お金を呼ぶ教養塾

本当のお金持ちは、お金を持っていることを他人には見せびらかさない?

経済評論家加谷 珪一

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する「ZOZO」の創業者である前澤友作氏が、動画投稿サイト「ユーチューブ」で、1000億円の預金通帳を公開したことについて、落語家の立川志らくさんが批判するという出来事がありました。志らくさんは「本当の金持ちは(お金を持っていると)言わない」と述べていますが、本当のお金持ちは、お金を持っていることを隠すものなのでしょうか。

前澤氏は昨年、自身で立ち上げた「ZOZO」の持ち株を約1500億円で売却しました。彼には500億円ほどの借り入れがありましたから、これを返済し、手元には約1000億円が残りました。この金額が記帳された通帳をユーチューブで公開したわけです。

前澤氏は、経営者を引退すると同時に、ユーチューバーとしてデビューすると以前から宣言していました。1000億円記帳はユーチューバーとしての動画第1弾となり、2カ月で200万回を超える驚異的な再生回数を記録しています。

自身の預金通帳を公開した前澤氏に対しては、当然のことながら賛否両論が寄せられており、この話題をテレビのワイドショーが取り上げ、先ほどの志らくさんの発言につながりました。

※写真はイメージです。

志らくさんは「本当のお金持ちは」と述べていますが、前澤氏は、紛れもなく本当にお金を持っていますし、そもそも、お金持ちに本物も偽物もありません。おそらく志らくさんが言いたかったのは、品のあるお金持ちはお金を見せびらかさないという意味でしょう。

志らくさんは、お金があることを見せびらかさない品のあるお金持ちの例として、俳優の石原裕次郎さんをあげています。しかしながら、年配の読者の方ならピンと来るかと思いますが、裕次郎さんは、そうしたイメージとはまったく正反対の人生を歩んできた人物です。

裕次郎さんは、もともと裕福な家に生まれ、慶応大学に在学中から銀座で豪遊したり、湘南でヨットを乗り回したりする毎日でした。また無類の高級スポーツカー好きとして知られており、何台も高級外車を所有していたのはあまりにも有名です。中でも、ドアがカモメの羽のように開き、真っ赤なシートを持つド派手なベンツ300SLは、裕次郎さん生涯のお気に入りだったそうです。

裕次郎さんの場合、むしろこうした放蕩(ほうとう)っぷりが俳優としての魅力を形成しているという面がありましたから、上品どころか、むしろ、今の前澤さんの方がキャラクターとしては近いものがあるでしょう(雰囲気はまるで違いますが)。

豪快な人生の頂点に立つ裕次郎さんをなぜ、上品なお金持ちとして引き合いに出したのかはよく分かりませんが、裕次郎さんが亡くなってから30年以上経ちますから、もしかすると志らくさんにとっては、生前の裕次郎さんのイメージが薄かったのかもしれません。

それはともかくとして、前澤氏の言動は志らくさんの言うとおり、あまり上品とはいえませんが、ユーチューバーとしてのネタという面も多分にありますから、ムキになって彼を批判してもあまり意味はないでしょう。ユーチューバーやブロガーと呼ばれる人たちは、炎上することでかえってアクセスが増えるケースも多いですから、もしかするとすべてが計算済みなのかもしれません。

また、金額には幅がありますが、所得が高い人や資産をたくさん持っている人は、一般人と比較してお金をたくさん使うのは事実ですし、何らかの形でそれは周囲に伝わります。日本ではあまり活発ではありませんが、欧米各国では富裕層が多額の寄付を行うのは常識です。これも、ある意味ではお金を持っていることを周囲に伝える行為と見なすことができるでしょう。

ただ、前澤氏は自身の行為が批判されていることに対して「人に下品という前に、人のお金の使い方にケチつけることが一番下品だということに気づいて欲しい。もっとお金から解放されたらいいのに」とも発言しています。もしかすると前澤氏は、あえてお金を見せびらかすことで、お金には固執しない方がよいというメッセージを逆説的に伝えたいのかもしれません。

