お金を呼ぶ教養塾

人はいつ死ぬのか予想できない

経済評論家加谷 珪一

以前、本コラムにおいて「老後にいくら必要か」と考える前に、現役時代の生活をできるだけコンパクトにしておくことが重要という話をしましたが、今回もこれに関連した話題です。

平均寿命だけでは、自分がいつ死ぬのか予想することはできない

年金2000万円問題が依然として世間を賑(にぎ)わせていますが、一連の話にはある「前提条件」があります。それは「老後は貯金を取り崩しながら生活する」という考え方です。

ライフプランに関する本を見ても、退職後は年金で生活し、足りない分は貯金から取り崩すということが大前提となっており、多くの人は、これを当たり前のことだと思っています。そうであるからこそ「老後には2000万円が必要だ」「いや6000万円必要な人もいる」といった議論になるわけです。

現実問題として、高齢になってからも十分な稼ぎを得られる人はごくわずかであり、大半の人は、貯蓄を取り崩さないと生活できないというのはその通りでしょう。しかし、貯金を取り崩しながら生活することを大前提にするというのは、少し考え直した方がよいと筆者は考えます。

理由はいくつかありますが、もっとも大きいのは、人は、自分がいつ死ぬのか予想できないことです。

現在、日本人の平均寿命(2017年時点)は男性が81歳、女性が87歳で、ここからさらに寿命が延びると予想されています。しかし、これはあくまで平均値であって、自分が本当のところ何歳で死ぬのかは誰にも分かりません。このため、老後にいくら必要、という話のほとんどは平均寿命で死亡することを想定しています。

これ以外に方法はありませんから、平均寿命を用いることはひとつの考え方だと思います。しかしながら、この数字は、あくまで平均「寿命」であって、平均「余命」を示したものではないことに注意する必要があるでしょう。つまり、自分は50歳だからといって、平均寿命から今の年齢を引けば、生きる年数が計算できるわけではないのです。

寿命と余命は似ていますが違います。余命というのは、それぞれの年齢の人が、あと何年生きるのかを示した数字で、寿命というのは0歳の人の平均余命のことを指しています。長生きしている人はさらに長生きする確率が高くなりますから、50歳あたりを境に人の余命はさらに延びていくのです。

具体的には、男性で50歳の人の平均余命は28年ですから平均83歳まで生存することになります。60歳の人は84歳、70歳の人は86歳、80歳になると何と89歳まで生きる可能性が高いのです。これは平均寿命の81歳を大きく上回っていますから、81歳でお金が尽きる計画を立てていた場合には、確実に生活が破綻(はたん)します。

あと何年生きられるのかは、自分の年齢によって変わってきますから、一律に死亡時期を決めてしまうのは少々危険であることがお分かりいただけると思います。

もうひとつの理由は、まとまったお金がある場合には、運用して稼ぎを得ることが可能だからです。

※写真はイメージです。

安全運用でどれだけの利子や配当を得られるのかがもっとも重要

例えば退職金や貯蓄などで3000万円くらいの資産があれば、ある程度、安全な資産で運用しても2%から3%程度の利回りを得られる可能性があります。3000万円を3%で回せば年間90万円もの金額を何もせずに手に入れることができます。これはあくまで利子や配当ですから、元本を減らさずに毎年、この金額が得られることに留意してください。

もし年金を年間で150万円ほどもらえる人であれば、運用益と合算して年間240万円の収入となりますから、何とか生活することができます。当然ですが、利子や配当は発行体が破綻しない限り、半永久的に獲得できますから、長生きしてもまったく問題ありません。

世間一般でいうところの豊かな生活を維持するためには、年間300万円以上の支出が必要ですが、貯金を取り崩しながら300万円以上を支出するプランと、240万円まで支出を落とし、半永久的にそれで生活するプランを比較した場合、後者の方が、圧倒的に精神的ゆとりが大きいでしょう。貯金を取り崩す生活は最初のうちはよいのですが、長生きするにつれて、確実に追い込まれていきます。

この話はあくまで3000万円の投資元本があってはじめて実現できるものですから、全員に該当する話ではありません。しかしながら、筆者がもっとも言いたいことは、貯金を取り崩しながら生活することを、何の疑問もなく受け入れるのではなく、もう少し多角的に物事を検討した方がよいということです。

