をつけてお金を使ってしまいます。気持ちが弱い人の場合、強制的に給料の中から天引きするくらいでなければ、お金を貯めるのは難しいでしょう。

この話は、大きく稼ぐというよりも、とにかく確実に貯金するにはどうすればよいのかというテーマですから、大きく稼ぐためにはケチケチしてはいけないという話には直接関係しないのです。では2つの話はバラバラで無関係なのかというと、必ずしもそうではありません。2つの話は水面下ではしっかりと結びついているのです。

※写真はイメージです。

まずは貯金が大事だが、貯金だけではダメ

大きくお金を稼ぐにはケチケチせずに先行投資することが重要だということは分かりましたが、先行投資するための資金はどうやって作ればよいのでしょうか。それはケチケチと貯金する以外に方法はありません。つまりケチケチと貯金するという方法は、稼ぐために投資をすることの前段階と捉えることが可能です。

整理すると、お金持ちになるためには、ケチを追求してまとまった貯金を作り、これを何らかの形で思い切って投資することによって有効活用するのがベストということになります。これによってケチと積極的な支出が結びつくのです。

ケチを追求してまとまったお金を作り出し、それを投資していくという手法は、実ははるか昔から資産形成の王道として知られています。

明治時代の学者で日比谷公園を設計したことでも知られる本多静六という人物がいるのですが、彼は学者としての仕事の傍ら、多数のマネー本を執筆しており、そのうちのいくつかはベストセラーになっています。本多氏が著作の中で説いているのが、給料の一定割合を強制的に貯金し、それを株式や不動産などに投資していくというやり方です。

本多氏の活躍以降、日本では100年にわたって無数のマネー本が出版されてきましたが、どの本を読んでも基本的な方法論にほとんど変化はありません。100年も前の人の著作に書かれていたやり方は、今でもまったく古くなっていないのです。

一生懸命、貯金に励んでいるのになかなか大きなお金にならないという人は、お金の有効活用が出来ていない可能性が高く、逆にお金が出ていくばかりでまったく貯まらないという人は、お金の有効活用以前に基本的な貯蓄が出来ていないと考えられます。

まとまった資金がなければ何も始まりませんから、順番としては、ケチになることが最優先ですが、ケチのままではいけません。ある程度の資金ができたら、それを有効活用することを考えないと、小銭を貯めるだけで終わってしまいます。このあたりの切り替えがうまくできるのかがポイントとなるでしょう。

お金を呼ぶ教養塾

トイレットペーパーの買い占めとお金に対する感性

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

日本でタンス預金が増えている理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と仲良くなれる「歴史」の教養とは

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「お願い力」の高い人が経済的にうまくいく理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

本当のお金持ちは、お金を持っていることを他人には見せびらかさない?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

これからはお金が要らない時代がやってくる?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

不安は「知る」ことで解消される

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

正確に間違うよりも、漠然と正しい人でありたい

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

肉食系でないと豊かになれないの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と仲良くなるには固定観念から自由になる必要がある

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

富は人から奪うもの?それとも創造するもの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

物価の動きが分かれば、難しい理論など知らなくても経済を理解できる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

前を向くか、後ろを向くか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

子どもに対して積極的に投資教育をした方がよい?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「金」への投資にはどんな意味があるの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

人はいつ死ぬのか予想できない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

フェイスブックの仮想通貨から考える、そもそもお金って何?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

どの銘柄に投資すればよいのか分からないという悩みは実は存在しない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

今の支出を抑制すれば、自動的に老後の生活は安泰になる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

ITに詳しくなくてもIT的な考え方だけは身につけた方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

帰納法と演繹法を駆使するとお金が寄ってくる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

何でも無料で手に入る時代だからこそ、お金を持つことの意味を考えた方がよい

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に関する正反対の話をどう捉えればよいのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

人は変われるのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

女性芸能人と企業経営者の交際に対して世間が冷たい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

なぜお金持ちは「友人を選べ」と諭すのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

社会学を知れば、資産形成のヒントが得られる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

世の中に「オイシイ話」は転がっているのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

他人へのプレゼントにはお金をかけた方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

豊かになりたければ「怒り」を否定してはいけない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

会食にかかるお金についてどう考えるか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

決断が速いことはなぜ重要なのか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金のセンスをトレーニングするもっとも効率的な方法は?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と見た目の関係

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

割り勘よりおごりの方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

ありがとうと言える人はお金持ちになれるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

高いモノは良いモノか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

どんぶり勘定の方がお金持ちになりやすい?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金はお金のあるところに寄ってくるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金はまとまっていると意味がある

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

自分の一生と冷静に向き合ってみよう

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちになれる趣味の持ち方とは

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金は天下の回り物

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

物事の是非と損得勘定をしっかり切り分ける

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

相関関係と因果関係

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「そのうち」は永遠にやってこない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

率と絶対値の違いをマスターする

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「数字」はお金の教養そのもの

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

今現在、1年後、5年後、10年後を同時に考え、30年後は考えない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

金利の意味を知ればお金が寄ってくる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちはお金持ちになってお金持ちになる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

時間には値札が付いており、その値段は刻々と変わる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちほどお金を使わなくなる話のホント・ウソ

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

消費してよいお金とダメなお金の違い

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

学歴とお金は関係あるの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

理解と共感の違いを理解できると、自身の経済力は飛躍的に高まる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金を遠ざける思考回路、お教えします

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

経済的自由を得ることの意味

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金が貯まらないのは、承認欲求が強すぎるから

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

幸せはお金で買えるのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

年収1000万円では「お金持ちの生活」を送れない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に縁のある「教養人」は、徹底して資産額を重視する

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に縁のある人は、常に相手の目線で物事を考える人

経済評論家加谷 珪一
  • 投資

あなたにおススメの記事

pagetop