この発言には一理あり、お金のことを批判的に捉えている人ほど、実はお金が欲しくて欲しくてたまらないというケースはよくあります。たいていの成功者は、お金に固執しない方が、かえってお金が寄ってくると述べていますが、まさにこれはお金に関する真理といってよいものです。投資でもビジネスでも、チャンスが来た時には、躊躇せず、まとまったお金を投じてこそ大きな利益を得ることができます。

お金をあえて派手に見せびらかす前澤氏をわざわざ目指す必要はありませんが、お金と仲良くなりたいのであれば、前澤氏のような成金趣味も、さらっと受け流す余裕を持つことは大事でしょう。

お金を呼ぶ教養塾

トイレットペーパーの買い占めとお金に対する感性

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

日本でタンス預金が増えている理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と仲良くなれる「歴史」の教養とは

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「お願い力」の高い人が経済的にうまくいく理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

本当のお金持ちは、お金を持っていることを他人には見せびらかさない?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

これからはお金が要らない時代がやってくる?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

不安は「知る」ことで解消される

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

正確に間違うよりも、漠然と正しい人でありたい

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

肉食系でないと豊かになれないの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と仲良くなるには固定観念から自由になる必要がある

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

富は人から奪うもの?それとも創造するもの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

物価の動きが分かれば、難しい理論など知らなくても経済を理解できる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

前を向くか、後ろを向くか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

子どもに対して積極的に投資教育をした方がよい?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「金」への投資にはどんな意味があるの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

人はいつ死ぬのか予想できない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

フェイスブックの仮想通貨から考える、そもそもお金って何?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

どの銘柄に投資すればよいのか分からないという悩みは実は存在しない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

今の支出を抑制すれば、自動的に老後の生活は安泰になる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

ITに詳しくなくてもIT的な考え方だけは身につけた方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

帰納法と演繹法を駆使するとお金が寄ってくる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

何でも無料で手に入る時代だからこそ、お金を持つことの意味を考えた方がよい

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に関する正反対の話をどう捉えればよいのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

人は変われるのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

女性芸能人と企業経営者の交際に対して世間が冷たい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

なぜお金持ちは「友人を選べ」と諭すのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

社会学を知れば、資産形成のヒントが得られる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

世の中に「オイシイ話」は転がっているのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

他人へのプレゼントにはお金をかけた方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

豊かになりたければ「怒り」を否定してはいけない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

会食にかかるお金についてどう考えるか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

決断が速いことはなぜ重要なのか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金のセンスをトレーニングするもっとも効率的な方法は?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金と見た目の関係

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

割り勘よりおごりの方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

ありがとうと言える人はお金持ちになれるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

高いモノは良いモノか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

どんぶり勘定の方がお金持ちになりやすい?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金はお金のあるところに寄ってくるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金はまとまっていると意味がある

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

自分の一生と冷静に向き合ってみよう

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちになれる趣味の持ち方とは

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金は天下の回り物

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

物事の是非と損得勘定をしっかり切り分ける

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

相関関係と因果関係

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「そのうち」は永遠にやってこない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

率と絶対値の違いをマスターする

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

「数字」はお金の教養そのもの

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

今現在、1年後、5年後、10年後を同時に考え、30年後は考えない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

金利の意味を知ればお金が寄ってくる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちはお金持ちになってお金持ちになる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

時間には値札が付いており、その値段は刻々と変わる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金持ちほどお金を使わなくなる話のホント・ウソ

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

消費してよいお金とダメなお金の違い

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

学歴とお金は関係あるの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

理解と共感の違いを理解できると、自身の経済力は飛躍的に高まる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金を遠ざける思考回路、お教えします

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

経済的自由を得ることの意味

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金が貯まらないのは、承認欲求が強すぎるから

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

幸せはお金で買えるのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

年収1000万円では「お金持ちの生活」を送れない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に縁のある「教養人」は、徹底して資産額を重視する

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

お金に縁のある人は、常に相手の目線で物事を考える人

経済評論家加谷 珪一
  • 投資

あなたにおススメの記事

pagetop