お金を呼ぶ教養塾

これからはお金が要らない時代がやってくる?

経済評論家加谷 珪一

お金と信用はどちらが大事ですか?と聞かれれば、多くの人は信用だと答えるでしょう。お金があっても人からの信用をなくしてしまえば、幸せな生活を送ることはできません。中には、それでもお金の方が大事だと思う人もいるかもしれませんし、それはそれでひとつの考え方ですが、やはり人との関係性を無視できない以上、信用は何にも代えがたい資産だと筆者は思います。

しかしながら、実はお金と信用というのは密接に結びついており、切っても切れない関係にあります。結局のところお金にだらしない人は他人からの信用を失いますし、他人から信用してもらえない人は、お金にもあまり恵まれません。少なくとも他人から高い信用を勝ち取っている人は、お金の問題で困るケースは少ないと考えてよいでしょう。

お金と信用の関係でもっとも身近なのは、クレジットカードです。クレジットカードを使えば、店舗やネット通販で買い物をしても、支払日までは銀行からお金が引き落とされることはありません。その間については、カード会社が信用ベースで、利用者にお金を貸しているような状況ですから、カード会社としてはしっかり払ってくれる人でなければ、カードを発行できません。クレジットは信用という意味で、クレジットカードはまさに信用を基本とした決済サービスということになります。

会社などでは、請求を送って翌月末に支払われるといった決済方法をよく目にしますが、これも信用をもとにした、一種のツケ払いということになります。相手が確実に払ってくれる保証はありませんから、信用できる取引先でなければ、こうした決済方法は選択できないでしょう。

住宅ローンも同じです。住宅ローンは本来、家にお金を貸すものですから、借りる人がどのような人なのかはあまり関係しないはずですが、現実には、借りる人の属性によって、ローンがきちんと返済されるのかは変わってきます。このため住宅ローンを提供している銀行などは、公務員や大企業の社員など、クビになる可能性が低く、同じレベルの収入が長く継続できそうな人にお金を貸したがります。

※写真はイメージです。

近年、こうしたお金と信用の関係が技術の進歩で大きく変わろうとしています。

先ほど、住宅ローンの貸し手は、勤務先が安定している人に貸したがると説明しましたが、その理由は、職業くらいしか、その人の信用を測る方法がなかったからです。フリーランスの人などが、収入が不安定だとしてローンを断られるケースがあるのはこうした理由からです。

ところがSNSの普及によってその状況が大きく変わりつつあります。ネット上で多くの人から資金を募るクラウドファンディングという手法が日本でもジワジワ普及しており、ネット上での評価を元に、多くの人から資金提供してもらえるケースが増えているのです。

確かに、ツイッターで多数のフォロワーを持っている人であれば、その人脈を使って何らかのプロジェクトを立ち上げることはそれほど難しいことではありません。そうなると500万円の貯金を持っていたり、大企業の正社員であったりすることよりも、ネット上で他人から信用されている人の方が、お金に困らないという可能性も出てくるのです。

一部の人は、インターネット上で人に値札が付いてしまうことについて危惧しています。確かに、すべてを金銭で評価する社会が良いとは筆者も思いませんが、これまで「○×企業の社員です」ということだけが信用の証しだったというのもやはり不自然でしょう。

単に話題性だけでフォロワーを増やしている人もいますが、長年にわたって着実にフォロワーを増やしている人は、誠意を持ってネット上の発信を行っているからであり、そうした人に対して、信用が付与される社会というのは決して悪いものではないと思います。

こうしたネット上での信用がさらに拡大すると、お金が介在しなくても、モノやサービスを交換できるようになります。例えばネット上で、ある作業の手伝いをする代わりに、中古のスマホが欲しいと呼びかけ、その取引が成立すれば、それは一種の物々交換であり、マネーの市場を介さずにモノやサービスがやり取りされたことになります。

また失業したとしても、ネット上での友人が多ければ、新しい職場を紹介してもらえるかもしれませんし、起業に誘われるかもしれません。

確かにお金は大事ですが、このように考えると、過度にお金に執着しなくても、十分に豊かな人生を送れるということがお分かりいだだけるのではないかと思います。信用される人の周囲にはよい人が集まり、結果的に必要な時にはお金に困らない生活が実現できるわけです。

お金を呼ぶ教養塾

トイレットペーパーの買い占めとお金に対する感性

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

日本でタンス預金が増えている理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と仲良くなれる「歴史」の教養とは

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「お願い力」の高い人が経済的にうまくいく理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

本当のお金持ちは、お金を持っていることを他人には見せびらかさない?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

これからはお金が要らない時代がやってくる?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

不安は「知る」ことで解消される

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

正確に間違うよりも、漠然と正しい人でありたい

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

肉食系でないと豊かになれないの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と仲良くなるには固定観念から自由になる必要がある

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

富は人から奪うもの?それとも創造するもの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

物価の動きが分かれば、難しい理論など知らなくても経済を理解できる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

前を向くか、後ろを向くか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

子どもに対して積極的に投資教育をした方がよい?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「金」への投資にはどんな意味があるの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

人はいつ死ぬのか予想できない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

フェイスブックの仮想通貨から考える、そもそもお金って何?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

どの銘柄に投資すればよいのか分からないという悩みは実は存在しない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

今の支出を抑制すれば、自動的に老後の生活は安泰になる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

ITに詳しくなくてもIT的な考え方だけは身につけた方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

帰納法と演繹法を駆使するとお金が寄ってくる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

何でも無料で手に入る時代だからこそ、お金を持つことの意味を考えた方がよい

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に関する正反対の話をどう捉えればよいのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

人は変われるのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

女性芸能人と企業経営者の交際に対して世間が冷たい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

なぜお金持ちは「友人を選べ」と諭すのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

社会学を知れば、資産形成のヒントが得られる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

世の中に「オイシイ話」は転がっているのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

他人へのプレゼントにはお金をかけた方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

豊かになりたければ「怒り」を否定してはいけない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

会食にかかるお金についてどう考えるか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

決断が速いことはなぜ重要なのか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金のセンスをトレーニングするもっとも効率的な方法は?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と見た目の関係

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

割り勘よりおごりの方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

ありがとうと言える人はお金持ちになれるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

高いモノは良いモノか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

どんぶり勘定の方がお金持ちになりやすい?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金はお金のあるところに寄ってくるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金はまとまっていると意味がある

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

自分の一生と冷静に向き合ってみよう

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちになれる趣味の持ち方とは

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金は天下の回り物

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

物事の是非と損得勘定をしっかり切り分ける

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

相関関係と因果関係

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「そのうち」は永遠にやってこない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

率と絶対値の違いをマスターする

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「数字」はお金の教養そのもの

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

今現在、1年後、5年後、10年後を同時に考え、30年後は考えない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

金利の意味を知ればお金が寄ってくる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちはお金持ちになってお金持ちになる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

時間には値札が付いており、その値段は刻々と変わる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちほどお金を使わなくなる話のホント・ウソ

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

消費してよいお金とダメなお金の違い

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

学歴とお金は関係あるの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

理解と共感の違いを理解できると、自身の経済力は飛躍的に高まる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金を遠ざける思考回路、お教えします

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

経済的自由を得ることの意味

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金が貯まらないのは、承認欲求が強すぎるから

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

幸せはお金で買えるのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

年収1000万円では「お金持ちの生活」を送れない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に縁のある「教養人」は、徹底して資産額を重視する

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に縁のある人は、常に相手の目線で物事を考える人

経済評論家加谷 珪一
  • 投資

あなたにおススメの記事

pagetop