お金を呼ぶ教養塾

目の前の1万円と、来年もらえるかもしれない10万円

経済評論家加谷 珪一

あなたは、今、目の前にある1万円と、来年、獲得できるかもしれない10万円のどちらを選ぶでしょうか。「もちろん目の前の1万円だ」という人もいるでしょうし、「将来の10万円の方が大事だ」と考える人もいるでしょう。ひとくちに将来の10万円といっても「実現可能性によって違うよ」という意見もあると思います。

この命題に対する完璧な正解は存在しませんが、将来、お金を獲得できる可能性に大きく左右されるのは間違いないでしょう。1年待てば100%の確率で10万円が手に入るのであれば、現時点でお金に困っている人を除けば、多くの人が来年の10万円を選択すると思います。

しかしながら、来年、10万円を獲得できる確率が80%だったらどうでしょうか。やはり1年待つ人が多いかもしれませんが、60%を切ってくるあたりから意見が分かれてくるのではないでしょうか。さらに確率が下がって10%以下になってしまえば、ほとんどの人が目の前の1万円を選択すると思います。

現時点のお金の価値と、将来のお金の価値という対比は、金融工学の世界では重要な基礎理論のひとつになっているほか、資本主義の根本的な価値観とも深く結びついています。今の1万円か、来年の10万円かという話は、実は、お金の教養における最たるものといっても過言ではありません。

この命題が大事なのは、現実社会においてもこの問題で悩むことが多く、どちらを選択したのかで、その後の人生が大きく変わるからです。例えば投資を例にとって考えてみましょう。

投資を始めるには、まずは資金が必要となります。今、1万円を用意して投資をすれば、将来、株価が上昇して10万円になるかもしれませんが、その会社が倒産してゼロ円になるかもしれません。新しい事業も同じで、多額の初期投資が必要ですが、もし事業がうまくいけば、将来、何千万円もの利益が得られる一方、失敗してゼロになる可能性もあります。

たいていの場合、将来得られる金額の大きさは、抱えているリスク(つまり実際にお金がもらえる確率)に比例します。将来1億円が獲得できるかもしれない、という大きな話の場合には、実際にお金を得られる確率は数%など、非常に低い値となります。一方、1000円がもらえるかもしれないという小さな話の場合には、高い確率になっていることがほとんどです。

※写真はイメージです。

この話は、投資でいうところのリスクとリターンの話とまったく同じと考えてよいでしょう。

リスクが高い(つまりお金が獲得できるかどうか分からない=不確実性が高い)案件のリターンは大きく、リスクが低い(高い確率でそのお金を獲得できる)案件のリターンは低くなります。つまり、リスクというのは金融工学的には「危険なこと」という意味ではなく、「不確実性=確率」のことを指しているのです。

この命題には一意的に得られる正解は存在しません。どちらを選択するのかは、その人の基本的な価値観に由来しており、その人の生き方が反映されてしまうのです。

将来の不確実性が高い案件というのは、得られる金額が大きい代わりに、うまくいく確率は非常に低いという特徴がありますが、その最たるものは革新的なベンチャービジネスでしょう。100社に1社も成功しないという低い確率ですが、もし成功すれば、巨額の富と、社会を変革したという名声が得られます。

しかしながら、普通に考えれば、巨万の富が得られるかもしれないが、確率がゼロに近いベンチャービジネスと、仕事さえすれば、ほぼ100%の確率で何十万円、何百万円というお給料が得られる普通の会社員を比較すれば、ほとんどの人が後者を選択するはずです。

では、なぜ、わざわざ失敗する確率が高い革新的なビジネスを選択する人が一定数存在しているのでしょうか。その理由は使命感だと言われています。

起業家はアントレプレナーシップという独特の使命感やマインドを持っており、そのマインドに突き動かされ、単純な損得勘定を超えて革新的な事業に取り組んでしまいます。つまり革新的なビジネスというのは経済合理性とは正反対の行為なのです。
お金の世界はすべて冷徹で合理主義的だと思っている人が多いと思いますが、実はそうではありません。お金の世界の一部はこうした感受性が支配しており、そして、このような非合理的な価値観こそが資本主義を発達させたとも言われています。

このコラムでも以前、取り上げたことがありますが、ドイツの社会学者であるマックス・ヴェーバーは、著書『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』において、金銭欲など世俗的な欲求に寛容な地域(カトリック圏など)では資本主義が発達せず、むしろプロテスタントの影響が強く、禁欲的な風潮が強い地域(オランダや米国)で資本主義が発達しやすいと主張しました。つまり使命感こそが資本主義を発達させる原動力になっているということです。