若い世代の人であれば、老後にいくら必要かを考える前に、できるだけ投資の元本を確保することに注力した方が合理的です。副業などを駆使すれば、退職時に3000万円の資金を確保することは非現実的な話ではありませんから、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

すでに高齢になっている人も、ある程度、まとまった資金を持っているのであれば、安定運用でどれだけの利子や配当を得られるのか、真剣に検討した方がよいでしょう。リスクの高い投資先に振り向けてしまい、元本を失ってしまうようでは本末転倒ですが、定期預金だけで遊ばせているお金がたくさんある場合には、運用プランを少し考え直した方がよいかもしれません。

お金を呼ぶ教養塾

トイレットペーパーの買い占めとお金に対する感性

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

日本でタンス預金が増えている理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と仲良くなれる「歴史」の教養とは

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「お願い力」の高い人が経済的にうまくいく理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

本当のお金持ちは、お金を持っていることを他人には見せびらかさない?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

これからはお金が要らない時代がやってくる?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

不安は「知る」ことで解消される

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

正確に間違うよりも、漠然と正しい人でありたい

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

肉食系でないと豊かになれないの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と仲良くなるには固定観念から自由になる必要がある

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

富は人から奪うもの?それとも創造するもの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

物価の動きが分かれば、難しい理論など知らなくても経済を理解できる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

前を向くか、後ろを向くか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

子どもに対して積極的に投資教育をした方がよい?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「金」への投資にはどんな意味があるの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

人はいつ死ぬのか予想できない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

フェイスブックの仮想通貨から考える、そもそもお金って何?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

どの銘柄に投資すればよいのか分からないという悩みは実は存在しない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

今の支出を抑制すれば、自動的に老後の生活は安泰になる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

ITに詳しくなくてもIT的な考え方だけは身につけた方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

帰納法と演繹法を駆使するとお金が寄ってくる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

何でも無料で手に入る時代だからこそ、お金を持つことの意味を考えた方がよい

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に関する正反対の話をどう捉えればよいのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

人は変われるのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

女性芸能人と企業経営者の交際に対して世間が冷たい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

なぜお金持ちは「友人を選べ」と諭すのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

社会学を知れば、資産形成のヒントが得られる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

世の中に「オイシイ話」は転がっているのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

他人へのプレゼントにはお金をかけた方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

豊かになりたければ「怒り」を否定してはいけない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

会食にかかるお金についてどう考えるか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

決断が速いことはなぜ重要なのか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金のセンスをトレーニングするもっとも効率的な方法は?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と見た目の関係

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

割り勘よりおごりの方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

ありがとうと言える人はお金持ちになれるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

高いモノは良いモノか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

どんぶり勘定の方がお金持ちになりやすい?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金はお金のあるところに寄ってくるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金はまとまっていると意味がある

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

自分の一生と冷静に向き合ってみよう

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちになれる趣味の持ち方とは

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金は天下の回り物

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

物事の是非と損得勘定をしっかり切り分ける

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

相関関係と因果関係

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「そのうち」は永遠にやってこない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

率と絶対値の違いをマスターする

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「数字」はお金の教養そのもの

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

今現在、1年後、5年後、10年後を同時に考え、30年後は考えない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

金利の意味を知ればお金が寄ってくる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちはお金持ちになってお金持ちになる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

時間には値札が付いており、その値段は刻々と変わる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちほどお金を使わなくなる話のホント・ウソ

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

消費してよいお金とダメなお金の違い

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

学歴とお金は関係あるの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

理解と共感の違いを理解できると、自身の経済力は飛躍的に高まる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金を遠ざける思考回路、お教えします

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

経済的自由を得ることの意味

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金が貯まらないのは、承認欲求が強すぎるから

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

幸せはお金で買えるのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

年収1000万円では「お金持ちの生活」を送れない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に縁のある「教養人」は、徹底して資産額を重視する

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に縁のある人は、常に相手の目線で物事を考える人

経済評論家加谷 珪一
  • 投資

あなたにおススメの記事

pagetop