お金を呼ぶ教養塾

肉食系でないと豊かになれないの?

経済評論家加谷 珪一

草食系タイプと肉食系タイプを比較するとどちらがお金持ちになりやすいでしょうか。こう聞かれると、多くの人が「肉食系」と答えるのではないかと思います。しかしながら、なぜ肉食系の方が、お金持ちになりやすいのかという話になると、根拠がかなり怪しくなってきます。

経済活動というのは実は非合理的なもの

肉食系の方がお金持ちになりやすいというのは、肉食系の人の方が、何となくアグレッシブなイメージがあるからかもしれませんが、ガッツがあればお金持ちになれるほど世の中は単純ではありません。もしそうなら、スポーツが得意な人は皆、お金持ちでしょう。

ただ、ビジネスや投資の世界では、リスクを取らなければ利益は得られないという絶対的な法則があります。リスクと聞くと、多くの人は危険なことと捉える傾向が顕著ですが、ビジネスや投資の世界におけるリスクというのは少し意味が違います。

ここで言うところのリスクというのは、不確実性のことを指します。この先、どうなるのかはっきりしていない状態でも、ある程度、覚悟を決めて、決断することを「リスクを取る」と表現しているわけです。果敢にリスクを取ることができる人を肉食系とするなら、確かにこうした人には結果的に多くのお金が集まってきます。

偉大な経済学者であるジョン・メイナード・ケインズも、有名な『雇用・利子および貨幣の一般理論』の中で、「アニマル・スピリット」という言葉を使って、同じような概念について言及しています。アニマル・スピリットは、直訳すれば動物的な精神ということになりますが、一般的に「血気」「野心」などと訳されます。

経済活動というのはすべてが合理的に行われているわけではありません。時には合理主義では理解できないような、冒険的行為をする人がいることによって、経済は発展していきます。

もし人々が全員、ガチガチの合理主義者で利益だけを念頭に行動しているのであれば、この世の中にはベンチャービジネスなど生まれていないでしょう。
起業家というのは、うまくいくのかまったく保証がない中で、誰もやっていないことに果敢に挑むわけですが、普通に考えれば、こうした行動は非合理的で意味がありません。儲(もう)けが小さくても、確実に利益になることをコツコツとやった方が圧倒的に得だからです。

しかし起業家はこうした目の前の利益には目もくれず、一種の使命感で新しい事業に邁進(まいしん)します。多くは失敗に終わるのですが、不思議なことに、その中のいくつかは、画期的なビジネスとして成長し、世の中を一変させ、経済を成長させる原動力となるのです。

ケインズは、こうした行動を動物にたとえて「アニマルスピリットと呼んだのですが、こうした野心を動物に例えるというのは少し不自然な気もします。なぜなら動物は普通、こうした行動は取らないからです。

※写真はイメージです。

動物と人間との大きな違いは何か?

動物を詳しく観察するとよく分かると思いますが、動物ほど合理的で、リスクを取らない生き物はいません。

シマウマはライオンが近づいてくると襲われないよう一斉に逃げますが、仲間の誰かがライオンに捕まってしまうと、一気に平常モードになり、再びのんびりと草を食べ始めます。
シマウマは、ライオンは満腹の時には絶対にシマウマを襲わないことを知っていますから、言葉は悪いですが、仲間のシマウマが食べられている時が、もっとも安心できる時間帯なわけです。

猫も同じです。猫はエサをくれそうな人が現れると、まさに猫なで声を出して甘えてきますが、そこに別の猫が現れると、突如、すさまじい形相になり、「ギャー」と大きな声を出して相手を追い払います。そしてライバルの猫がいなくなると、何事もなかったかのように猫なで声に戻り人に甘えます。

つまり動物というのは徹底的に利益に対して合理的であり、野心のカケラもありません。仲間がライオンに食べられたシマウマが、負けると分かっていながら、仲間のためにライオンに突進することはないのです。

ケインズがこの言葉を使うよりもずっと前から、様々な学問分野で、生存本能という意味で動物を引き合いに出すケースが多く、ケインズはこうした経緯も踏まえて、あえて「野心」という概念にアニマル・スピリットをあてたのかもしれません。