ヴェーバーの説については、学術的なレベルでは多くの反論が存在しますが、資本主義の成り立ちを示す一般論としては、今でも強烈な説得力を持っています。

冒頭で紹介した、今の1万円と来年の10万円の比較は、金融工学的には現在価値という用語で表現されますが(来年10万円でも、確率が10分の1ならその現在価値は1万円しかないと考えます)、一般人と成功する起業家では使命感が異なるため、結果としてお金の現在価値覚も違っているわけです。そして、この現在価値の違いこそが富の源泉になっています。

この話を私たちの生活にあてはめれば、(夢ばかり追うのはいけませんが)どちらかというと、今よりも将来を向いている人の方が、大きなお金を獲得しやすいということになるでしょう。今の1万円も大事ですが、わずかでも将来に力点を置くことで、お金をめぐる環境は大きく変わってくるのです。

お金を呼ぶ教養塾

リスクと年齢について

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

投資で7割の人が損するって本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

副業時代到来。経済的なピンチについてどう考えるか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

目の前の1万円と、来年もらえるかもしれない10万円

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金で安心は買えるのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

良い借金と悪い借金

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

コロナ後、持ち家と賃貸はどう考えればよいのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

今の金価格はバブルなのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

知識と知恵のどちらが大事?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

住宅ローンは繰り上げ返済しない方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

日本人の資産額が相対的に減っている?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

トイレットペーパーの買い占めとお金に対する感性

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

日本でタンス預金が増えている理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と仲良くなれる「歴史」の教養とは

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「お願い力」の高い人が経済的にうまくいく理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

本当のお金持ちは、お金を持っていることを他人には見せびらかさない?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

これからはお金が要らない時代がやってくる?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

不安は「知る」ことで解消される

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

正確に間違うよりも、漠然と正しい人でありたい

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

肉食系でないと豊かになれないの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と仲良くなるには固定観念から自由になる必要がある

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

富は人から奪うもの?それとも創造するもの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

物価の動きが分かれば、難しい理論など知らなくても経済を理解できる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

前を向くか、後ろを向くか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

子どもに対して積極的に投資教育をした方がよい?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「金」への投資にはどんな意味があるの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

人はいつ死ぬのか予想できない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

フェイスブックの仮想通貨から考える、そもそもお金って何?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

どの銘柄に投資すればよいのか分からないという悩みは実は存在しない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

今の支出を抑制すれば、自動的に老後の生活は安泰になる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

ITに詳しくなくてもIT的な考え方だけは身につけた方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

帰納法と演繹法を駆使するとお金が寄ってくる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

何でも無料で手に入る時代だからこそ、お金を持つことの意味を考えた方がよい

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に関する正反対の話をどう捉えればよいのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

人は変われるのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

女性芸能人と企業経営者の交際に対して世間が冷たい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

なぜお金持ちは「友人を選べ」と諭すのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

社会学を知れば、資産形成のヒントが得られる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

世の中に「オイシイ話」は転がっているのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

他人へのプレゼントにはお金をかけた方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

豊かになりたければ「怒り」を否定してはいけない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

会食にかかるお金についてどう考えるか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

決断が速いことはなぜ重要なのか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金のセンスをトレーニングするもっとも効率的な方法は?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と見た目の関係

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

割り勘よりおごりの方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

ありがとうと言える人はお金持ちになれるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

高いモノは良いモノか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

どんぶり勘定の方がお金持ちになりやすい?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金はお金のあるところに寄ってくるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金はまとまっていると意味がある

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

自分の一生と冷静に向き合ってみよう

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちになれる趣味の持ち方とは

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金は天下の回り物

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

物事の是非と損得勘定をしっかり切り分ける

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

相関関係と因果関係

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「そのうち」は永遠にやってこない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

率と絶対値の違いをマスターする

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「数字」はお金の教養そのもの

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

今現在、1年後、5年後、10年後を同時に考え、30年後は考えない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

金利の意味を知ればお金が寄ってくる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちはお金持ちになってお金持ちになる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

時間には値札が付いており、その値段は刻々と変わる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちほどお金を使わなくなる話のホント・ウソ

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

消費してよいお金とダメなお金の違い

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

学歴とお金は関係あるの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

理解と共感の違いを理解できると、自身の経済力は飛躍的に高まる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金を遠ざける思考回路、お教えします

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

経済的自由を得ることの意味

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金が貯まらないのは、承認欲求が強すぎるから

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

幸せはお金で買えるのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

年収1000万円では「お金持ちの生活」を送れない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に縁のある「教養人」は、徹底して資産額を重視する

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に縁のある人は、常に相手の目線で物事を考える人

経済評論家加谷 珪一
  • 投資

あなたにおススメの記事

pagetop