少し話が長くなりましたが、程度の違いはともかく、何らかの「野心」がある人がお金の面で有利なのは間違いありません。同じ貯金をするという行為でも、漫然とお金を貯めることと、まとまった軍資金を作って、株式投資をしようという心構えで貯金をするのとでは、当然、その結果には大きな差がついてきます。

無理に危険を冒す必要もありませんし、肉食系の人物になる必要もありませんが、何事に対してもちょっとした「野心」を持ち続けることは極めて重要です。野心という言葉が少しスッキリしなければ、「気概」や「意義」といった言葉に置き換えてもよいでしょう。

単純な事務作業ひとつとっても、気概を持って取り組む人や、そこに意義を見いだす人は、そこから必ず何かを学び取ることができ、最終的にはすべて利益につながっていきます。これこそが人と動物を分ける最大の違いなのです。

お金を呼ぶ教養塾

住宅ローンは繰り上げ返済しない方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

日本人の資産額が相対的に減っている?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

トイレットペーパーの買い占めとお金に対する感性

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

日本でタンス預金が増えている理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と仲良くなれる「歴史」の教養とは

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「お願い力」の高い人が経済的にうまくいく理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

本当のお金持ちは、お金を持っていることを他人には見せびらかさない?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

これからはお金が要らない時代がやってくる?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

不安は「知る」ことで解消される

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

正確に間違うよりも、漠然と正しい人でありたい

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

肉食系でないと豊かになれないの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と仲良くなるには固定観念から自由になる必要がある

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

富は人から奪うもの?それとも創造するもの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

物価の動きが分かれば、難しい理論など知らなくても経済を理解できる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

前を向くか、後ろを向くか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

子どもに対して積極的に投資教育をした方がよい?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「金」への投資にはどんな意味があるの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

人はいつ死ぬのか予想できない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

フェイスブックの仮想通貨から考える、そもそもお金って何?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

どの銘柄に投資すればよいのか分からないという悩みは実は存在しない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

今の支出を抑制すれば、自動的に老後の生活は安泰になる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

ITに詳しくなくてもIT的な考え方だけは身につけた方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

帰納法と演繹法を駆使するとお金が寄ってくる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

何でも無料で手に入る時代だからこそ、お金を持つことの意味を考えた方がよい

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に関する正反対の話をどう捉えればよいのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

人は変われるのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

女性芸能人と企業経営者の交際に対して世間が冷たい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

なぜお金持ちは「友人を選べ」と諭すのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

社会学を知れば、資産形成のヒントが得られる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

世の中に「オイシイ話」は転がっているのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

他人へのプレゼントにはお金をかけた方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

豊かになりたければ「怒り」を否定してはいけない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

会食にかかるお金についてどう考えるか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

決断が速いことはなぜ重要なのか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金のセンスをトレーニングするもっとも効率的な方法は?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と見た目の関係

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

割り勘よりおごりの方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

ありがとうと言える人はお金持ちになれるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

高いモノは良いモノか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

どんぶり勘定の方がお金持ちになりやすい?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金はお金のあるところに寄ってくるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金はまとまっていると意味がある

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

自分の一生と冷静に向き合ってみよう

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちになれる趣味の持ち方とは

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金は天下の回り物

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

物事の是非と損得勘定をしっかり切り分ける

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

相関関係と因果関係

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「そのうち」は永遠にやってこない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

率と絶対値の違いをマスターする

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「数字」はお金の教養そのもの

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

今現在、1年後、5年後、10年後を同時に考え、30年後は考えない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

金利の意味を知ればお金が寄ってくる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちはお金持ちになってお金持ちになる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

時間には値札が付いており、その値段は刻々と変わる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちほどお金を使わなくなる話のホント・ウソ

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

消費してよいお金とダメなお金の違い

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

学歴とお金は関係あるの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

理解と共感の違いを理解できると、自身の経済力は飛躍的に高まる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金を遠ざける思考回路、お教えします

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

経済的自由を得ることの意味

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金が貯まらないのは、承認欲求が強すぎるから

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

幸せはお金で買えるのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

年収1000万円では「お金持ちの生活」を送れない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に縁のある「教養人」は、徹底して資産額を重視する

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に縁のある人は、常に相手の目線で物事を考える人

経済評論家加谷 珪一
  • 投資

あなたにおススメの記事

pagetop